進撃の大異教軍マルチ!

プレイ前記

第2回が始まった。デンマーク王がウェセックスに攻め込んでいるなど色々と厄介な情勢だが、イングランド王位を目指して今はひたすら周辺の弱小勢力を呑み込んでいこう。

イングランド王への道

我がマーシアはひたすら侵略を行った。ウェセックス王領であったミドルセックス、コンウォール半島、そして白シャツハルフダンの末裔の治めるヨークなど、攻められそうなところに次々と宣戦布告をし、全ての戦に無事に勝利することができた。

大異教軍⑤.jpg

その結果、領土は上図のように拡大した。我がマーシアはイングランドの大部分とウェールズを治めるブリテン島でも屈指の勢力になったのだ。
しかしながらデンマークがウェセックスの征服に成功したことにより、イングランド南部に広大なデンマーク領が誕生してしまった。
現在マーシアの治めるのはイングランド王国De jure領域の48パーセントである。
あと1つプロヴィンスを得ればイングランド王に即位できるのだ!
ならば話が早い。何も勢いにのるデンマーク王とわざわざ戦う必要などないのである。

ジーランド.jpg イヴァーレさん!

骨なしイヴァーレ.jpg なんですか?

ジーランド.jpg 分割相続されたあなたの甥の治めるイーストアングリア(イングランドDe Jure)を攻めてもいいでしょうか?

骨なしイヴァーレ.jpg そうなると甥と同盟している私とも戦となりますがよろしいのですかな?

ジーランド.jpg うーむ。ですよね。

 
残念ながらイヴァーレ氏からは許可はもらえなかった。大異教軍は団結がモットーである。ここで刃を交えている場合ではない。
(などとかっこつけたことを言っているが本当はイーストアングリアに攻めるCBがなかったことが諦めた一番の理由なのは内緒)

とりあえずイングランド王になる機会を当分はおとなしくうかがおう。では今は何をするか?
そう・・・

大異教軍⑥.jpg

聖地の奪取である。

大陸侵攻

ジーランド.jpg 今からロタリンギア王に戦を仕掛けますわ

骨なしイヴァーレ.jpg お、おう

ハラルド.jpg がんばー

ロタリンギア領となっているゲルマニックの聖地Zealandを今こそ卑劣なる異教者どもの手から取り戻すのだ!!
このときロタリンギア王の兵力は2000ほど、どことも同盟を結んでいない。今なら勝てる。
念には念を入れて今まで培ってきた威信のほとんどを消費して総勢10000のイベント兵を動員し、いざロタリンギアへと攻め込んだのであった。

大異教軍⑦.jpg
次々とロタリンギア領に上陸する我が勇猛なる兵たち。

戦はとくに問題もなく我々の勝利に終わり、かくして聖地の1つがゲルマニックの元に戻ってきたのであった。

宗教改革

ここで、デンマーク王に新たに人デンマーク王.jpgが入ることとなった。イングランド王位を目指すマーシアにとってイングランド南部を不当に占拠するデンマークは絶対に倒さねばならない相手であるが、人が入ったとなれば話は別だ。
共に大異教軍の仲間として助け合っていきたいものである。

ところでこのデンマーク王、実はゲルマニックの聖地5つのうち2つを抑えている。あと1つを手に入れれば宗教改革が行えるという状況にいるのだ。
このことに気付いたハラルド氏が提案をしてきた。

ハラルド.jpg マーシアさん、さっき獲ったZealandをデンマーク王さんに譲るのはどうでしょうか?

宗教改革できるのであれば断る理由などない。

ジーランド.jpg いいですねー。デンマーク王さん、今渡しますね。

デンマーク王.jpg ありがとうございます

ジーランド.jpg あれ?直接渡すことはできないな・・・

ハラルド.jpg では適当な部下に土地を与えて独立させ、そこをデンマーク王さんが攻め込むというのはどうですかね?

ジーランド.jpg あーいいですねー(ニッコリ)

という何とも腹黒いやり取りの行われた直後、マーシア王は宮廷にいた功臣の一人にZealandを与え、Zealand族長領の創設を宣言し、独立を認めた。
新たにZealand族長となったかつての部下の喜びようは大層なもので、私のことを強く敬愛しているようだ。
その後件の族長の悲鳴とZealand方面へと向かう大量のデンマーク軍船を目撃したのであるが、それは私には一切関係のないことである。

ともあれこの後デンマーク王はゲルマニックの宗教改革に成功し、一躍北欧世界の英雄の座に上がることになったのであった。

デンマーク王.jpg ゲルマニックバンザーイ

ハラルド.jpgジーランド.jpg バンザーイ

骨なしイヴァーレ.jpg バンザーイ!

デンマーク王.jpgハラルド.jpgジーランド.jpg えw?

骨なしイヴァーレ.jpg えww?

シーア派イヴァーレ

イヴァーレ氏の万歳の言葉にどうして皆がこのような反応をしたかというと時を宗教改革の少し前に遡らせなければならない。

骨なしイヴァーレ.jpg 大アイルランド!

イヴァーレ氏はアイルランド王国の建国を宣言する。

大異教軍⑧.jpg

骨なしイヴァーレ.jpg よっしゃ!アフリカへ征くぞ!

アイルランド王に即位したイヴァーレ氏は何故かモーレタニアのイドリース朝への攻撃を開始する。
その結果・・・

大異教軍⑨.jpg

骨なしイヴァーレ.jpg シーア派に改宗したぞ~!

ハラルド.jpg ファッ!?

ジーランド.jpg wwwwwwwwwwww

デンマーク王.jpg この裏切り者めぇwwww

なんということだろうか、イヴァーレ氏は捕らえたシーア派の現地人女性を側室とし、そのままシーア派に改宗してしまったのだ!
ブリテン島北部にシーア派の国が誕生したのである。何とも妄想心をくすぐられる胸熱な展開であろうか(イヴァーレ氏談)

とまあ、こういうことがあり、前章のような感じになったのであった。

栄光からの転落

イヴァーレ氏のアイルランド王即位に刺激を受けた私はウェールズ王への即位を宣言した。

大異教軍⑩.jpg
ウェールズ王国の誕生

イングランド王位を諦めたわけではない。しかし今はとりあえず王になってしまった方が後々得なのではないかと判断したのだ。
とにかくこの後、プレイヤーたちは戦を止め、しばし内政に没頭することになる。平和が訪れたのだ、1人を除いては・・・

 
 
 

ジーランド.jpg あれ?デンマーク王が私の後継者になったぞ、何でだ?

気付いたときにはすでに遅かった。

骨なしイヴァーレ.jpg あ・・・デンマーク王さん・・・

ハラルド.jpg ああ・・・

ジーランド.jpg !?

デンマーク王国では宗教改革を成し遂げた名君が死去、内乱とそれに乗じた隣国の侵攻が起きていたのだ。

その結果・・・

デンマーク王.jpg ジーランド公に降伏しました(グスン)

分割相続によりジーランド大族長として独立していた我が兄がデンマーク王位とついでにゲルマニックの宗教指導者の地位を簒奪していたのだ!

大異教軍⑪.jpg
新デンマーク王。我が兄。脅威度は貫禄の46パーセント!

ジーランド.jpg なんか・・・ごめんね・・・・

かくして1つの一族の栄光と転落の歴史を垣間見て第2回は終了したのであった。

第2回終了時の情勢

大異教軍⑫.jpg
神聖ローマ帝国爆誕

添付ファイル: fileデンマーク王.jpg 324件 [詳細] fileハラルド.jpg 285件 [詳細] file骨なしイヴァーレ.jpg 293件 [詳細] fileジーランド.jpg 392件 [詳細] file大異教軍⑫.jpg 414件 [詳細] file大異教軍⑪.jpg 384件 [詳細] file大異教軍⑩.jpg 364件 [詳細] file大異教軍⑨.jpg 380件 [詳細] file大異教軍⑧.jpg 360件 [詳細] file大異教軍⑦.jpg 415件 [詳細] file大異教軍⑥.jpg 373件 [詳細] file大異教軍⑤.jpg 375件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-09-11 (金) 12:34:39