初心者による初心者のためのブルグンド王国

本章の登場人物

amaneus.jpg ジェノヴァ公Amaneus ruprecht.jpg 長男・プロヴァンス公Ruprecht

これまでのあらすじ

Amaneusは長男Ruprechtをプロヴァンスに残し、父の跡を継いでジェノヴァ公位に就いた。すぐさまシュヴァーベン女公を後妻に迎えたAmaneusに対し、Ruprechtは前妻の息子として複雑な心境を抱いていた。

第4回十字軍 (1213年)

genoa.jpg
 
ジェノヴァ港にて
 
ruprecht.jpg お父さん!
amaneus.jpg ああ、Ruprechtか!ずいぶんと大きくなって。
ruprecht.jpg ……って。この間会ったばかりじゃない。
amaneus.jpg まぁ、そうだったな。
ruprecht.jpg お父さんは、少しふけましたよ(笑)
amaneus.jpg 奥さんは元気にしてるのか?
ruprecht.jpg えぇ。お蔭様で。長男も生まれたんですよ!
amaneus.jpg おぉ!そいつはめでたい。早く会いたいものだね。
ruprecht.jpg 最初の出産だったから、少しばかり心配だったけど。
amaneus.jpg そうか。父さんも最初の妻は産褥熱で死んだから……。
ruprecht.jpg 思い出させてすみません。
amaneus.jpg いや、良いんだ。
ruprecht.jpg ところで、こんなところで会うのも奇遇ですね。
amaneus.jpg ああ、そうだな。だが、息子の顔を見たら長旅の疲れも忘れたよ。
ruprecht.jpg 長旅…というと、父さんも参加ですね!十字軍に。
amaneus.jpg あぁ。
 
crusaider.jpg
 
amaneus.jpg 十字軍への参加は積年の望みだったからね。
ruprecht.jpg 十字軍って、今回が初めてじゃないんですか?
amaneus.jpg 今回で4回目だよ。陛下が言っていなかったか?
ruprecht.jpg いや、帝国として参加するのは初めてだということでした。
amaneus.jpg そういえばそうだったな。まぁ、それだからこそ連戦連敗だったのだろうが……。
ruprecht.jpg まぁ、いずれにしても、先祖代々の夢が叶う以上の喜びはありませんね。
amaneus.jpg そうだな。
ruprecht.jpg そういえば、父さんももらいました?この紋章。
 
trait.jpg
 
amaneus.jpg もちろんだよ。十字軍参加の記念に支給されたものだろう?
ruprecht.jpg そうです。これを見ると、パレスチナの光景を思い出すようです。
amaneus.jpg そうだな。
ruprecht.jpg でも、大変だったんじゃないです?父さんは昔から戦場が嫌いだったから。
amaneus.jpg ははは。実際に戦ったのは部下たちだけだったから、心配いらないよ。
ruprecht.jpg でも、それは僕もあんまり変わらないかも。
amaneus.jpg 今までは戦争は苦手だったが、今後は十字軍戦士の名に恥じぬようにせねばな。この紋章を持っただけで力がついた気がするよ。
ruprecht.jpg 父さん、無理は禁物ですよ。苦手なものは苦手なままなんですからね。
amaneus.jpg はははは。それもそうだ。
 
ruprecht.jpg それはそうと、エルサレムの防衛はどうするんでしょうかね?僕たちは引き揚げてきちゃったし。
amaneus.jpg ん?まぁ、皇帝が何とかしてくれることだろう。エルサレム国王にも戴冠したことだしな。
ruprecht.jpg 我々の兵力じゃあどうしようもないですものね(汗
amaneus.jpg そうだ。我々の出る幕じゃあない。

終戦から10年も経たないAmaneusは1221年に46歳で病に伏せ、その短い生涯に幕を閉じた。
その遺領は、ともにパレスチナで戦った長男Ruprechtが継承し、ジェノヴァとプロヴァンスは再び一人の当主の下に支配されることとなった。

十字軍

おそらくランダムのタイミングで教皇が十字軍の編成を呼びかける場合があります。十字軍の目標地には優先順位があり優先度が高い目標地点のうち異教徒や異端者に支配されている地域が選ばれます。十字軍への参加にはいくつかのメリットがありますが「参加することによる効果」と「貢献することによる効果」に大きく分けられます。

十字軍への参加

十字軍に参加するだけで、教皇のopinionが+25上昇します。また、指揮官として従軍したすべての将官にCrusader(十字軍戦士)のtraitがつきます。Crusaderは、軍事能力にボーナスが得られるほか、すべての司教のopinionに+25のボーナスが得られます。さらに重要なことは、Crusader同士は「戦友」であり、互いに+30のopinion上昇効果があるのです。このtraitは、野戦をしなくても現地で敵プロヴィンスを包囲しているだけで得られます。

Crusaderは相互のopinion補正を持ったtraitで、しかも狙って取得できるため、有効に使うと非常に効果的です。配下に潜在的な政敵が存在する場合、その配下だけを残して他の配下を次々と十字軍に送り込みます。選挙制の場合、後継者候補もCrusaderにすれば、票が集まりやすくなることが期待できます。もちろん、軍事能力のボーナスもおいしいです。これらの効果は戦争に敗れた場合でも得られるので、勝てそうに無い場合でも参加することに意味があります。軍事ボーナス+2はおいしいのですが、Amaneusの軍事能力はBaseが1で他のtraitで-4の補正があるので、Crusaderを獲っても0のままでした。

AmaneusとRuprechtの親子もそろって十字軍に参加することでわだかまりが取れたようです。Amaneusは暗殺されることも心配していた息子の成長を大いに喜んでいることでしょう。

それにしてもこの2人、よく似ています。

十字軍での貢献

戦争に勝利すると、現地の王国領全体にキリスト教王国が成立します。新王国は王国のde jure全体の支配権を得ますが、王国領が複数の勢力に支配されている場合は、十字軍の対象となった国の領内にある部分だけが新たな王国の領土となります。通常の聖戦では公国単位でしか攻略できないため、王国全体を一括して獲得できるところが十字軍の利点となります。

王位は十字軍への貢献度によって争われますが、仕様はやや複雑です。キリスト教徒の王位請求者が存在する場合は、そのうちの誰かが王位につきます。十字軍にもっとも貢献した勢力の関係者(同王朝、臣下など)がいれば、その人物が国王に就きます。キリスト教徒の王位請求者が居ない場合は貢献度の最も高かった勢力の領主が戴冠します。

result2.jpg

最大の貢献をした神聖ローマ帝国がエルサレム王国を獲得した。
王国領はde jure全体に跨るが、セルジューク朝領の1プロヴィンスは保持されたままとなっている。

パレスチナ情勢

本プレイではセルジューク朝の私生児であったカイコバードが帝国の支配を確立して成立したカイコバード朝が勢力の拡大を続け、ファーティマ朝の中東への支配は徐々に失われており、パレスチナは角のように突き出した帝国の末端領域となっていました。第4回十字軍では、ファーティマ朝に味方する勢力が現れず、キリスト教側は神聖ローマ帝国を中心に主要諸侯が参加したため、キリスト教側の完勝に終わり、神聖ローマ皇帝Leopoldがエルサレム王として戴冠しました。

war.jpg

ファーティマ朝は単独での戦争を強いられた

result1.jpg

パレスチナ情勢。カイコバード朝はセルジューク朝の後継王朝で、ビザンティン帝国を攻撃しアナトリアに進出している。

 
初心者による初心者のためのブルグンド王国

前へ
次へ





添付ファイル: filecrusaider.jpg 260件 [詳細] fileresult1.jpg 257件 [詳細] fileresult2.jpg 272件 [詳細] filewar.jpg 256件 [詳細] filetrait.jpg 255件 [詳細] filegenoa.jpg 256件 [詳細] fileamaneus.jpg 419件 [詳細] fileruprecht.jpg 416件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-25 (木) 23:09:11