AAR/RECONQUISTA DE PORTUGAL

アラゴン十字軍

エステヴァン2世の崩御により、王太子セビーリャ公ジョアンが新王ジョアン2世となった。
彼は任国であるセビーリャに加えポルトカーレ、ベージャ、アストゥリアスの
国王領を継承し、そのすべてを円滑に統治することは困難であった。
そのため、ジョアン2世は彼の領地の一部を臣下に分与する。
その結果、長男のエステヴァンにアストゥリアス公領を、
次男のエルミジオにはセビーリャ公領を与えた。
エルミジオは成人前であったため、セビーリャ地方のうち
中心地であるセビーリャとアラセナのみが領地として与えられ、
他のニエブラ、カディス、アルヘラシスといった伯領は
レオン伯アレシャンドレの息子たちにそれぞれ与えられた。
また、ジョアン2世は改宗したメルトラ首長から爵位と領地を剥奪し、
ベージャ地方全域を王の直轄領とした。

統治50年に及んだエステヴァン2世の死を好機とみたムスリム諸国は
新王即位に際してポルトガル王国への侵攻を試みた。
アッバード朝およびズンヌーン朝のアミールはまたも連合して
ポルトガル王国と敵対したが、これは逆にポルトガル王国の結束を促す結果となる。
戦いにおいて新王旗下のポルトガル軍はムスリム軍を華々しく打ち破り、
ズンヌーン朝アミール、アブドゥル・アズィズを捕縛するという戦果をあげた。
しかしアッバード朝アミールは戦いの継続を選択。
戦争は長期化する。

142400137.jpg

1207年、ローマ教皇ホノリウス2世はムスリムの支配下にあるアラゴンへの十字軍を宣言。
全欧州のキリスト教徒諸侯はこれに応え、アラゴンへ大軍を送り込んだ。
アッバード朝およびズンヌーン朝の軍とアンダルシアで戦いを繰り広げる
ポルトガル王はこの戦いに参陣することができず、
ジョアン2世は大いに悔しがったという。
イベリアにおけるレコンキスタの指導者でありながら、
アラゴンへの十字軍に参加しなかったジョアン2世を人々は以後「無慮王」と称した。

142400184.jpg

十字軍の宣言より遅れること3年、ポルトガルはアルメリアおよびグラナダを攻略。
アッバード朝はついに力尽き、ポルトガル王に多大な賠償金を支払うことで和を乞うた。
ジョアン2世は戦いの終結に伴い急いでアラゴン十字軍への参加準備を整えるも、
そのわずか1か月後にはアラゴンのムスリム勢力は壊滅して十字軍が勝利。
ジョアン2世の十字軍参加はついに叶わなかった。
アラゴンは70年ぶりにキリスト教王国として再興し、その王冠はスコットランド王が兼ねた。
1210年、ここにスコットランド=アラゴン連合王国が成立する。

142400209.jpg

142400240.jpg
ポルトガル王国の版図およびイベリア半島の情勢 ―1210年―

十字軍参加の名誉に服することができなかったジョアン2世は
その苛立ちをぶつけるが如くナバラ王国に戦いを仕掛ける。
トレドの東方、クエンカを奪取し、トレド地方の確実なものにしようというのである。
ナバラ女王ベアトリスは抵抗するも最早ナバラとポルトガルとの力関係は覆しがたく、
1213年クエンカはポルトガル王国に割譲された。
クエンカはサラマンカ伯ドゥアルテの息子エステヴァンに与えられ、
さらに王弟トレド伯ゴメスがトレド公位を得てトレド公ゴメス1世となった。

ジョアン2世は娘シャモアをフランス王太子ドゥマンジュに嫁がせ、
フランスとの同盟関係を構築した。レコンキスタにおいてフランスの助力を得、
より有利な状況を作りだすことがその目的であったが、
この同盟により逆にフランスとイングランドとの間の戦争に協力を要請され、
ポルトガル軍は建国以来初めてイベリアから離れ海路ノルマンディーへ向かった。
この戦いは終始フランス王に有利な状況が続き、フランスがイングランドよりエヴルーを獲得した。

142400341.jpg

1219年、ジョアン2世は59歳で死んだ。
エステヴァン2世の華々しい治世と比べると地味な事績のみを残したと評価されるが
彼の治世下においてアストゥリアスはポルトガル王国の正式な構成地域となり
また王国の各地方においてポルトガル文化が普及するなど決してその功績は小さいものではなかった。
王位は長男でアストゥリアス公エステヴァンが継承した。

142400273.jpg

新王となったアストゥリアス公エステヴァン改めポルトガル王エステヴァン3世の治世は
まず王弟セビーリャ公エルミジオの反乱で幕を開いた。
この反乱に同調して大諸侯であるバダホス公フェルナンド、トレド公ゴメスらが蜂起。
即位間もないエステヴァン3世にとっての最初の試練となった。
この反乱により国内情勢は悪化、1220年には王都リスボンにおいて
市民の反乱が起こるなど王国は混乱の極みに至った。
しかしモロン平野の戦いにおいてセビーリャ公を捕縛し国王継承権を放棄させるとともに
叔父トレド公を謀反人として逮捕、投獄に成功。
トレド公はその後間もなく獄死して息子のゴメスがゴメス2世として公位についた。
残るバダホス公もズンヌーン朝から領内への侵攻を受けて圧力に晒されると
国王の下に跪いて和を乞うた。こうして新王即位に伴う諸侯の反乱は約1年半で終わった。

142400305.jpg

明くる1221年、ガリシア王国最後の拠点であるビスカヤがナバラ王国により落とされ、
ここにレオン・カスティーリャ・ガリシアの三王冠を擁したヒメノの連合王国が
遂に滅亡した。これにより、少なくとも名目上はレオン、カスティーリャの王国法が
適用されるとして、緩い統制下にあった各領邦においてもポルトガルの王国法が適用されることとなった。
そのため、ポルトガル王国全土において諸侯間の私闘が禁止され、国内の安定化につながったのである。
またこれはポルトガル王の直轄領以外においても王権が相対的に強化されるという結果にもなった。

エステヴァン3世はこれを受けてナバラ王国への侵攻を開始。
アルカンタラ伯の息子マノエルを正当なるナバラ公であるとして
ナバラ女王ベアトリスに対して宣戦を布告した。
小国ナバラに手こずることもなく、戦いは短期に終わると思われた。

142400373.jpg

しかし、ポルトガル軍のほとんどがナバラとの国境地帯に終結している隙をつき、
トレド公ゴメス2世が王位を狙って軍事行動を起こしたのだ。
突如背後に脅威が出現し、色めき立つポルトガル軍。しかしエステヴァン3世は冷静であった。
引き続き本隊をナバラに留まらせ、包囲戦を続行。
トレド公の軍には新たに雇った傭兵をぶつけ、国内を荒らすのを防いだ。
また、例によってポルトガルの反乱にはズンヌーン朝のアミールが介入してきた。
エステヴァン3世はこの介入をも利用することを思いつく。

すなわち、ズンヌーン朝の軍がトレド公を攻撃し、ある程度双方が損耗したところで
両者を打ち破り、実は全てエステヴァン3世が得る…

142400409.jpg

結局戦いはエステヴァン3世の思惑どおりとなった。ズンヌーン朝の軍が数か月をかけて
包囲、陥落させたトレドの城は、ナバラから舞い戻ったエステヴァン3世にやすやすと奪われ、
さらに王は消耗したズンヌーン朝の軍に襲い掛かって、さんざんに打ち破り撤退させたのだ。
城を奪われたトレド公もまた方策尽きて降伏し、反乱は鎮圧された。
エステヴァン3世はただちに軍をまたも北に向かわせ、ナバラとの戦いを続行した。

1224年、ナバラとの戦争がいまだ続けられる中、アラゴンでは
アラゴン公アーチボルトがアラゴン王にしてスコットランド王であるイザベルに対して反乱、
独立を宣言した。エステヴァン3世はこのスコットランド系のアラゴン公国を支援する。
アラゴン公国を独立国として仕立てることで、ポルトガル王国と
スコットランド=アラゴン連合王国との間の緩衝地帯とする算段であった。
折しもスコットランド本国においても貴族の反乱が起きており、
遠方のアラゴン地方にまでスコットランド軍が大軍を送ることはできない状況であったから、
ポルトガル王国の支援を得たことでアラゴン公国の独立はほぼ決定的となった。

142400452.jpg

1225年、ナバラ女王ベアトリスはポルトガル王族マノエルをナバラ公として認めた。
マノエルはナバラ公となり、ナバラ、ナヘラ、ビスカヤの領地を得た。
これによりナバラ王国は本来の領地であるナバラから追い出されてしまう。
翌1226年にはカスティーリャ公フェルナンドによりトレド地方に残るモリナも奪われ
ガリシア地方にのみ領地を残して存続することとなる。

142400487.jpg
ナバラ公マノエル・アイレセス・デ・ポルト

1230年にはスコットランド女王がアラゴン公国の独立を認め、カタルーニャ地方まで撤退した。
また、北アフリカでは神聖ローマ皇帝が遠征を行い地中海沿岸一帯をほぼ制圧。
西地中海におけるキリスト教国とムスリム勢力の勢力差がほぼ逆転する。
レコンキスタの達成もそう遠くはないことであろうと誰しもが大いに期待したのである。

142400526.jpg
ポルトガル王国の版図および西地中海地域の情勢 ―1230年―

続く


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-08 (日) 21:54:08