AAR/RECONQUISTA DE PORTUGAL

信仰の守護者

アフリカ北岸一帯を神聖ローマ帝国が征服し、強大なムスリム国家が当地から消滅したことで、
ポルトガル王国内でも宗教的情熱に燃えた諸侯による自発的なレコンキスタが行われた。
1235年の春にはトレド公をはじめとする有力諸侯らがズンヌーン朝の支配する
コルドバの奪取を目指して聖戦を宣言。
ズンヌーン朝とアッバード朝との間で争いが生じた隙をついての攻撃であった。

ズンヌーン朝アミールはアッバード朝との戦いにより兵力を消耗しており、
トレド公らの軍勢に対抗しうる力をもはや持ってはいなかった。
ために、このコルドバ奪取にむけた戦いは短期間で終結し、
アミールはコルドバおよび山間部の要衝カラトラバの拠点をトレド公に明け渡す。

その頃、スコットランド女王が没し、王位は娘であるブルターニュ女王アヴェニーに継承された。
かくしてブルターニュ・スコットランド・アラゴンの連合王国が成立する。
アラゴン王位を継承した女王はアラゴンの各諸侯に対し幅広い自治権を認めたため、
一度は離反したアラゴン公も王に忠誠を誓い、再びアラゴン地域はかの領域に入る。
この転向に独立を支援したポルトガル王は怒り、公を腑抜けと罵った。

また、1237年にはガリシアに逃れたヒメノの王国で王が没し、継承問題で内紛が発生。
この内紛にはフランス王が介入し、ヒメノの血を引くドルディアなる女性を
ガリシア公の地位につけ、フランス王がナバラ王の称号を獲得する。
これによりイベリアの名門ヒメノ家はかつて有していた王冠の全てを失い、
以後は地方領主として生き延びていく。

同年、ズンヌーン朝とアッバード朝の争いが終結。
戦いによりアッバード朝の領内が疲弊したことを好機と見て
ポルトガル王エステヴァン3世はポルトガル南部アルガルヴェ地方の征服に乗り出した。
飛び地であるアルガルヴェの防衛は困難であり、
また戦いの開始から程なくしてアッバード朝における重要地域であるグラナダの首長が反乱。
アミールは乏しい兵力をまず反乱の鎮圧に差し向けなければならなくなった。
この間にポルトガル軍はアルガルヴェの城を包囲し、
野戦軍の攻撃を受けることなく陥落させることができたのである。
ようやく反乱を鎮圧しアルガルヴェに向かおうとしたアッバード朝の軍は
セビーリャにおいてポルトガル軍に迎撃され壊滅。
1239年、ポルトガルはアルガルヴェを王国に編入し、
王の嫡子ジョアンがアルガルヴェ公となった。

143140990.jpg

1240年、教皇アデオダトゥス3世がシチリアへの十字軍を発令。
南イタリアは未だムスリム勢力の支配下にあり、ローマを窺う勢いであった。
レコンキスタの旗手を自認するエステヴァン3世はこれにいち早く参戦を表明。
国王をはじめポルトガルの諸侯らが地中海を渡りシチリアの地に上陸した。
海を渡ったポルトガル王国の軍勢は3万という大軍であった。
ポルトガル軍はシチリア島のムスリム勢力の拠点を攻略し、
南イタリアにおけるムスリム勢力の拠点は教皇庁の軍が攻略することとなった。
この十字軍には他にヴェネツィア共和国およびチュートン騎士団が参戦していたが
軍団の規模および戦いにおける貢献においてはポルトガル王が抜きんでていた。

143141000.jpg

1242年、シチリアのアミールは降伏し、すべての城塞を明け渡した。
教皇は十字軍の勝利とポルトガル王を祝福し、エステヴァン3世をシチリア王として戴冠しようとした。
しかし、敬虔なるエステヴァン3世はこれを固辞し、
さらにシチリアにおいて攻略した城塞をすべて教皇に献上した。
結果、ローマ教皇領は南イタリアおよびシチリア島・マルタ島まで広がった。
教皇はこれに喜んでポルトガル王に対し「信仰の守護者」「カトリック王」の称号を与えた。
また、この振る舞いを民衆は讃え、王を「寛大王」と呼ぶようになった。
ポルトガル王の威厳はいやがうえにも高まろうというものである。

143141006.jpg
教皇領の拡大

こうした十字軍の成功を受けて王の甥セビーリャ公フランシスコが
国内の貴族らとともにグラナダの奪回を目指して挙兵するも、ムスリム側の抵抗は激しかった。
グラナダは急峻な地形であり、攻め込むこと自体が困難であった。
また衰えたといえどもムスリム勢力の兵は諸侯の寄せ集めであるセビーリャ公の軍に対して
善戦したため、セビーリャ公のグラナダ征服はアンダルシアの国境地帯で泥沼化する。
エステヴァン3世はすでに有力諸侯であるセビーリャ公がさらに力をつけることを好まず、
ためにこの戦いに対しては一切の助力を行わなかった。
むしろ戦いの長期化により諸侯とムスリムの双方が疲弊し力を失うことを期待した。

1245年、神聖ローマ皇帝オットー5世の息女が嫡子アルガルヴェ公ジョアンに輿入れする。
ここにポルトガル王国と神聖ローマ帝国の間に婚姻同盟が成立した。
皇帝は同盟成立と同時に北アフリカに残る最後のムスリムの拠点、マラケシュを攻略せんとし
ポルトガルに対して戦争参加を求めてきた。
エステヴァン3世はこれを受諾し、国王の軍隊約1万がマラケシュ攻略に向かい海峡を越えた。
マラケシュはあっけなく陥落し、北アフリカは皇帝の庭となった。

143141015.jpg

ポルトガルはこの参戦の見返りとして、コルドバ地方およびポルトガル王領内に残る
ムスリム勢力の拠点を一掃するための戦いに皇帝軍の参加を求めた。
皇帝はこれを了承しアンダルシアの地に5万の大軍を送り込んだ。
鉄壁の防御を誇ったグラナダも皇帝の大軍により陥落させられ、
ムスリム勢力の支配地域は破壊と略奪といった暴虐により荒らし尽くされた。
コルドバ地方およびポルトガル王領内からムスリム勢力は撤退し、
王の次子アブリルがコルドバ公に任じられた。1248年のことである。

143141027.jpg

143141030.jpg
ポルトガル王国の版図およびイベリア半島の情勢 ―1248年―

皇帝は次なる目標として西アフリカの奥地、黄金を産するとされるマリの王国への侵攻を目指した。
ポルトガル王にも協力が要請され、エステヴァン3世はこれに応えるが、
王は最低限の支援を行うのみで征服に対しては消極的であった。
というのも、アフリカの奥地に至る道のりは長く、また熱病や猛暑により
征服は困難であるとの情報を改宗ムスリムらから得ていたためである。
実際、皇帝の侵攻軍は早々に現地人の抵抗により瓦解し、逆に攻め入られる有様に陥った。
そのうちに侵攻に参加した神聖ローマ帝国の北アフリカ諸侯同士に内紛が生じ、
皇帝はマリの王に対して賠償金を支払ってすごすごと撤退せねばならなくなった。

143141037.jpg

1254年、ブルターニュ連合王国がターヒル朝の領するカステリョンおよびデニアを征服。
ターヒル朝はイベリア半島の拠点を喪失し、バレアレス諸島まで撤退を余儀なくされた。
これによりブルターニュはバレンシア地方の大半を掌握し、
イベリアでも屈指の豊かさを誇るバレンシアの攻略まであと一歩の状況であった。

143141041.jpg

エステヴァン3世はブルターニュの勢いを危惧した。
このため、エステヴァン3世は先んじてバレンシアを攻略することを決定。
3万の軍を送り込んでバレンシアを陥落せしめ、ブルターニュを牽制。

「ブリトン人の王はブリトン人のみを治めていればよい…」

143141051.jpg
バレンシアの征服

ポルトガルとブルターニュの関係は元々良いとは言えなかった。
アラゴン公国の独立をエステヴァン3世が支援した時からもそれは続いていた。
折しも新たに獲得したバレンシアの地にはブルターニュの貴族が治める領地が複数存在し、
その国境問題もあって両国の関係は一気に悪化していった。

143141057.jpg

1259年、バルセロナ公ルーカスがブルターニュ女王に対し反乱を起こしたのを機に、
エステヴァン3世はバレンシアのブルターニュ領を接収するために軍を起こす。
標的はバレンシアのアラクアス城塞であった。
この城塞を攻略することで、バレンシアにおけるブルターニュの軍事的脅威を取り除くのだ。
ブルターニュ女王は軍を送り込みバルセロナ公の反乱を鎮圧したが、
その頃にはバレンシアはおろかアラゴン地方のほとんどがポルトガル軍により攻略されていた。

143141063.jpg

ウルヘル山地の戦いにおいて送り込まれたブルターニュ軍が撃破されたことで
ブルターニュ女王はアラクアス城塞の明け渡しを認めた。
この戦いによりポルトガルとブルターニュの敵対関係が表面化し、共存共栄は夢と消えた。
ポルトガルによるイベリア半島の一円支配、これが事実上の国是として提示されたのだ。

1262年、ポルトガル王エステヴァン3世は食事後突如腹痛を訴え、
数回嘔吐したのち床に臥しそのまま死んだ。73歳であった。
ブルターニュ王国の刺客、あるいは有力諸侯の手の者による毒殺とも噂されたが、定かではない。
その治世は43年におよび、彼の統治においてキリスト教の布教および
ポルトガル文化の普及が進み、国内は発展した。
対外的には積極的な外征によりレコンキスタを進展させ、シチリア十字軍を成功に導いた
この国王の死に民衆は深く悲しんだという。
王位はアルガルヴェ公にしてバレンシア伯ジョアンが継承し、ジョアン3世として即位した。

143141076.jpg

続く


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-07-15 (日) 02:51:26