マニュアル/ゲームガイド抄訳

血統;良き未来のための優生学(Breeding; Eugenics For A Better Future)

きみの子供たちはきわめて重要である。なぜなら通常彼らのうちの一人がきみの死後を引き継ぐのだから。相続とそれに続く支配を容易にするために、きみは未来の後継者のために王座を準備しておきたいだろう。きみの後継者に王座を準備する重要な方法の一つは、彼/彼女が妊娠するまえにすでに正しい決断をしておくことである。誕生システム(birth system)の大部分が、私の見たところハード・コード化されているので、この節の多くはいつもと違って、ゲーム・ファイルそのものというよりも、むしろ個人的な経験に依拠することになるだろう。私は血統のはたらきと、きみがそこに手を加えられることについて論じよう。
いつものように、最後にまとめを載せてある。

血統の基本(Basics of Breeding)

きみときみの配偶者の生殖率(fertility)に応じて、きみは多かれ少なかれ子供を持つことになるだろう。受胎の二か月後、きみは報告を受ける。だいたい七か月後、子供が生まれるだろう。基本的にすべてのことは受胎ではなく誕生のときに決定される;たとえばきみの子供の性別や遺伝的traitなど。性別は単純に50-50の割合である。しかしながら遺伝的traitはもう少し複雑なように思われる。
遺伝的traitのコードは.exeそのもののうちにあるようなので、それが正確にはどのようにはたらくのか、私には見当もつかない。しかしながら私は個人的な経験に依拠することが出来る。私が言える限りでは、遺伝的traitは単純に二つの要素に依拠している:つまり、親の遺伝的traitと、彼らの遺伝物質(genetic material)がどの程度類似しているか、である。

DNA

セーブ・ファイルから、ゲーム内のそれぞれのキャラクターには、それぞれのDNA値が割り当てられていることが分かる。更なる研究によって、キャラクターのDNAは彼らの父親と母親のものを組み合わせて、少しの変異を付け加えたものであることが明らかにされた。たとえば、「dgfhibhieeh」と「jgagiicckmi」というDNA値の組み合わせは「dgfgibccepi」というものを作る。第一、第二、第三、第五、第六、第九の文字を父親から取って、残りの文字を第10以外は母親から取っているのだ。さらに、ネガティブな遺伝的traitはより多くのDNA文字列を共有しているためより一般的であり、ポジティブな遺伝的traitはより一般的でなくなっているということが推察される。おそらくこれは何らかの種類のスコア・システムによって点数付けされているのだろう。なぜなら先天的traitにはその効果以外に、割り当てられた値を持っていないからである。よって最悪の先天的traitは、多くのDNAの文字が共有されたときのみ一般的になるのだろうと推察され得る。一方でもっともポジティブな先天的traitはその対極にあるのだろう。
あらゆるキャラクターは11文字のDNAを持っているのだから、そのうちの五つは父親から、五つは母親から、そして一つはランダムに選ばれると考えるのは理に適っているだろう。セーブ・ファイルから、「p」よりも大きな文字は使われていないことが分かっている;つまり16文字が使われているのだ。これに即して、ランダム文字が、きみと一つや二つ以上の文字を共通するは考えにくい。以上に基づけば、一文字を共有していても、ペナルティをほとんどもたらさないか、もしくはペナルティはないと考えることが出来るだろう。よって、共有しているのを一文字だけにするためには、きみの家系図のなかでどのくらい離れていればいいのかを計算することが出来る。世代ごとに、11文字のうち5文字が相続されるのだから、きみと一文字だけを共有しているキャラクターを見つけるには、その前に三親等離れていなければならない。そのため私は、きみの家系図のなかで婚姻する場合は、少なくとも四親等離れていることを推奨するだろう。よってたとえばもしきみが祖父母を共有している場合(それぞれ二親等離れており、合計で4)、結婚してきみが持つであろう子供にネガティブな効果が現れることはほとんどないだろう。

先天的trait(Congenital Traits)

いくつかの先天的traitが存在する。これらは50%の確率で遺伝するようであり、近親婚によって生じているあるtraitの存在によりそれと対立するtraitは生じなくなるようである。下は私が、だいたい悪いものから良いものへと並べていったリストである。

ネガティブ:

  • 痴愚(Imbecile): -8 to all traits, 家臣の評価-10、異性の評価-30、愚鈍、明晰、天才と対立
  • 近親婚(Inbred): -5 to all traits, 生殖率-30%、健康-1.5, 家臣の評価-20、異性の評価-30
  • 愚鈍(Slow): -3 to all traits. 痴愚、明晰、天才と対立
  • 梅毒(Syphilitic): -1 to all traits 健康-2, 生殖率-20%、異性の評価-30
  • 虚弱(Weak): -1 martial, 健康-1, 生殖率-5%、家臣の評価-10、異性の評価-10、強靭と対立
  • せむし(Hunchback): -1 martial, 家臣の評価-5、異性の評価-30
  • 小人(Dwarfs): -1 martial, 異性の評価-30
  • 醜悪(Ugly): -1 diplomacy, 異性の評価-20、秀麗と対立
  • 側弯症(Clubfooted): -1 martial, 異性の評価-10
  • 兎唇(Harelip): -1 diplomacy, 異性の評価-10
  • 舌足らず(Lisp): -1 diplomacy, 異性の評価-5
  • どもり(Stutter): -1 diplomacy

ポジティブ:

  • 秀麗(Fair): +1 diplomacy, 異性の評価+30、醜悪と対立
  • 強靭(Strong): +1 diplomacy, +2 martial, 健康+2, 生殖率+10%、家臣の評価+10、異性の評価+10、虚弱と対立
  • 明晰(Quick): +3 to all traits、痴愚、愚鈍、天才と対立
  • 天才(Genius): +5 to all traits, 家臣の評価+5、痴愚、愚鈍、明晰と対立

ポジティブなtraitはかなり稀なので、きみは無理をしてでもそれらを獲得する努力をするべきである。ほんの少しの幸運があれば、それらがきみの家族に長い間定着し得る。強靭や天才にかんしては、4親等離れるという先ほどのルールを破るかもしれないが、私はそれでも、少なくとも二親等、できれば三親等離しておくことを勧めるだろう。
一方で、きみは可能な限りネガティブな先天的traitを避けるべきである。とくに最悪のものは。ほんの少しの悪運で、それらは以降何世代もきみの家族を蝕む可能性がある。さらに、もしきみがどういうわけかそれらの一つを手に入れてしまったのなら、もし可能であれば、誰かそれと対立するポジティブなtraitを持つ者と結婚するのも良いアイディアだろう。おそらくきみの後継者がそれを持つ可能性を減らしてくれるだろう。

まとめ(Summary)

きみの後継者が生まれる前に正しい決断をしよう。そうすればきみは彼が後を継いだときに、より容易な時を過ごすことが出来るだろう。私のtipは以下の通りである:

  • もし可能であれば、きみの家系図のうちの者と結婚するのを避けよ
  • もしそれでもきみが望む/必要があるなら、可能である限り、結婚するときに少なくとも四親等離しておくようにせよ。祖父母や、それ以上の血縁を共有しているのは問題ないだろう
  • ネガティブな遺伝的traitを持つ者と結婚するのを避けよ
  • ポジティブな遺伝的traitを持つ者と結婚するようにせよ
  • もしきみがネガティブな遺伝的traitを持ったならば、それと対立するポジティブなtraitを持つ者と結婚せよ(たとえば、愚鈍に対立する明晰など)。そうすればきみの後継者がネガティブなtraitを持つ可能性を減らすだろう。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-13 (水) 08:01:49 (2256d)