マニュアル/ゲームガイド抄訳

請求権と開戦理由;きみの勢力の拡大

封建社会のヨーロッパにおいて、きみは戦争をするための理由が必要である。それが良い理由である必要はない。しかしとにかく何らかの理由がなければ、きみは戦争に赴くことは出来ないし、きみの家臣がきみを支持することを期待することも出来ない。戦争を正統化するものは、開戦理由(Casus Belli)として知られている。Crusader Kings IIには、いくつかの異なった種類の開戦理由があり、それらは様々な方法によって得ることが出来る。私はそれぞれの開戦理由と、きみがそれを得る方法について論じることにしよう。
いつもの通り、最後にはまとめがある。

基本

もしきみが独立勢力にたいしての開戦理由を持たないならば、きみはそこに戦争を仕掛けることが出来ない。もし開戦理由を一つでも持っていれば、きみは戦争に行くことが出来る。しかし勝利、敗北、引き分けによって生じることは、きみがどのような開戦理由を押し付けたかによる。いかなる一回の戦争においても、きみが押し付けることの出来る開戦理由は一つだけである。だからきみは、どの開戦理由を押し付けるのがきみに最も益するのかを理解しておくべきである。部族用侵略開戦理由(Tribal Invasion CB)を除いて、あらゆる開戦理由は10年の停戦を生じさせる。
停戦は特定のキャラクターだけに適用され、攻撃側だけに制限がかかることに注意。よってもし攻撃側もしくは防御側が死ねば停戦は死文化するし、防御側はいつでも攻撃し返すことが出来る。

開戦理由の請求権(Claim CBs)

ほとんどの開戦理由は――叛乱開戦理由(rebellion CBs)をここから除くこともあるかもしれない――請求権を根拠としている。もしきみか、きみの家臣の誰かが、ある勢力のある称号に請求権を行使したなら、きみはこの請求権を戦争を通じて押し付けることが出来る。もしきみが複数の個人的請求権を一つの勢力にたいして持っているならば、きみは「すべての請求権を押し付ける(Push All Claims)」機能でそれらを一気に押し付けることが出来る。そうでなければ、きみが一度の戦争で押し付けることの出来るのは一つだけだ。

もしきみがなんらかの請求権を持っているならば、きみはこの称号にたいしてなんらかの「権利」を有しているということだ。請求権戦争に勝てば、きみか、きみが請求権を押し付けてあげた人物が、この称号を得る。またもしきみが誰かのためにそれを押し付けたなら、彼らのきみにたいする評価は100上昇し、きみは100 Prestigeを得る。もしそれが引き分けに終われば、きみは100 Prestigeを失う。またもし負けたならば、きみはその請求権と、さらに200 Prestigeを失う。家臣の請求権を押し付けて負けた場合、きみは譲歩を行わなければならなくなるだろう。

De Jure開戦理由(De Jure CBs)

もしきみか家臣がduchyかcountyを治めており、このduchy/countyの一部がほかの独立勢力によって支配されていたならば、きみはほかの勢力によって治められているcounty/holdingの一つにたいしてDe Jure請求権を押し付けることが出来る。ほかの勢力が一つ以上のcounty/holdingを治めていたとしても、きみは一度に一つのDe Jure開戦理由しか押し付けることが出来ない。王国や帝国はDe Jure開戦理由を生み出さない。
一般的な請求権と違って、De Jure請求権は、きみがそのduchy/countyの支配を失わない限り失われない。戦争に負けても単に200 Prestigeを失うだけであり、きみはそのDe Jure開戦理由を持ち続ける。もしきみが勝てば、そのcounty/holdingを家臣として得る。またはもしきみがそのDe Jure請求権を誰かほかの者のために押し付けていたならば、彼らがそのcounty/holdingを家臣として得、彼らのきみに対する評価は100上昇し、きみは100 Prestigeを得る。きみが家臣の請求権を押し付けて負けたなら、きみは譲歩を行わなければならなくなるだろう。

法改正開戦理由(Change Law CBs)

勢力の法改正に基づいたいくつかの開戦理由が存在する。それは王権法と相続法の両方にまたがり、全部で五つである。Gavelkindへの変更、Electiveへの変更、Seniorityへの変更、Primogenitureへの変更、そして王権の低下である。
最初の四つはきみの君主にたいして、問題の相続法が選択されていない場合に行使され得る。王権低下開戦理由(The lowe crown authority CB)は、もしきみの君主が王や皇帝の場合、きみの君主にたいして行使できる。きみはこれらの開戦理由を、直属の上司以上の者に行使することが出来ない。なのでたとえばもしきみの君主がBohemiaの王であるなら、きみは神聖ローマ帝国における王権低下を試みることは出来ない。
もしきみが勝てば、問題とされている法が制定される。もし引き分けたり負けたりしたならば、きみは100/200 Prestigeを失うだろう。

独立開戦理由(Independence CB)

きみが誰かの家臣である限り、きみは戦争を通じて独立を達成しようと試みることが出来る。もしきみが勝てばきみは独立して、もしきみが叛乱した相手が王か皇帝であれば、王権(crown authority)は一段階低下する。もし引き分けたならきみは100 Prestigeを失い、もし負けたならきみは投獄され、200 Prestigeを失う。法改正と同じく、きみはこの開戦理由を直属の上司以上の者に行使することが出来ない。

君主退位開戦理由(Depose Liege CB)

ほかの誰もきみの君主を退位させようとしておらず、またきみの君主がほかの誰かを退位させようとしていたり独立を宣言しようとしていない限り、きみはきみの君主を退位させようとすることが出来る。勝利すれば、王権は一段階低下し(もし退位させられた君主が王か皇帝ならば)、そしてきみの君主は、有資格後継者のうちでもっともきみが気に入ったものに譲位する。もし引き分けたならきみは100 Prestigeを失い、もし負けたならきみは投獄され、200 Prestigeを失う。法改正と同じく、きみはこの開戦理由を直属の上司以上の者に行使することが出来ない。

支配者転覆開戦理由(Overthrow Ruler CB)

きみが誰かの家臣である限り、きみは彼を追いやり、その称号をきみ自身のものとして奪おうとすることが出来る。勝利すれば、きみはその称号といくらかのPrestigeを得て、もし支配者が王か皇帝であれば、王権は一段階低下する。さらに、もしきみの君主がなにかほかの称号も持っていたならば、彼はそれらを彼の後継者に譲位しなければならなくなる。もし引き分けたならきみは100 Prestigeを失い、もし負けたならきみは200 Prestigeを失い、投獄される。法改正と同じく、きみはこの開戦理由を直属の上司以上の者に行使することが出来ない。

相続争議開戦理由(Dispute Succession CB)

もしきみがきみの君主の王位への王位請求者(pretender)であれば、もしくはきみの勢力のうちのだれかが、なんらかの王位への王位請求者であれば、きみは相続に異を唱えることが出来る。勝利すれば、きみ(もしくはきみが相続に異を唱えてあげた人物)は王位を得て、もしそれが王国か帝国であれば、王権は一段階下がるだろう。白紙和平(white peace)は不可能である。もしきみが負ければ、きみは投獄され、200 Prestigeを失い、その請求権を失うだろう。

侵略開戦理由(Invasion CB)

もしきみがなんらかの王位への請求権を持っているか、きみが問題の勢力よりも小さかったなら(つまり、きみがきみの勢力のうちに、より少ないholdingしか持っていないなら)、そして教皇がきみの侵略を容認(condone)するなら(500 Piety消費する)、きみは侵略開戦理由を行使することが出来る。勝利すれば、きみは問題の王位を手に入れ、400 Prestigeと、すべての占領されているholdingを得る。そのため、きみは要請を強要する前にすべてのholdingを占領しておくべきである。そうしておけばきみはきみ自身の貴族をそこに任命することが出来る。もし引き分けたならきみは100 Prestigeを失う。もし負けたならきみは200 Prestigeを失い、譲歩を行わなければならないだろう。そしてきみはその王位への請求権を失うだろう。

部族用侵略開戦理由(Tribal Invasion CB)

きみはゲームにModを当てないかぎり、この開戦理由を行使することは出来ないだろう。これは本質的に、黄金のオルド(Golden Horde)やティムール朝(Timurids)といった部族が、その近隣を攻撃して、その土地を得るためのものである。これはだいたいにおいて侵略開戦理由と同じはたらきをする。いかなる結果になろうとも、停戦はたったの1年である。

十字軍開戦理由(Crusade CB)

もし教皇が十字軍を呼びかけたならば、きみはその対象にたいして宣戦布告することが出来る。勝利すれば、きみは対象のduchyにおけるあらゆるholding(それらがきみに占領されているか、誰にも占領されていない限り)と100 Pietyを得る。もし引き分けたらきみは50 Pietyと100 Prestigeを失い、もし負けたならきみは150 Pietyと200 Prestigeを失う。

宗教戦争開戦理由(Religious War CB)

もしきみが、きみの対象と違う宗教グループにいるならば、きみの対象は異端、もしくはきみが異端だ。きみは宗教戦争を宣言することが出来る。勝利すれば、きみは50 Prestigeと、対象とされたduchyのあらゆるholdingを得る(それらがきみによって占領されているか、誰にも占領されていないかぎり)。もし引き分けたなら、きみは50 Pietyと100 Prestigeを失う。もしきみが負けたら、きみは150 Piety と200 Prestigeを失い、譲歩が強要される。

宗教支援開戦理由(Religious Assistance CB)

もしきみの宗教のほかの勢力が宗教戦争開戦理由の対象とされたなら、きみは侵略者にたいして宣戦を布告することが出来る。これは、単にきみ自身の宗教が縮小してしまうのを防ぐためにある。戦争に勝てば、きみは50 PietyとPrestigeが与えられる。引き分ければ、きみは50 Pietyと100 Prestigeを失う。負けたなら、きみは150 Pietyと200 Prestigeを失い、譲歩が強要されるだろう。

被破門支配者開戦理由(Excommunicated Ruler CB)

もし誰かがきみと同じ宗教指導者を戴いており、破門されたなら、きみは彼らにたいして宣戦布告をすることが出来る。勝利すれば、きみは破門された支配者の地位に応じて、10から70のPietyと、50から400のPrestigeを得て、その対象は再聖餐を受け、譲位を迫られる。白紙和平においてきみは50 Pietyと100 Prestigeを失う。負けたならきみは100 Pietyと200 Prestigeを失い、きみは譲歩が強要されるだろう。

開戦理由を得る(Gaining CBs)

これらの開戦理由のいくつかは単にきみの地位に起因して生じる。たとえば独立開戦理由や法改正開戦理由など。しかし多くのものは意図的に取得することが出来る。
第一に、もっとも簡単に開戦理由を得るのは請求権(claim)である。請求権を得るためには、基本的に四つの方法がある:

  • 請求権をねつ造する(Fabricate the claim)。これは公爵位(ducal level)以上のものには通用しない(公爵位請求権をでっちあげるためにはスキル15が必要とされる)
  • 相続可能な請求権を持つ者と結婚する。きみの子供はその請求権を持つので、きみはそれを押し付けることが出来る。
  • 相続可能な請求権をもつ者と、きみの王朝のうちの誰かを結婚させる。彼らの子供はその請求権を持つので、きみはそれを押し付けることが出来る。
  • 請求権を持つ者をきみの宮廷に招く。彼らが男性であるならば、きみはそれを押し付けることが出来る。

第二に、De Jure請求権も比較的容易に得ることが出来る。もしきみがほかの勢力のテリトリーと重なるduchyを作成することが出来たなら、これはきみにDe Jure請求権を与え、もしきみがこれを簒奪したとしても同様のことが適用される。さらに、なんらかのduchyにたいして請求権を押し付けたあとに、きみはしばしばDe Jure請求権を持つことになる。
第三に、相続争議開戦理由は、ほかの一般的な請求権のように、その開戦理由を持つ者をきみの勢力に招くことで得ることが出来る。
第四に、破門開戦理由は、教皇がきみのことを好きな限り、容易に得ることが出来る。しかしこれらはきみの勢力を拡大させる役には立たない。とはいえ、いくらかのPrestigeを得るためにはもってこいである。
第五に、もしきみがキリスト教異端に改宗したならば、きみは基本的に全世界にたいしての宗教戦争開戦理由を持つことが出来る。きみが改宗するための異端を生み出すもっとも簡単な方法は、対立教皇(antipope)を任命することである。これは教会の倫理的権威(moral authority)を低下させるのだから。教会の倫理的権威が低下すればするほど、異端は広まりやすくなる。そこで最初のチャンスを得たならば、きみはどのような異端が勃興しようとも、それに改宗するといい。いまやきみは、おなじ異端を奉じるほかの勢力を除くすべての者にたいする開戦理由を得るだろう。
異端の欠点は深刻であるが(あらゆる非異端の-30評価と、叛乱リスクの上昇)、急激な拡張ということにかんして言えば利点である。

きみの開戦理由を行使する(Using Your CBs)

きみ自身の請求権を押し付けたりといったことはむしろ単純明快である。一方で誰かほかの人物の請求権を押し付けるときは、きみは慎重になるべきである。彼らは最終的に独立勢力となってしまうのだから。彼らがきみの家臣となるのは、彼らがすでにきみの家臣であったり、きみの王朝にいたりするか、もしくはきみが押し付けた請求権が、きみの勢力のDe Jureの一部分にたいしてであった場合のみである。もし彼らが手に入れた称号がきみのものと同等か、もしくはそれより上位のものであったならば、彼らは上記の状態が当てはまっていたとしても独立してしまう。きみがさらにこの状態の当てはまる君主を上に戴いていないかぎり。
彼らの請求権を押し付けたあとでも彼らがきみの勢力の一部であることを確かなものとするもっとも簡単な方法は、まずきみの勢力のうちのcountyのどれかを彼らに与えることである。するとこの請求権が押し付けられた結果として彼らが独立するための唯一の方法は、彼らの得る称号がきみのものと同等か、それよりも上位のものであった場合のみとなる。

まとめ(Summary)

開戦理由と請求権は、きみが自分でなにをやっているのかを理解している限り、容易に得ることが出来る。これらのtipに従えば、きみは簡単に領土拡張できるだろう。

  • 部族用侵略開戦理由を除くあらゆる開戦理由は、10年の停戦を引き起こす。これは攻撃側にだけ当てはまる。
  • より多くの請求権を得るために、相続可能な請求権を持っている請求者と結婚しよう
  • 相続可能な請求権を持つキャラクターときみの王朝のメンバーを結婚させよう
  • 相続可能な請求権を持つ男性を招いて、彼らにcountyを与えよう
  • 王位請求者を招いて、彼らにcountyを与えよう
  • 教皇がきみを愛するように仕向ければ、きみはPrestigeを破門から遠ざけておくことが出来る
  • 異端に入れば、きみはみんなに対して開戦理由を持つことになるだろう
  • ほかの勢力のテリトリーと重なるduchyを作るか簒奪しよう
  • もしきみが複数の戦争を短い期間で宣戦するつもりならば、いかなる軍隊も徴集するまえにそれらをみな宣戦するようにしておかなければならない。軍隊がいたら宣戦布告は出来ないのだから

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-12 (火) 01:42:33 (2199d)