マニュアル/ゲームガイド抄訳

顧問;支配者には相談役が必要である(Councilors; Rulers Need Advisers)

Crusader Kings IIにおけるきみの顧問たちはきわめて重要である。それぞれの顧問はきみの勢力の幸福に影響を与え、彼らはみな異なったミッションを行うことが出来る。私は顧問たちの効果と、彼らを活用する方法について論じよう。
いつものように、最後にはまとめが載せてある。

基本(The Basics)

五種類の顧問がおり、これはそれぞれの能力値に対応している。大臣(chancellor)はDiplomacyに;元帥(Marshal)はMartialに;家令(Steward)はStewardshipに;密偵長(Spymaster)はIntrigueに;宮廷司祭(Court Chaplain)はLearningに。それぞれの顧問たちは、きみのその分野における現在の能力値(State Attribute)がどれぐらいであるかを決定するために、彼らの関係するステータスを、きみの能力値と、それからきみの配偶者に半分を加えるだろう。
現在の能力値はいくつかの重要な効果を持っている。その受動的効果の完全なリストは以下の通りである:

  • 現在のDiplomacy - 2ポイントごとにほかのキャラクター(もし彼らがきみの宮廷にいなければ)のきみへの評価が1上昇する。また1ポイントごとに毎月のPrestige取得を0.01、文化技術成長を1%上昇させる。
  • 現在のMartial - 1ポイントごとに士気回復率を1%、兵士の防御力を1%(彼らの受けるダメージを減らす)、そして軍事技術成長を1%上昇させる。
  • 現在のStewardship - 1ポイントごとにきみの領地(demesne)からの収入を2%(これは-10%から開始する)*1、経済技術成長を1%上昇させる。
  • 現在のIntrigue - 1ポイントごとに、より陰謀を発見しやすくなる。
  • 現在のLearning - 1ポイントごとに毎月のPiety取得を0.02、技術成長を1%上昇させる。

見て分かるように、実質的にすべての現在の能力値は役立つものである。きみの現在の能力値が高ければ高いほど、きみの勢力はうまく回っていくだろう。Diplomacyは相続を容易にし、Martialは戦争を容易にし、Stewardshipはきみを豊かにし、Intrigueはきみを陰謀から守り、Learningはきみに技術を与えてくれる(ほかの多くの能力値の助けも借りられる)。
さらに、それぞれの顧問はミッションを行うことが出来る。

大臣(Chancellors)

大臣は、きみの外交顧問(diplomatic councilor)であり、彼の能力は、彼のDiplomacy能力に依拠している。彼はみながよりきみのことを好きになるようにしてくれる。きみの宮廷にいる者以外にしか通用しないが(なぜなら彼らは個人的Diplomacyの影響しか受けないのだから)。そして彼はきみのPrestigeと文化技術成長を強化してくれる。
大臣は三つのミッションを行うことができる:それは外交関係の改善(Improve Diplomatic Relations)、請求権のねつ造(Fabricate Claims)、不和の植え付け (Sow Dissent)である。

最初のミッション、外交関係の改善は、きみの大臣を、司教以外できみが関係改善をしたいと思っている人物が治めているcountyに派遣するのである。これには293から38か月までの平均発生時間があり、それはもっぱら彼のDiplomacyに依存し、能力値13以上であれば最短になる。成功すれば、そのProvinceのランダムな支配者がきみとの+25関係を二年間にわたり得るだろう。このミッションにはまた、293から38か月の平均発生時間を持つ一つの失敗状態がある。しかし能力値が13あれば最大に遅延出来る。もし発動したら、そのProvinceにおけるランダムの支配者のきみにたいする評価が、二年間にわたり20低下する。
この効果はたった二年間しか持続しないので、これはほとんど実行する価値がない。

第二のミッション、請求権のねつ造は、きみの大臣を、きみが請求権を得たいcountyか、それを部分として持っているduchyに派遣するのである。これは878から114か月の平均発生時間を持ち、Diplomacyが13以上であれば最短になる。もし彼のスキルが15未満であれば、彼はduchyにたいする請求権を得ることは出来ない。15から17のあいだであれば、彼はduchyの請求権を得る可能性が10%ある。18から19のあいだでは20%の確率、20以上であれば30%の確率である。countyにたいする請求は、きみの収入に応じた量の金と、きみの地位に応じた50から150のPrestigeを必要とする。Duchyへの請求は、二倍の金とPrestigeが必要となる。このミッションには平均発生時間586から76か月の一つの失敗状態があり、スキルが13あれば最大遅延出来る。もしこれが発動すれば、きみが請求権をねつ造しようとしている貴族にあるイベントが発動する。彼はきみの大臣を暗殺するか、彼を買収するか、それを無視するかの選択をする。もし彼が彼を暗殺することに決めたなら、成功確率は50%である。もし彼が買収され、それを受け入れたら、彼は一年のあいだ請求権をねつ造することが出来なくなる。もしきみがほかに請求権を得る手段を持たないならば(詳細はここに)このミッションは良いアイディアであり得る。十分な量の金がきみの手もとにあることはしっかりと確認しておくように。もしきみがcountyの請求権を手放したら10のPietyを、そしてもしきみがduchyの請求権を手放したなら20のPietyを得るだろう。

大臣の最後のミッションは不和の植え付けである。これはきみの大臣を、そこにいる支配者とその君主との関係を邪魔しようと目論んでいるcountyに派遣するのである。このミッションはきみの勢力外でのみ可能である。
平均発生時間は293から38か月であり、Diplomacyが13以上で最短になる。これはそのProvinceのうちの一人の支配者の、彼の君主への評価を30低下させ、君主による彼への評価を20低下させる。これは二年のあいだ持続する。
このミッションには平均発生時間298から38か月の失敗状態があり、Diplomacyが13以上あれば最大に遅延させられる。それはきみが不和を植え付けようとしているキャラクターの君主によるきみへの評価を25低下させ、きみの大臣が投獄されるかもしれない。この評価修正は二年間継続する。

外交関係の改善のように、これは普通、その効果の短さのためそれほど役立たない。しかしながら、もし強力なキャラクターがすでに叛乱間近であればきわめて効果的であり、彼に一線を越えさせるに十分なものとなるだろう。
全体として、大臣のミッションのなかでは請求権のねつ造が最も役立つと言えるだろう。しかし不和の植え付けはもし賢く使ったならきわめて役立つものとなり得る。もしきみの大臣にやらせることが全くなかったなら、彼に請求権のねつ造をさせるといいだろう。毎回それらを手離していれば、それなりのPietyを得ることが出来る。

元帥(Marshals)

元帥はきみの軍隊の指導者であり、彼の能力は、彼のMartial能力に依拠している。彼はきみの軍隊を、さらなるダメージに耐え、素早く士気が回復するようにしてくれる。また彼はきみの軍事技術成長も強化してくれる。
彼は三つのミッションを行うことが出来る;つまり叛乱の鎮圧(Suppress Revolts)、軍隊の訓練(Train Troops)、軍事技術の研究(Research Military Tech)である。

叛乱の鎮圧は直接的に、元帥の持つmartialポイントと同じパーセント叛乱危険性(revolt risk)を低下させる。またそれは同じパーセントだけ、きみが誰かを逮捕する機会を上昇させる。叛乱が脅威になることはほとんどないため、叛乱危険性の部分はあまり役に立たないが、一方で逮捕の効果はきわめて役に立つ。
このミッションは関連イベントをなにも持たない。

軍隊の訓練は、Martialのポイントごとに、一つのProvinceの徴兵サイズ(levy size)を2.5%上昇させ、Martialポイントごとに徴兵回復率を5%上昇させる。
このミッションには二つの関連イベントがある。最初のものは平均発生時間293から38か月であり、Martialが13以上で最短化出来る。もしこれが発動すれば、きみはそのProvinceにおいて50%高い徴兵回復率を一年のあいだ得る。
もう一方のイベントは平均発生時間586から76か月であり、Martialが13以上で最大に遅延出来る。これはそのProvinceの支配者が野心的(Ambitious)か嘘つき(Deceitful)であるときのみ発動する。それは半年のあいだ、その徴兵回復率を200%低下させる。

最後のミッションは、軍事技術の研究である。これは軍事技術成長を、Martial 1ポイントごとに5%上昇させる。このミッションには二つの関連イベントがある。
最初のものは平均発生時間586から76か月であり、Martialが13以上で最大に遅延出来る。もしこれが発動すれば、元帥は負傷(wounded)のtraitを得るか、25%の確率で、不具(maimed)のtraitを得る。
第二のイベントは平均発生時間2441から316か月であり、Martialが13以上で最短化出来る。もしこれが発動したら、きみはきみの首都においてランダムな軍事技術が0.1進歩する。

全体として、軍事技術の研究がもっとも役立つミッションだと言えるだろう。しかしながら、叛乱の鎮圧は、もしきみが誰かを投獄させる必要があるなら素晴らしいものであるし、もしきみがProvinceに複数のholdingを持っているならば軍隊の訓練は上手くいき、その効果を複数回にわたって享受することが出来るだろう。

家令(Stewards)

家令はきみの経済を助けてくれ、彼らの能力は彼らのStewardshipスキルに依拠している。彼らはきみの領地収入(demesne income)を上昇させ、きみの経済技術成長をスピードアップさせる。
きみの家令は三つのミッションを行うことが出来る:つまり税金の徴収(Collect Taxes)、建築の監視(Oversee Construction)、経済技術の研究(Research Economical Tech)である。

第一の、税金の徴収は、単に対象のProvinceの税収を、Stewardshipのポイントごとに2.5%上昇させるものである。
このミッションには三つの関連イベントがある。第一のものは平均発生時間が879から114か月で、Stewardshipが13以上あれば最短化出来る。それはきみの収入に応じた、一括金をきみに与えてくれる。
第二のものは平均発生時間が586から14か月で、Stewardshipが13以上であれば最大に遅延出来る。そのProvinceの叛乱危険性が10%以上であれば発生までの時間は半分になり、20%以上であればさらに、そしてそのProvinceが異なった文化であれば25%早まる。もしそれが発動すれば、きみの家令は安全に逃げ出すか、負傷するか、殺されるかのどれかである。
第三のイベントは平均発生時間が586から24か月で、Stewardshipが13以上あれば最大に遅延出来る。そのProvinceの叛乱危険性が10%以上であればその期間は25%早まり、20%でさらに、またきみの文化でなければさらに、またきみの宗教でなければさらに早まる。もしそれが発動すれば、そのProvinceの叛乱危険性は一年のあいだ10%上昇し、そのcountyのすべての支配者のきみへの評価が一年のあいだ10低下する。

第二のミッション、建築の監視は、そのProvinceの建築時間を、Stewardshipのポイントごとに2.5%短縮させるものである。
このミッションには二つの関連イベントがある。第一のものは平均発生時間が1172から152か月であり、Stewardshipが13であれば最短化出来る。もしそれが発動すればきみのStewardshipによって、彼がいるcountyの建築時間を、さらに5%短縮することが出来る。この効果は永続的であるが、そのcountyではなくきみの家令に加わるものである。第二のイベントは平均発生時間が293から38か月で、Stewardshipが13以上あれば最大に遅延出来る。これはそのProvinceの支配者のきみへの評価が-20以下であったときのみ発動する。もし発動すれば、そのProvinceの建築は一年のあいだ30%遅延する。

最後のミッション、経済技術の研究は、Stewardshipのポイントごとに経済技術成長を2.5%上昇させる。
このミッションは関連イベントを全く持っていない。

元帥と同じく、経済技術の研究のミッションが好ましいと思われる。しかしながらほかの二つも、もしきみが一つのcountyのうちに複数のholdingを持っていれば役に立ち得る。

密偵長(Spymasters)

密偵長はきみの非合法な活動を担当しており、ほかのキャラクターからけしかけられたこのような活動からきみを守ろうとしている。彼の能力は、彼のIntrigueスキルに依拠している。彼は、女性でも就任出来る唯一の顧問であるが、きみの配偶者、母親(もしくは男性)だけが適任とされる。彼はきみが陰謀を察知する可能性を上昇させ、きみの陰謀が露見しないままにさせ、きみが誰かを投獄したり暗殺したりする可能性や、きみが投獄や暗殺を避ける可能性を上昇させる。
きみの密偵長は三つのミッションを行うことが出来る:つまり、陰謀の発見(Uncover Plots)、密偵網の形成(Build Spy Network)、技術の調査(Study Technology)である。

第一のミッションには何も直接的な効果がない。しかし二つの関連イベントがある。
第一のイベントは平均発生時間が293から38か月で、Intrigueが13以上であれば最短化出来る。それはそのProvinceの誰かがきみかほかの誰かにたいして陰謀を企てていたときのみ発動し得る。もし発動すれば、そのProvinceにおける誰かが持っているランダムな陰謀を発見するか、きみの密偵長が殺される。もし誰かがきみにたいして陰謀を企てているのが疑わしいのであれば役立つ。もしそうでなければ、これを行うにもっとも役立つ場所はきみの首都である。なぜならきみの廷臣(courtier)や家族の一員は、しばしばきみにたいする陰謀を企てるのだから。
第二のイベントは平均発生時間が293から38か月で、Intrigueが13以上であれば最大に遅延出来る。これはそのProvinceの誰かがきみかほかの誰かにたいして陰謀を企んでいたときのみ発動し得る。もし発動すれば、きみの密偵長は安全に逃げ出すか、負傷するか、死ぬ。

第二のミッションはそのProvinceにおける暗殺の可能性を、Intrigueポイントごとに0.5%上昇させる。これには二つの関連イベントもある。
第一のイベントは平均発生時間が586から76か月で、Intrigueが13以上で最短化出来る。これはそのProvinceの支配者のきみにたいする評価が0以下で、彼自身が家臣を持っており、男性で、ホモセクシュアル(秘密であろうがそうでなかろうが)であった場合のみ発動し得る。もし発動すれば、きみは彼を脅迫するか、噂を広めるか、なにもしないかの選択をする。もしきみが彼を脅迫すれば、きみは100ゴールドを手に入れ、きみの密偵長が暗殺されるか、もしくは彼がホモセクシュアルであることが公表される。もしきみが噂を広めれば、きみの密偵長が暗殺されるか、彼がホモセクシュアルであることが公表される。
第二のイベントは平均発生時間が586から76か月で、Intrigueが13以上で最短化出来る。これはそのProvinceの支配者のきみにたいする評価が0以下のときのみ発動し得る。もし発動すれば、きみはその支配者が腐敗していると非難するか、なにもしないかを選べる。もしきみが彼を非難すれば、彼はきみの密偵長を殺し、きみに50ゴールドを与えるか、もしくはホモセクシュアルであると公表される。
このミッションはもしきみが誰かを暗殺したり、信用を落としたりしたいのであれば、かなり役に立つ。

三つ目のミッション、技術の調査には、直接的な効果が何もない。しかし二つの関連イベントがある。
第一のイベントは平均発生時間が1172から152か月で、Intrigueが13以上で最短化出来る。これはそのcountyがなんらかの技術においてきみの首都よりも高いレベルであったときのみ発動し得る。もし発動すれば、彼らが持つなかできみのものよりも高い技術がランダムに0.1進歩する。
第二のイベントは平均発生時間が293から38か月で、Intrigueが13以上で最大に遅延できる。これはそのProvinceの支配者が10以上のIntrigueを持っているか、Intrigueが10以上の密偵長がいる場合のみ発動し得る。もし発動すれば、きみの密偵長は投獄されるかもしれない。これはきみとその勢力の支配者との関係を損なうだろう。
このミッションの利益はこんなにもきわめて低いのだから、もしきみが家臣を排除したいのでなければ、これを行使することは推奨しないだろう。

全体として、陰謀の発見がおそらくもっとも役立つだろう。これはきみの貴族の陰謀からきみ自身を守ってくれる助けになるのだから。しかしながら、おそらくきみはこのミッションを行使するよりも多くの陰謀を受動的に発見するだろう。密偵網の形成のミッションは、もしきみが誰かを暗殺したり、彼らの信用を失墜させたいならば、きわめて役に立つ。技術の調査は問題のある家臣を排除するためにしか役立たない。

宮廷司祭(Court Chaplains)

きみの宮廷司祭は、きみの宗教的相談役である。彼はきみのPrestigeと、きみの技術成長率を上昇させる。彼の能力は、彼のLearningスキルに依拠している。彼は三つのミッションを行うことが出来る;つまり、地域の異端審問を率いる(Head Local Inquisition)、宗教技術の研究(Research Cultural Tech)、宗教関係の改善(Improve Religious Relations)である。

第一のミッションには直接的な効果がない。しかし五つの関連イベントがある。第一のイベントは、私の宗教の節における宗教の伝播にかんするセクションで取り扱っている。
第二のイベントは平均発生時間が1172から21か月で、Learningが13以上で倫理的権威(moral authority)が80以上であれば最短化される。これはそのProvinceにきみの宗教以外の者が誰かいるときのみ発動し得る。もし発動したら、そのキャラクターはきみの宗教に改宗する。
第三のイベントは平均発生時間が1172から21か月で、Learningが13以上で倫理的権威が80以上であれば最大に遅延出来る。もしこれが発動したら、きみの宮廷司祭は安全に逃げ出すか、負傷するか、もしくは死ぬ。
第四のイベントは平均発生時間が2344から43か月で、Learningが13以上で倫理的権威が80以上であれば最短化される。これはそのProvinceにおける支配者のPietyが100以下のときのみ発動し得る。もし発動したら、そのProvinceのランダムな支配者が異端として非難され、きみは彼が異端であることに同意するか、同意しないかを選ぶことになる。もしきみが同意したら、彼は異端になり、きみのことを嫌うようになるだろう。もし同意しなければ、彼はきみのことをより好きになるだろうが、きみの宮廷司祭の気分を害することになるだろう。
最後のイベントは平均発生時間が2344から43か月で、Learningが13以上で倫理的権威が80以上であれば最大に遅延出来る。もしこれが発動りたら、そのProvinceの叛乱危険性は一年のあいだ10%上昇し、そのProvinceの支配者は一年のあいだきみへの評価が-10になる。
このミッションはcountyを改宗させる唯一の手段であり、キャラクターを改宗させるためもっとも頼りになる方法である。彼らがどの宗教を奉じるようになるかはきみの宮廷司祭によるということを注意せよ。よって、異端/異教徒をきみの宮廷司祭として任命しないようにせよ。

第二のミッションは、そのProvinceにおける文化技術成長を、Learningのポイントごとに2.5%上昇させる。これは二つの関連イベントを持つ。
第一のイベントは平均発生時間が2441から316か月で、Learningが13以上あれば最短化される。もしこれが発動したら、きみはいくらかの金と引き換えに、ランダムな文化技術のレベルを0.1進歩させることが出来る。
第二のイベントは平均発生時間が2441から316か月で、Learningが13以上あれば最短化される。もしこれが発動したら、きみの宮廷司祭は異端になり、彼に加わるようきみに要請する。きみは異端になるか、彼を投獄するか選ぶことになる。

最後のミッションには直接的な影響がないが、二つの関連イベントがある。
最初のイベントは平均発生時間が1758から32か月で、Leaningが13以上で倫理的権威が80以上であれば最短化される。もしこれが発動したら、そのProvinceのランダムな聖職者のきみにたいする評価が二年のあいだ25上昇する。
第二のイベントは平均発生時間が586から76か月で、Learningが13以上で最短化される。もしこれが発動したら、そのProvinceのランダムな聖職者の、彼らの宗教指導者にたいする評価が二年のあいだ20低下する。
このミッションは、きみが教皇との関係を改善しなければならないのであれば、かなり良いものである。

全体として、異端審問のミッションがおそらく最高だろう。異なった宗教のペナルティは深刻なのだから。しかしながら、きみの家臣たちは一般的に彼ら自身で同じことが出来るので、代わりにきみは宗教技術に集中することも出来る。宗教関係の改善のミッションは、きみが教皇とのより良い関係を必要とするならば良いものである。

まとめ(Summary)

優れた顧問たちはきみの勢力の支配をはるかに容易にしてくれるので、彼らを良い形で活用しよう。私のtipは以下の通りである:

  • きみが出来る限り優秀な顧問を得よ
  • 研究ミッションはしばしば最良である
  • もしきみが請求権を得るためのより良い手段を持っていないならば、請求権をねつ造せよ
  • もし敵の家臣が叛乱間近であれば、不和を植え付けよ
  • もしきみが誰かを投獄する必要があるのなら、叛乱の鎮圧を使用せよ
  • 建築の監視、税金の徴収、軍隊の訓練は、きみが一つのcountyに複数のholdingを持っているのなら役立ち得る
  • きみの首都における陰謀の発見は、しばしば良いアイディアである
  • もしきみが誰かを殺したり、信用を失墜させたりしたいのであれば、密偵網の形成を使用せよ
  • もしきみがきみの密偵長を排除したいのであれば、技術の調査を使用せよ
  • もしきみが異教徒/異端のcountyを持っているならば、異端審問を使用せよ
  • 宗教関係の改善は、教皇にきみを好きになってもらうには役立つ

*1 つまり、現在のStewardshipが5より小さい場合、収入にマイナス修正が付くということであろう。

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-06-15 (金) 14:27:28 (2195d)