基本操作

軍事インターフェース

軍事インターフェース画面

http://hayasoft.com/hiko/paradox/pic/source/up3218.jpg
≪左・Steam英語版/右・サイバーフロント日本語版≫

軍事インターフェース画面説明(サイバーフロント日本語版説明文)

  • この画面では自分の戦力の全容を確認し、直属の召集軍および家臣の召集軍を編成することができます。
  • 編成は1隊ずつでも全隊をまとめてでもどちらでも可能です。
  • 「家臣」タブには直属の家臣と彼らの評価が表示されます。この評価が下がると、軍勢を編成するときに家臣から提供される召集軍の規模が縮小します。
  • 家臣は、召集軍があなたの指揮下に入った後も、その維持費を負担しなければなりません。したがってあなたが彼らの召集軍を保持する限り、年々家臣の評価は下がっていきます。
  • 「傭兵」タブには現在雇うことのできる傭兵団がリストアップされています。傭兵は戦うことを職業とする兵士で、報酬に満足している限りはよく戦いますが、支払いが滞るとあなたを見捨てるかもしれず、ときには敵に寝返ることさえ珍しくありません。
  • 「騎士団」タブには騎士団がリストアップされています。彼らもまた傭兵のように雇い入れることができるものの、彼らを動かすのは金ではなく、あなたの信仰心です。その上、彼らの維持費はあなたが負担しなければなりません。
  • 騎士団は、それが実際に創設された日までゲームには登場せず、また同じ信仰を持つ者とは戦いません。

軍事インターフェース画面補足説明

  • 「Retinues(直属軍)」タブではRetinues(直属軍)と呼ばれる常設の戦闘部隊の編成が出来ます。
    Retinues.jpg
    • 直属軍は右の画面で兵種毎の編成を500人ずつ選択して、兵数を増やします。
    • 左の画面は現在プレイヤーの抱えているRetinues(直属軍)の編成です。
    • 真ん中で縦に並んだボタンで、戦闘で失った直属軍をどれくらい補充するか選択します。上から「最優先で補充」「半分の速度で補充」「補充しない」になっています。
    • 直属軍はプレイヤーの持つ称号の所領の数や、技術の向上で雇える人数が増えていきます。
  • 「Army Levies(召集軍)」タブでは陸軍の一括召集が出来ます。
    • 「From Demesne(所領から)」はプレイヤーの保有する所領からのみ、兵士を召集します。
    • 「From Vassals(家臣から)」は全家臣から一括で兵士を召集します。
    • 「Hired(傭兵)」は現在プレイヤーが雇っている傭兵を一括で解散させます。召集は下の「Mercenaries(傭兵)」タブから行います。
    • 表示されている数値は、左から「現在召集中の兵士数」「召集可能な残り兵士数」「領内の兵士総数」ボタンを挟んで「毎月の維持費」です。
    • ボタンは左と真ん中のボタンで召集、右のボタンで全部隊を解散させます。
  • 「Fleet Levies(召集艦隊)」タブでは艦隊の一括召集が出来ます。
  • 「Vassals(家臣)」タブでは家臣毎の召集が出来ます。
    • 家臣の行ごとにある3つのボタンは、左から「陸軍の召集」「召集中の部隊の解散」「艦隊の召集」です。
    • バージョン1.07から直属の家臣は、家臣のさらに家臣の分をまとめて召集したユニットになりました。
    • Opinion(評価)がマイナス値の家臣は一切召集に応じません。
  • 「Mercenaries(傭兵)」タブでは傭兵団の雇用が出来ます。
    • プレイヤーの宗教毎に雇うことの出来る傭兵団が限られています。
    • 傭兵団には本拠地が設定されていて、その近辺に領土がないと雇えません。
  • 「Holy Orders(騎士団)」タブでは騎士団の雇用が出来ます。
    • プレイヤーの宗教毎に雇うことの出来る騎士団が限られています。
    • 騎士団の多くはゲーム中に発生するイベントによって創設されます。

添付ファイル: fileRetinues.jpg 101件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-03-05 (水) 19:37:06 (1626d)