歴史・背景

1.jpg
スウェーデン王、エリック。
2.jpg
スウェーデン王、エリック。

概要

Eric and Eric, according to Adam of Bremen, were two contenders for the kingship of Sweden around 1066–67, after the death of King Stenkil. They made war on each other, and were both killed. Nothing more is known about them, though later historians have speculated that one of them was a Christian son of Stenkil, and the other a pagan; accordingly, they are sometimes assigned the names Eric Stenkilsson and Eric the Pagan, but no basis for such names can be found in any contemporary sources.

After Eric and Eric were dead, Halsten, son of King Stenkil, ascended to the throne.

(引用:英語版Wikipedia)
(意訳)二人のエリック(スウェーデン語ではエリクErik)は、ブレーメンのアダムが記すところによれば、ステンキル王の死後に1066-67年にスウェーデン王位を賭けて争った競争者である。彼らは互いに戦争を起こし、二人とも戦死した。彼らに関するこれ以上の事は何もわかっていないが、後世の歴史家は一人がステンキルの息子でキリスト教徒であり、もう一人は異教徒だったと推測しており、そのため、彼らはそれぞれ「エリック・ステンキルソン」「異教徒のエリック」と呼ばれて区別されるときもあるが、このような名前は当時の史料に基づいているわけではない。

二人のエリックが死んだ後、ステンキル王の息子であるハルステンが王位を継承した。

SS

3.jpg
家系図。
4.jpg
二人のエリックによる戦争。

コメント

  • 1066年秋から1067年にかけて、スウェーデンではwar of the two Eriksが行われました。 -- 2016-02-02 (火) 19:16:48
  • 先王で異教(ノルド)であったStenkilに候補者が居らず死後、2つの名家が候補に登ったがお互い認め合わずカトリック・キリスト教のEricが勝利しスウェーデン王位を会得した(意訳) -- 2016-02-03 (水) 15:14:08


添付ファイル: file4.jpg 18件 [詳細] file3.jpg 19件 [詳細] file2.jpg 17件 [詳細] file1.jpg 17件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-02-03 (水) 15:26:18 (561d)