歴史・背景

1.jpg
女王タマル。1160-1213.

生涯

タマル・バグラティオニ(თამარი, Tamar Bagrationi, 1160年? - 1213年、在位:1184年 - 1213年)はバグラティオニ朝(英語版)グルジア王国の女王。
名はタマラ、タマーラとも記される。グルジア王国の最盛期を現出した。
セルジューク朝を駆逐して領土を拡大し、グルジア王国の版図を南カフカース全域にまで広げた。トレビゾンド帝国の建国(1204年)を助けた。

父ギオルギ3世(在位:1156年 - 1184年)より1178年に共同統治者に任命される。
1184年にギオルギ3世が死んだ後、単独でグルジア史上初めての女王となる。
最初の夫、ロシア人アンドレイ・ボゴリュブスキー大公の息子ユーリー(ギオルギ)とのあいだには子がなく、離縁した後、
1189年に結婚した次の夫、オセット人ダヴィト・ソスランとのあいだに息子ゲオルク(後のゲオルク4世、在位:1212年 - 1223年)と娘ルスダン(後の女王、在位:1223年 - 1245年)をもうけた。

1194年、シャンホルにおいてアゼルバイジャンのアブベクルを破り、
1202年、バシアニにおいてルクナディーンを破り、
1204年にはカルスを占領し、グルジア王国の版図を南カフカース全域にまで広げた。

(引用:日本語版Wikipedia)

SS

2.jpg
タマル女王の最大版図。
3.jpg
グルジア王朝記。

コメント



添付ファイル: file3.jpg 18件 [詳細] file2.jpg 19件 [詳細] file1.jpg 17件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-08 (土) 11:16:45 (232d)