The Sword of Islam開発日記

The Sword of Islam開発日記1

 
The Sword of Islam - Dev Diary 1

  • さて、今日は金曜日だし、新しい拡張セットの『Crusader Kings II; the Sword of Islam』の秘密を漏らすにはちょうどいい時かな。フォーラムを見る限り、プレイ可能なムスリムというのがCKIIにもっとも望まれている機能みたいだし、ぼくたちの誰が反対するって?ぼくたちはいつもそうしようと思っていた。ぼくたちがムスリムの世界を公正に判断できるならば。時はいま来たれり(もしくは、もうすぐやってくる)。Ruler Designer DLCのように、the Sword of Islamは大きなパッチと同時にリリースされると思う。きみがthe Sword of Islamで手に入れるものは、単にムスリムの支配者でプレイする能力に過ぎないけれど、もしきみが拡張セットを持っていなくても、そこにはAI(もしくはマルチプレイヤーにおけるほかのプレイヤー)にかんするあらゆる新たなメカニックや挙動があるだろう。
    Well, it's Friday and high time to spill the beans on the new expansion for Crusader Kings II; the Sword of Islam.
    Judging by the forum, playable Muslims is the most requested feature for CKII, and who are we to disagree?
    We always wanted to do it, provided we could do the Muslim world justice. That time is now (or, well, soon ).
    As with the Ruler Designer DLC, the Sword of Islam will be released together with a major content patch.
    What you get with the Sword of Islam is simply the ability to play as the Muslim rulers,
    but all the new mechanics will be there and running for the AI (or other players in multiplayer) even if you don't have the expansion.
  • ぼくはthe Sword of Islamに三つの開発日記を書くつもりだ。それぞれがムスリムに特有の要素と同時に、パッチの1.06を当てたみんなに当てはまる要素を取り扱うよ。
    I'll be doing three dev diaries on the Sword of Islam, each one dealing with some unique features for the Muslims
    as well as some free features that everyone will have access to simply by patching to 1.06.

THE SWORD OF ISLAM

  • ムスリムをプレイ可能にするときにもっとも困難だったことの一つは、明らかにキリスト教、もしくは西洋的な用語を用いたテキストが充満しているってことだ。だからぼくたちは、きみがムスリムとしてプレイするときに相応しいようにテキスト全部のセッティングを変えなければいけなかった。ときには、まったく新しいイベントや決断を書くはめになった。たとえば、ムスリムはトーナメントを開かない。かわりに彼らはFurusiyyaを開く。これは格闘技と馬術の展覧会だ。彼らは大宴会(Grand Feasts)を開かない。彼らはラマダーン(Ramadan)を遵守する、などなど。ぼくたちはいくつか全く新しい決断を付け加えた。たとえばHajj(メッカへの巡礼)へ行くとか。これは聖地へ行ったり来たりする途中に起こる、イベント起因のクールなちょっとしたストーリーを開始させると思う。もちろん、さまざまな新しいゲームプレイの要素にかかわる大量のイベントだってある(これについての詳細は、後の開発日記で)。
    One of the major hassles with making Muslims playable was the prevalence of text with obviously Christian or Western terminology.
    Therefore, we had to go through all text to make it fit the setting if you are playing a Muslim.
    Often, this required writing whole new events and decisions. For example, Muslims don't hold tournaments,
    they have the Furusiyya instead, which is an exhibition of martial arts and horsemanship.
    They don't hold Grand Feasts, they observe the Ramadan, etc. We also added some completely new decisions,
    like going on the Hajj (the pilgrimage to Mecca), which will initiate a cool little event driven story of what happens
    on the way to and from the holy city.
    Of course, there is also a whole slew of events dealing with various new gameplay features (more on that in later dev diaries.)
  • 解決しなきゃいけないもう一つのことは、Crusader Kings IIのゴシック的なグラフィック・インターフェイスだ。これはムスリムの支配者でプレイするときには全然相応しくないとぼくたちは感じるね。だからぼくたちは、キリスト教徒の支配者の教会の窓みたいなグラフィックのかわりに、砂模様や緑のシンボルやパターンのまったく新たなスキンを作ったんだ。でもまだ問題があって、多くのイベント絵があきらかに西洋/キリスト教的に見えるんだ。だからぼくたちはムスリムに対応するだいたい25の新たなやつを付け加えたよ。それから十字架をかたどったtraitのアイコンとか、十字軍の旗とか、そういったこまごまとしたことがある。こういうのは全部、正しい雰囲気を出すために変更された。ぼくたちは、五人の顧問たちがprovinceに出て仕事をおこなっているときのモデルを、ムスリム用に変更した。これは大変な仕事だったけど、本当に良くなったと思っているよ。
    Another issue we needed to solve was the Gothic looking graphical interface of Crusader Kings II,
    which we felt did not really work when playing as a Muslim ruler.
    So we did a complete reskin with sand tones and green symbols and patterns instead of the church window graphics of Christian rulers.
    Yet another problem was that many event pictures looked distinctly Western/Christian,
    so we've added about 25 new ones to serve as Muslim equivalents.
    Then there are all the little things, like trait icons with crosses, the Crusade banner, etc.
    All of that has been changed to provide the right atmosphere.
    We've even changed the five councillor models for Muslims when they're out in the provinces performing jobs.
    It's all been a lot of work, but I think it turned out really well.
  • ムスリムたちはちょっと異なったキャラクターのtraitを持っているんだ。彼らはKinslayer、Crusader、Celibate、Chasteのtraitを持たない。かわりに、彼らはMujahid、Hajjaj、Faqih(イスラーム法の専門家)、Hafiz(コーランを暗記している者)、Sayyid(ファーティマかムハンマドの叔父の一人の父系子孫)そしてMirza(Sayyidaの母親を持つ子供)のtraitを持つ。
    Muslims get a slightly different set of character traits; they don't get the Kinslayer, Crusader, Celibate and Chaste Traits.
    Instead, they get the Mujahid, Hajjaj, Faqih (Islamic law expert), Hafiz (has memorized the Koran),
    Sayyid (agnatic descendent of Fatima or one of Muhammad's uncles) and Mirza (child of a Sayyida mother) traits.
  • 最後に、ムスリムたちが彼らの家臣に与える名誉称号は別物になっている。彼らにはみんないくつかのフレイバー・イベントがある――とくにChief Qadiには――Qadiってのは教会教養を必要とする地位のことさ。
    Lastly, Muslims get another set of honorary titles to hand out to their vassals.
    They all get a few special flavour events - especially the Chief Qadi - a position requiring an ecclesiastical education.
  • 以上がthe Sword of Islamの今回の開発日記の内容だよ。次はムスリムの支配者としてプレイするための中心力学に入るとするか。
    That's it for the Sword of Islam in this dev diary; next time I will go into the core dynamics of playing as a Muslim ruler.

THE 1.06 PATCH

  • さて、今度はぼくたちが1.06パッチできみに無料であげるものについてだ・・・
    Now then, here's some of the free stuff we're giving ya'll in the 1.06 patch...
  • まずはじめに、ぼくたちはマップの南西がちょっと退屈だと思っていたんだ。だからぼくたちはそこに結構な量のあらたなprovinceを追加した。これはマンデ族の繁栄した文明、ガーナ、マリ、ソンガイを表している。このエリアには歴史的な指導者が用意されているし(もちろん)、新しいWest Africaの文化グループを持っているんだ。この地域は豊かだけど、到達するのは困難だね。
    First off, we thought the southwest corner of the map looked a bit dull, so we added a bunch of new provinces down there,
    representing the flourishing civilizations of the Manden people; Ghana, Mali and Songhay.
    The area comes with historical rulers (of course) and a new West African culture group. The region is rich but hard to reach.
  • フレイバーについていえば、イランやアラブやトルコ文化の支配者につけられるduchyの階層や称号を、支配している王朝に沿ったもので呼ばれるようにした。たとえば、エジプトのKingdomは、ファーティマ家の人間が権力の座にある間は、自動的にFatimid Sultanateになる(もちろんオリジナルの王朝名は、しかるべき場所で使用されるよ)。同じ王朝がいくつかの高位のtitleを持っている場合、もっとも高位のものだけが、その王朝に付けられることになる。だから、Seljuk SultanateとSultanate of Rumが、両方ともSeljuk王朝によって支配されるってこともあり得る。これらの文化のなかでランダムに生成されたキャラクターは、自動的に、その文化に相応しい王朝の名前が付けられることになるよ(-idや-nなんかで終わっているやつのことだよ)。
    For flavour, we have also made it so that duchy tier and above titles held by rulers of Iranian, Arabic and Turkish cultures are
    named after the ruling dynasty.
    For example, the Kingdom of Egypt automatically becomes the Fatimid Sultanate while the Fatimids are in power
    (though the original name is also used where appropriate.)
    In case the same dynasty holds several high rank titles, only the highest is named after the dynasty.
    Thus, we can have both a Seljuk Sultanate and a Sultanate of Rum, both ruled by the Seljuk dynasty.
    Randomly generated characters of these cultures automatically get a dynasty name suitable to name states after (ending with -id or -n, etc).
  • (この開発日記では)最後に、新たに作成可能な七つの帝国(アラブ帝国、ペルシア帝国、ブリタニア帝国、スカンディナヴィア帝国、フランク帝国、スペイン帝国、ロシア帝国)と、大量のde jure kingdomがあるよ。これはほとんどがかつてのKhazaria王国を分割したものだ。さて、新たな帝国の追加には議論があるだろうってことは分かっている。でも、作成するための状態はかなり達成が困難なようにデザインされている。だからAIがこれを作ることはほんとうに稀だと思うね。ぼくたちは、もしプレイヤーたちが望んだら、頑張って達成できる帝国のオプションがあるべきだと思っているんだ――UnionsはEuropa Universalis IIIで大人気の要素になったしね。
    Lastly (for this dev diary), there are seven new creatable empires
    (the Arabian Empire, the Empire of Persia, Britannia, Scandinavia, Francia, Spain and Russia) and a whole slew of new de jure kingdoms,
    mostly to break up the old kingdom of Khazaria.
    Now, I know the addition of the new empires is controversial, but the creation conditions are designed to be fairly difficult to achieve,
    so the AI will very rarely do it.
    We want players to have the imperial option to strive for if they so desire - the Unions turned out to be a popular feature in Europa Universalis III.
  • あぁ、聞かれる前に。パッチ1.06は古いセーブ・ゲームとセミ・コンパチブルだ。きみはプレイを続けることが出来るけれど、バランスが完全にひっくり返るかどうかとか、新たに付け加えられたprovinceがちゃんと作動するかってことを保証はしないね。
    Oh, and before anyone asks, patch 1.06 will be semi-compatible with old save games:
    you will be able to keep playing, but we're making no guarantees that the balance will not be completely upset,
    or that any added new provinces will be active and working.
  • 今日はここまで。来週は一夫多妻制(polygamy)、退廃(decadence)、そして強いclaimと弱いclaimについて話すよ!
    That's it for now. Next week I'll talk about polygamy, decadence, and strong and weak claims!

The Sword of Islam開発日記2

The Sword of Islam - Dev Diary 2

  • Crusader Kings IIの新しい拡張、The Sword of Islamの三つの開発日記のうちの二つ目の時間だよ!昨日のライヴ・ストリームを見てくれた人は、今日ぼくが話すことのいくつかをすでに知っているけどね。前回と同じように、Sword of Islamに特有の要素と、パッチ1.06にある無料のものの両方について話すつもりだよ。
    It's time for the second of three dev diaries on the new expansion for Crusader Kings II; the Sword of Islam!
    Those who watched yesterday's live stream already know a bit of what I'll talk about today.
    Just like last time, I'll talk about both some unique Sword of Islam features and some free stuff that comes with patch 1.06.

THE SWORD OF ISLAM

  • ぼくたちが意図していたのはずっと、ムスリムをプレイするのが、キリスト教徒の支配者をプレイするのと全然違ったものになるようにってことだ。もちろん、大きな違いの一つは、きみの血統を存続させるのが簡単になっているってことだ。ムスリムの男たちは四人の女性と結婚することが出来るし、非嫡出性は同じような汚点とはならない。これは、ムスリムの王朝が巨大に、そして乱雑に拡がりやすいってことを意味している;とくに強大な王朝の場合は。不幸なことに、こういった幼君たちはみんなきみの富を当てにしているし、きみが彼らに十分な土地や職務を与えなかったら、彼らは退廃的(decadent)になってしまうか、もしくは少なくとも、きみの王朝が退廃的だと思われるようになるだろう。退廃的な王朝は、より活動的で高潔な王朝に取って代わられる危険性があるし、軍隊の士気(troop morale)や領地収入(demesne income)にペナルティーも課されるんだ。こういった問題を埋め合わせるために、ムスリムたちには、特別な開戦理由(Casus Bellis)を通じた、征服にうってつけの時期があるんだ(それについての詳細は来週の開発日記でね)。
    Our intention was always that playing a Muslim should feel quite different from playing a Christian ruler.
    One of the major differences, of course, is the ease with which you can ensure the continuation of your line.
    Muslim men are allowed to marry up to four women, and bastardy does not carry the same stigma.
    This means that Muslim dynasties tend to be huge and sprawling; especially the powerful ones.
    Unfortunately, all these princelings will expect a share of your wealth, and unless you can give them enough land and responsibilities,
    they will grow decadent, or at least, your dynasty will be perceived as being decadent.
    Decadent dynasties risk being replaced by more dynamic and righteous ones, and also suffer penalties to troop morale and demesne income.
    To compensate for these problems, Muslims have an easier time conquering,
    through special Casus Bellis (more on those next dev diary.)
  • 一夫多妻制(Polygamy)
    一夫多妻制でも、きみの最初の妻しかきみにスキル・ボーナスを与えてくれないよ。でもきみは四人とまで結婚出来るんだ。彼女たちはみんなきみに同盟関係を与えてくれるし、彼女たちの子供はみんな後継者になることが出来る。支配者たちは、その地位に応じた数の妻を持つことが期待されているから、スルタン(Sultan)は四人の妻を持つべきだし、そうしないと彼は毎月のprestigeに打撃を受けることになる。一方でアミール(Emir)は三人の妻を持つべきだ、とかね。複数の妻を持つということは、きみは子孫をたくさん持つことになるし、その多くは異母兄弟だってことだ。野心的な(ambitious)母親たちは自分の息子たちを可愛がる傾向にあるし、これはイベントを通じた、あらゆる種類のとんでもない出来事を引き起こすかもしれないよ…
    The way polygamy works is that only your first wife gives you a skill bonus, but you're allowed to marry up to four.
    They all give you alliances, and they can all provide you with heirs.
    Rulers are expected to marry a number of wives corresponding to their station, so a Sultan should have four,
    or he will take a monthly prestige hit, whereas an Emir is only expected to have three wives, etc.
    Having multiple wives means that you will produce a lot of offspring, many of them half-siblings.
    Ambitious mothers will tend to favour their own sons, which can lead to all kinds of nasty business through events...
  • 公開継承法(Open Succession Law)
    ムスリムたちはたったひとつの継承法しか選べないんだ。それは「公開(open)」ってやつだ。これは「トルコ式(Turkish)」としても知られている。これは、きみの息子たちのなかで、もっとも多くの称号と家臣を持っている者が相続するというものだ。「土地を持たない息子(unlanded sons)」のPrestigeペナルティーはないけれど、息子たち全員に土地を与えろというプレッシャーはいまだに存在しているよ。なぜならきみの王朝にいる成人男性には退廃(Decadence)の危険性があるからね。ムスリムの世界において、兄弟たち、とくに異母兄弟たちはお互いに嫌いあっている(ネガティブなopinionの修正があるんだ)。これは、ムスリムたちは頻繁に継承問題に巻き込まれやすいってことを意味しているんだ。
    Muslims have access to only one succession law: 'open', also known as 'Turkish'.
    The way it works is that your son with the most titles and vassals inherits.
    There is no "unlanded sons" Prestige penalty, but there is still pressure on you to land all of your sons,
    because adult men of your dynasty will accrue Decadence.
    In the Muslim world, brothers, especially half-brothers, dislike each other (negative opinion modifier.)
    This means that Muslims tend to suffer frequent succession crises.
  • 退廃(Decadence)
    退廃はthe Sword of Islamの核心にあるものだよ。これがムスリムとキリスト教徒を本当に区別するものなんだ;キリスト教徒が個人的に退廃的だと見なされ得ないってわけじゃないけど、氏族(clan)や部族(tribe)とのあいだに同じような摩擦は起こらないんだ。そう、退廃は王朝全体に影響を与えるんだよ。王朝は25%の退廃で開始する。これはどちらにせよ、なにかの効果があるわけじゃない。退廃は、きみの王朝に怠け者で、土地を持たずにぶらぶらしている男性がいるごとに増加していく。この上昇率は彼らの地位や、きみの王朝のメンバーがもっている称号すべての総合的ランクによって変化する。退廃をもたらしている王朝のメンバーは、Religion Viewのところの新しいリストにリストアップされる(そう、彼らは不道徳なのさ)。彼らが退廃をもたらすのを止めたいなら、基本的には彼らに十分な土地を与えること。もしくは投獄したり。単純に彼らを殺してしまうってのも出来る。きみが退廃を失うのは、王朝のメンバーが戦闘や包囲戦で戦ったときだけだ。または、いくつかのイベントを通じてかな。退廃のレベルは、きみの領地の軍隊の士気ダメージや、きみの領地からの税収に影響を与えるんだ。退廃が75%以上になると、はるかに活動的な部族が荒野からやってきて、きみやきみの王家全体を退位させる危険性がかなり現実的なものになってしまう(これはかなり深刻な叛乱(rebellion)だよ…)
    Decadence lies at the heart of the Sword of Islam.
    It's what really separates Muslims from Christians; not that Christians could not be perceived as being individually decadent,
    but there was not the same type of friction between clans and tribes.
    Thus, decadence affects the whole dynasty. Dynasties start out with 25% decadence, which has no effect one way or the other.
    Decadence increases by having indolent, unlanded males of your dynasty kicking about,
    depending on their rank and the total rank of all titles held by members of your dynasty.
    Dynasty members who give decadence are listed in a new list in the Religion View (well, they are immoral.)
    You stop them from gaining decadence primarily by giving them enough land, imprisoning them or simply killing them off.
    You only lose decadence when dynasty members fight in battles and sieges, or through certain events.
    The decadence level affects the morale damage your demesne troops take and the tax income from your demesne.
    At 75% decadence or more, there is a very real risk of a more dynamic tribe riding in from the wastes to depose you and your whole House
    (this is one serious rebellion...)

THE 1.06 PATCH

  • つぎは1.06パッチについてだ!
    On to the 1.06 patch!
  • 強いClaimと弱いClaim(Strong and Weak Claims)
    古いclaimのシステムには問題があったんだ。あれでは、すごく離れたところにいる血縁者が、完全に合法な支配者だけでなく、王位継承権第五位までの人物に取って代わるだけのために宣戦布告をすることが出来たんだ。そのため、ぼくたちは強いclaimと弱いclaimを区別するためにシステムを練り直したんだ。強いclaimは以前の通りのままだよ。でも支配者が死んだときに、王位継承権第二位と第三位の人物にしか与えられないんだ。弱いclaimは継承においてもっと下位の子供たちにも与えられる。強いclaimを持つ者が死んだら(もしくはclaimが「押し付け」られたら)、それは弱いclaimとして相続される。弱いclaimを押し付けることが出来るのは、女性(claimを持つのが男性の場合)、摂政、現在継承問題になっている称号、claimを持つ者が相続の第二位か第三位である称号、にたいしてだけだ。
    There is a problem with the old claim system, in that some very remote relative can just declare war to supplant not just a perfectly legitimate ruler,
    but also the next five people in line to the throne.
    Therefore, we've reworked the system to differentiate between strong and weak claims.
    Strong claims work like before, but are only given to the second and third person in line to the throne when a ruler dies.
    Weak claims are given to children who are further down the line of succession.
    When a strong claimant dies (and the claim is "pressed"), it is inherited as a weak claim.
    Weak claims can only be pressed against women (if the claimant is male), regencies,
    titles currently in a succession crisis and titles that the claimant is second or third in line to inherit.
  • 陰謀(Plots)
    ぼくたちはいくつかの追加と変更をおこなったよ。主にぼくたちは、ターゲットとなるキャラクターの称号へのclaimを得るという陰謀を追加したよ。また、殺人の陰謀は完全に作り替えられたんだ。きみはもはや、さまざまなパワー・レベルの陰謀を単純に遂行するだけという決断を得ることは出来ない。代わりに陰謀の主は、彼らの陰謀のパワーへの貢献に応じて引き起こす機会をランダムに得ることが出来るようになったんだ。
    We've added and changed some things. Chiefly, we've added a plot to gain a claim on the title of a target character.
    Also, the murder plots have been completely reworked.
    You no longer get decisions that you can simply execute at various plot power levels.
    Instead, plotters can randomly find opportunities to strike depending on their contribution to the plot power.
  • イベント・ウィンドウの改善(Event Window improvements)
    ぼくたちはイベント・ウィンドウがもっと魅力的に見えるよういくつかの変更をくわえたんだ。きみはいまや、そのイベントの選択肢で得られたり失われたりするtraitにかんするツールチップが加えられたアイコンを見ることになるだろう。また、きみが十分に高いスキルを持っているときにだけ現れるイベントの選択肢は、いまや色付きの縁取りで正しく示されるようになったんだ。
    We've made some changes to make event windows more appealing.
    You can now see the icon, with tooltips, of traits being added or removed in an event option.
    Also, event options that only appear if you have a high enough skill are now properly marked with a coloured border.
  • 今回はこれで十分じゃないかと思う。来週はムスリムの開戦理由、家臣の取扱い、寺院のholding、そして法律について話すことにしよう。もちろん、パッチの内容についてもね。じゃあ、またね!
    I believe that will do for now. Next week I'll talk about the Muslims CBs, vassal treatment, temple holdings and laws,
    as well as some more patch features. Until then!

The Sword of Islam開発日記3

The Sword of Islam - Dev Diary 3

  • やぁみんな、また会ったね!ちょっとのあいだ立ち止まって、聞いてくれないか。今日、第三回目にして最後のSword of Islamの開発日記のハイライトは、ムスリムの開戦理由(Muslim Casus Belli)、改善された戦闘メカニズム、そして文化的建造物だ。もうやり方は分かってるよね;Sword of Islamに特有な要素と、パッチ1.06に附随するいくつかの無料要素の両方について話すとするか。
    Hello again folks! Stay a while, and listen.
    The highlights of today's third and last Sword of Islam developer diary are Muslim Casus Bellis, revised combat mechanics and cultural buildings.
    You know the drill by now; I'll talk about both some unique Sword of Islam features and some free stuff that comes with patch 1.06.

THE SWORD OF ISLAM

  • The Sword of Islam拡張セットでのぼくたちの目的は、ムスリムたちが容易に拡張出来るときを持つべきだってことなんだけど、さらに彼らは公開相続法(Open Succession Law)や退廃(Decadence)のシステムによって、内的衝突の追加レイヤーを持つべきってことでもあるんだ。
    Our direction with the Sword of Islam expansion is that Muslims should have an easier time expanding,
    but have an additional layer of internal strife in the form of the Open Succession Law and the Decadence system.
  • ムスリムの開戦理由(Muslim Casus Bellis)
    ムスリムの支配者たちは征服にかんして、三つの新たなオプションを持っているんだ:
  • 彼らはまさに彼ら自身のイスラームの分派に属していない者であれば誰にでも聖戦(Holy War)を宣戦することが出来る。
  • 彼らは500 Pietyを支払うことで侵略開戦理由(Invasion CB)の形式を使うことが出来る。
  • 彼らは彼ら自身のProvinceと接しているProvinceであればどこでも、50 Pietyを支払うことで征服出来る(もし可能であれば既存のcountを家臣化する)。
    Muslim rulers have three new options for conquest:
    They can declare Holy Wars on anyone not of their own exact brand of Islam
    They can use a form of the Invasion CB for the cost of 500 Piety
    They can conquer any province bordering one of their own for 50 Piety (vassalizing the current count if possible)
  • だから信心深いムスリムの指導者たちは簡単に拡張することが出来る。でも彼らは信仰の兄弟(まさに同一の宗教)を攻撃しているあいだは、毎月2 Pietyを失ってしまうんだ。だから、ムスリムたちにとって大臣(councillor)の請求権をねつ造する仕事はそれほど役に立たないね。でも島嶼部や、うま味のある沿岸部のcountyとかにたいしては、まだまだ使い勝手がいいんじゃないかな。
    Pious Muslim rulers can thus easily expand, although they lose 2 Piety per month while attacking a brother of the faith (same exact religion.)
    The councillor job to fabricate a claim is thus less useful for Muslims, but can still be handy versus islands or juicy coastal counties.
  • 公爵領の剥奪(Revokation of Duchies)
    公爵領(アミール国)はもともと、世襲のものとは見なされていないんだ。だからムスリムたちは公爵位(duchy)の称号をほかの家臣たちから、なんの評価ペナルティーもなく剥ぎ取ることが出来るんだ。これは退廃(Decadence)の取得を避けるために、きみの息子に正当に土地を与える良い手段でもあるよね。(ちなみに、ビザンティン帝国もいまや同じことが出来るようになったんだ。こっちのほうには退廃のメカニズムはないけどね)。
    Duchies (emirates) are not considered to be intrinsically hereditary,
    so Muslims are allowed to revoke duchy titles at no opinion penalty from other vassals.
    This is also a good way of properly landing your sons to avoid gaining Decadence.
    (Incidentally, the Byzantine Empire is now allowed to do the same thing, though it does not have the Decadence mechanics.)
  • 王朝内の投獄と処刑(Dynastic Imprisonment and Execution)
    ムスリムたちがもつもう一つの例外ルールといえば、彼らは自分自身の王朝内の男たちを自由に投獄したり処刑することが出来るってことだね。あ、彼ら自身の息子は駄目だよ。兄弟とか叔父とかが、大抵は退廃を低下させるための粛清にあうんだよ…
    Another Muslim exception to the normal rules is that they are allowed to freely imprison and execute men of their own dynasty,
    except for their own sons. Brothers and uncles are the usual targets for these Decadence reducing purges...
  • 寺院のHolding(Temple Holdings)
    ムスリムの世界では、司教領(Bishopric)に正確に対応するものが存在しないんだ。だから寺院のholdingは、彼らのほかの建物とは違って、まさに城(Castle)と同じように扱われるのさ。きみはきみの領地に寺院のHoldingを持てば、Pietyを得ることが出来るんだけど、これらはカトリックの教会よりもほんの少し貧しくて、供給される徴兵(levy)も少ないんだ。(叙任権のメカニズムとバランスを取るためだね)
    In the Muslim world, there is no proper equivalent to Bishoprics, so Temple Holdings are treated exactly like Castles,
    except for their different set of buildings.
    You gain Piety for having a Temple Holding in your demesne,
    but they are slightly poorer and provide smaller levies than their Catholic equivalents (in order to balance them against the investiture mechanics.)
  • 法案の可決(Passing Laws)
    ムスリムたちは法案を可決するために投票をしたりして煩わされる必要がないんだ;彼らはある量のPietyを支払うだけなんだ。でも、とはいいながら冷却期間は存在するし、王権法(Crown Law)は支配者ごとに一回しか変えられないよ。家臣たちはキリスト教徒たちと同じようにイラついたりするだろうね。
    Muslims do not need to bother with a voting process when passing laws; they just spend an amount of Piety.
    However, there is still a cooldown and Crown Laws can only be changed once per ruler.
    The vassals will also still get upset in the same way as Christians.
  • 人頭税(Jizya Tax)
    ジズヤ税、つまり人頭税(シャリーア法によれば、異教徒たちに課されるべき特別法のことさ)を表現するために、ムスリムたちは異教徒のcountyから25%の税ボーナスを得て、ムスリムのcountyからは10%のペナルティーを被るんだ。これは面白い力学を生み出すよね。だって、きみはいつだって異教徒のProvinceをイスラームに改宗させたいと思うかはわかんないもんね。でもね、これがあるところには特別イベントがあるよ。きみがきみの宮廷イマーム(Court Imam)を、民衆を改宗させるために派遣していなかったとしてもね。
    To represent the Jizya tax (a special tax that should, according to Sharia law, be levied on infidels),
    Muslims gain a 25% tax bonus from infidel counties and a 10% tax penalty in Muslim counties.
    This creates an interesting dynamic where it's not always obvious that you would want to convert an infidel province to Islam.
    However, there is a special event where this happens anyway, even if you don't send in your Court Imam to convert the populace.
  • The Sword of Islam拡張セットについてはこれで十分かな。とはいえ、たくさんのこまごまとした変化とかマイナーチェンジについて話すのを忘れてるってのは確実なんだけどね。
    That's pretty much it for the Sword of Islam expansion, although I'm sure to have forgotten about many minor little changes and tweaks.

THE 1.06 PATCH

  • オーライ、じゃあここからは1.06パッチできみのところにやってくるいくつかの無料要素についてだ…
    Alright, so here are a few more freebies coming your way soon with the 1.06 patch...
  • 拡張された戦闘戦術(Expanded Combat Tactics)
    ぼくたちは追加の(そしてもっと決定的な)戦闘戦術をいっぱい追加したんだ。これは戦闘をもっと予測のつかないものにするためでもあり、新しい指揮官(Commander)のtraitと結びつけるためだね…
    We have added a bunch of more (and more decisive) combat tactics, to make combat less predictable and to tie in with the new Commander traits...
  • 指揮官trait(Commander Traits)
    ぼくたちは、指揮官(Commander)と呼ばれる、特別なタイプのtraitを追加したんだ。これらのtraitはMartialの教養traitを持ったキャラクターにだけ利用可能で、そのキャラクターがさまざまなタイプの軍隊を指揮するための能力や、戦闘戦術の選択に特別なボーナスを与えてくれるんだ。キャラクターたちは彼らの教育が終了すると、一つか二つの指揮官traitを得るんだ。指揮官traitの効果はそのキャラクターのMartialスキルと直接対応するんだよ。
    We have added a special type of trait called Commander traits.
    These are only available to characters with a Martial education, and give more specific bonuses to the character's ability to lead various troop types,
    and the choice of combat tactics. Characters gain one or two Commander traits when they finish their education.
    The effects of the Commander traits directly scale with the Martial skill of the character.
  • 追加の文化固有建造物(More Culture Specific Buildings)
    ユーザーたちがリクエストしていたことの一つに、幅広い文化固有建造物ってのがある。誰がそれに異を唱えるって?ぼくたちはもっとバラエティーやフレイバーを与えるため、これらを大量に追加したよ。
    One thing that many people have requested is a broader range of culture specific buildings, and who are we to argue?
    We have added loads of these to give more variety and flavor.
  • 称号の破壊(Destruction of Titles)
    きみはいまや公爵位と結びついた称号(ducal tier title)やそれ以上の称号を破壊することが出来る。もちろんべらぼうなPrestigeを支払ってね。これは、その破壊された称号の一部にde jureを持っているすべての家臣をきわめて憤慨させることになるよ(-50の評価)。きみは、きみ自身が現在第一位に持っている称号を破壊することは出来ないよ。
    You are now allowed to destroy ducal tier titles and above, at a hefty Prestige cost.
    This will greatly upset (-50 opinion) all vassals who are de jure part of the destroyed title. You cannot destroy your current primary title.
  • AIの改善(AI Improvements)
    こういったいくつかの小さな改善とは別に、AIはいまや、危険な戦争をいくつも潜り抜けてきた歴戦の支配者たちに食って掛かるほどに上達したよ(もちろん度を越して好戦的ってわけじゃないよ)。またぼくは、AIの軍隊が損耗を避けるように結構な時間を費やしたんだ。だからいまやAIは、相応しいときに包囲されたholdingに攻城戦(assault)を仕掛けるようになったんだ。
    Apart from some minor improvements, the AI is now better at jumping on rulers who are already embroiled in dangerous wars
    (though it's still not excessively aggressive about this.)
    I've also spent a bit of time on attrition avoidance for AI armies, and the AI will now assault besieged holdings when appropriate.
  • 差し当たって、開発日記はここまでだね。来週は、開発チームによる短いAARを投稿するよ!
    That's it for dev diaries for now. Next week, we'll post a short AAR by a member of the dev team!

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-09-01 (火) 00:07:37 (780d)