AAR/アイルランド戦記

悪魔(摂政)を追い払ったが
私の苦難は終わらない・・・・・・

850年8月

私は体調不良を起こしていた
叔母がこの機を逃がさまいと反乱に及んだ
反乱はすぐに鎮圧されたが朕が幼いのをいいことに傍若無人な輩が多すぎる!

1.jpg

叔母の反乱に伴い摂政の叔父は責任を取らされて失脚してしまった

2.jpg

850年の世界

3.jpg

852年4月(10歳)

フランス王がフランス領にあるアイルランド王国の領地の割譲を求めてくる
敵軍4千に対し味方は3千(ガレー船13隻)
分が悪すぎると言う事で、王国は戦わずして領地を明け渡した

4.jpg

この頃わたしがお慕いする猊下が南フランス王に暗殺される事件が発生

5.jpg

猊下必ずや仇は取りまするぞ!

心休まらない玉座でついにわたしは悪魔(元摂政)が残した呪いに目覚めてしまう
そう第二の師匠と叔父がわたしを救うのは遅すぎたのだ
わたしの体は既に悪魔に犯されてしまっていた
そして目覚めたのだ!

6.jpg

「男の身体が恋しい!」と

第二の師匠(女伏竜)は身体が弱く
わたしがホモに目覚めたのを機に体調を崩された
そして最後に元直と呼ばれる女性を
「第三の師匠に」と言い残し亡くなられた

そして第三の師匠がこの人だ

7.jpg

この師匠は事もあろうか、わたしの童貞を奪い
女のよさを無理やり、わたしの身体にを叩き込んだのだ!

8.jpg

「ああ、男の筋肉より女の柔肌が気持いい・・・・・・」

858年8月(16歳)

わたしは成人し、29歳のビザンツ皇女を娶り親政を敷いた
そして翌年わたしの男子が誕生した

9.jpg

長男は愛人の産んだ子供だった
わたしは悩んだあげく嫡出子として認めた
一族の数が少なすぎたからだ

5年後
わたしは長男以外の子供を持てないまま他界した

10.jpg

「嫡男として認めておいてよかった」とわたしは思った
だが数年後に一族は流行り病で滅亡してしまった( ノД`)シクシク…

game over

と言う事でリプレイしちゃいましたm(_ _)mスマン

IFの世界

無事成人した息子は広大な領土を持つイタリア女王との結婚を望み口説いた
しかし、既に恋人がいた女王は振り向かなかった
(後日女王が私生児を出産した事から推測)
女王の妹が成人し息子と恋人関係になり、息子は彼女を宮廷に呼んで挙式を上げた
そしてイタリア女王とその娘2人を暗殺して息子の嫁がイタリア女王になった

11.jpg

国政は安定しておりアイルランド王国は順調に拡大した
またイタリア女王と息子の身体の相性は抜群で
女王が病死するまで、ほぼ毎年子供を産んだ

12.jpg

その後、息子はどっかの女王と結婚し子供を儲けたが、
またしても妻に先立たれた。
結果、息子の生存中に孫2名が王となった
ただし生き残った孫(男子は)すべてが国外の領主で
アイルランド王国には一人の孫(男子は)もいないと言う異常事態となった

904年ついに息子はアイルランド帝国を設立

13.jpg

その後も順調に勢力を拡大するかに見えたアイスランド帝国
だが法律IMPERIAL達成目前にして謀反に会い
思わぬ敗北を決し王権低下を招く
激怒した息子(皇帝)は家臣に告げた
「もう貴様らの好きにせよ!」
息子(皇帝)は幕府(ブリタニア帝国)を設立しすべての家臣を将軍に託した
皇帝は直轄領のみを統治し幕府が戦争などを担当する事になった

910年

14.jpg

その後
幕府と朝廷の関係はわずか一代で終わり幕府は朝廷領を侵食し始めた
そして朝廷は1453年に滅亡する事になる
                        完


添付ファイル: file14.jpg 48件 [詳細] file13.jpg 49件 [詳細] file12.jpg 46件 [詳細] file11.jpg 46件 [詳細] file10.jpg 54件 [詳細] file9.jpg 53件 [詳細] file8.jpg 50件 [詳細] file7.jpg 51件 [詳細] file6.jpg 46件 [詳細] file5.jpg 55件 [詳細] file4.jpg 47件 [詳細] file3.jpg 53件 [詳細] file2.jpg 62件 [詳細] file1.jpg 53件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-09 (金) 19:13:06 (461d)