AAR

AAR/サセックス家年代記

AAR/サセックス家年代記/ケント公ジョージ2世の治世

ケント公ジョージ3世の治世(826~869)

resize0048.jpg

「こんにちは、新たにケント公爵に就任したジョージ3世だ。よろしく。」

テッテレ~~~(効果音)

resize0031.jpg

「こんにちは、先代のケント公爵ジョージ2世だよ。よろしく。」

「え、なんでお父さんがここに?というか死んだはずじゃ?」

「息子が心配で戻ってきた。文句は言わせない。これからはお前の相談役として登場するからな。」

「あ、はい」

現状確認

「まず、これが息子のステータスだ。」

8310313ジョージ3世.jpg

「私と違い管理能力が高いな。」

「お、そうだな。(この幽霊メッチャしゃべるやんけ)」

「それと、ほかの息子たちにはちゃんと領土を与えたのか?」

「はい。」
「二男であるエドワードにはサマセット伯領、三男クリストファーにはウィンチェスター伯領を与えました。しかし四男ユースタスはまだ未成年で与えられる領地もありません。」
「また、サフォーク伯領は私の従兄弟アルバートが治めています。」

「現在ケント公国は8プロビを治めており、今後は西のウェセックス・北のマーシアと争っていくことになるだろうな。」

第一次ケントマーシア戦争

「請求権はまだもってないので、まず北のマーシアに慣習的領土を要求して宣戦布告しますね。」

「おう、がんばれよ。」

resize0050.jpg

西暦831年3月31日、ケント公爵ジョージ3世はベッドフォード公爵の慣習的領土であるベッドフォード伯領を求めて、マーシア小王AElfwine(AとEはくっついている、読めない)に宣戦布告した。第一次ケントマーシア戦争の開戦である。

ジョージ3世は、傭兵を雇いマーシア軍を各個撃破していきつつ係争地となっているベッドフォードを占領していった。
そして、西暦832年7月26日マーシア小王がケント公の要求を認める形で第一次ケントマーシア戦争は終戦した。

resize0052.jpg

その後、ケント公爵ジョージ3世は一番下の弟であるユースタスにベッドフォード伯領を譲渡した。

兄弟大戦!

「おい息子よ、お前の弟のエドワードから手紙が届いているぞ。」

「ん?なんだろう?」

resize0054.jpg
 「分割相続にしろやゴルァbyエドワード」

「一伯爵に負けるわけないだろ。全軍招集!!」

「四男ユースタスも敵側だが大丈夫か?」

「大丈夫だ、問題ない。」

西暦833年3月17日、ケント公国を二分する初めての内戦が勃発した。
長男・三男+従兄弟VS二男・四男の戦いは、同年12月25日一年もたたないうちに終戦した。

resize0053.jpg

「兄より優れた弟など存在しない!死ぬまで牢につないどいてやる。」

第三次ケントウェセックス戦争!!!

西暦837年1月3日、ケント公ジョージ3世は西暦831年4月4日に捏造していたドーセット伯爵に対する請求権をもとにウェセックス小王チェンウルフ3世に対し宣戦を布告した。

この時ウェセックス王国は、北のウィッチェ王国にウィルトシャーを盗られており残り1プロビとなっていました。

resize0055.jpg

「これでウェセックス君も終わりだな。その分我がサセックス家が頑張るからな。」

ケント公ジョージ3世は、ウェールズの戦い・ウォーキングの戦い・ロンドンの戦いなど野戦で順調に戦勝点をためていき、

resize0056.jpg

ついに西暦838年12月27日、第三次ケントウェセックス戦争は終結しケント公ジョージ3世はドーセット伯領を獲得、ウェセックス王国は滅亡した。

二度の前哨戦と最終決戦

ケント公ジョージ3世はマーシア王国の内戦につけこむ形で二度の前哨戦を行い、西暦842年4月26日にノーザンプトン伯領を、西暦851年10月20日にワーウィック伯領とウスター伯領を獲得した。

resize0057.jpg

そして西暦856年11月26日、ケント公ジョージ3世はあらかじめ捏造しておいたマーシア王国内の領地に対する請求権を元にマーシア女王カネスリスに対して宣戦布告した。第四次ケントマーシア戦争の開戦である。

resize0058.jpg

この時もケント公ジョージ3世は戦いを有利に進めていった。西暦857年12月のタンワースの戦いにてマーシア軍主力を破ると、その後マーシア王国首都を完全占領し、

resize0059.jpg

西暦859年5月21日、ケント対マーシアの最終決戦はケント公ジョージ3世の勝利で終結した。

「1公爵号・2伯爵号しか要求してないのになんかマーシア王国領すべてが手に入った。」

「息子よ、もらえるものは貰っとけ。」

「お、そうだな。でも余分に貰った領土はまだアングロサクソン人の領主が治めていてとてもやばい気がする。」

「そんなもの称号はく奪してしまえばいい。それポチっとな。」

「あーなに勝手なことしてるんだよお父さん!!あ、称号はく奪を拒否して内戦になった。はい鎮圧鎮圧ゥ。」

「これでアングロサクソン人領主はいなくなって、みなサセックス家のものになったな。」

「でも一族男子の数が少なくて3歳児にも領地を与えるはめになった。」

「そしてこれが現在の領土だ。」

resize0060.jpg

西暦869年1月2日現在の領土、19プロビンスを領有している。

「ここらでいったん切らせてもらう。」

「ではまた次回!!」

ケント公ジョージ3世の治世終わり

AAR/サセックス家年代記/イングランド王ジョージ1世老王の治世

AAR/サセックス家年代記

AAR


添付ファイル: fileresize0060.jpg 11件 [詳細] fileresize0059.jpg 8件 [詳細] fileresize0058.jpg 8件 [詳細] fileresize0057.jpg 9件 [詳細] fileresize0056.jpg 10件 [詳細] fileresize0055.jpg 8件 [詳細] fileresize0053.jpg 8件 [詳細] fileresize0054.jpg 11件 [詳細] fileresize0052.jpg 13件 [詳細] fileresize0050.jpg 12件 [詳細] fileresize0051.jpg 6件 [詳細] fileresize0049.jpg 5件 [詳細] fileresize0031.jpg 11件 [詳細] fileresize0048.jpg 9件 [詳細] file8310313ジョージ3世.jpg 15件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-10-22 (日) 19:59:55 (28d)