AAR/シルクロードの覇者

故郷を出陣して5年後の880年5月

テムイ二世率いるシルクロード軍はインド征服の足がかりを築いていた

2.jpg

さらにこの年、帝国の原動力となるインペリアル法が成立する

3.jpg

月間総収入62.13 最大兵力8000(直属5000家臣3000)
(アラビア皇帝の月間総収入59.59 兵力28820)
(ビザンツ皇帝の月間総収入48.72 兵力23760)

102.jpg陛下やったすね、広大な領土を手に入れたっすよ

95.jpg足りん! 朕はインドの全てを手に入れる!!

102.jpgさすが陛下っす、スケールがでかいっす!

だがアブドール丞相は試案顔をしていた

95.jpg丞相いかがした?

101.jpg陛下、お約束ください

95.jpg何をじゃ

101.jpg軍資金が底を尽いた時は帰国すると!

95.jpgはっはっは、我らには金の卵(シルクロード)がある、心配無用じゃ

101.jpg陛下どうかお約束を!

95.jpg分かった分かった、約束しようぞ

丞相アブドールは将来に不安を覚えていた
この5年で大遼帝国の富は1200GOLDも減少し残り4200となっていたのだ

11年後 891年2月

大遼帝国の快進撃は続いていた

前回の月間総収入62.13 最大兵力8000(直属5000家臣3000)
  ⇩から大幅アップ
今回の月間総収入74.59 最大兵力12300(直属6300家臣6000)

(アラビア皇帝の月間総収入41.23 兵力16550)
(ビザンツ皇帝の月間総収入25.25 兵力7460)

4.jpg

102.jpg陛下、インドは広すぎるっすよ! そろそろ帰国したいっす?

95.jpgまだ故郷を出て16年ではないか! アルス、気合はどうした気合いは!

101.jpg102.jpg・・・・・・

アブドール丞相は不吉なもの感じていた
その夜、アルスとの会話で・・・・・・

101.jpgまずいな、アレキサンダー大王のインド遠征と同じにならねばよいが・・・

102.jpg同じって何すか?

101.jpg大王もちょうどこの場所で家臣に同じ事を言われたでござる

102.jpgへえ、それでどうしたっすか?

101.jpg不満分子を粛清しながら遠征を続けたでござる

102.jpgオイラ殺されるっすか!?

101.jpg・・・・・・

102.jpgフォローも無しっすか!!

95.jpgなんのフォローだ?

102.jpg大王! じゃなかった皇帝陛下、急に現れたらビックリするっす!

95.jpgふっ、よからぬ相談でもしていたか?

101.jpg102.jpg・・・・・・

95.jpg・・・・・・おい!

101.jpg陛下、実はこの11年で予想以上に軍資金が減りました

95.jpgどういう意味だ? 領土は増え収入は増えておろう?

101.jpgそれ以上に傭兵の雇用費用が大きいのでござる

102.jpgインドからの略奪を足しても足りなかったっすか?

95.jpg・・・・・・

102.jpg陛下なんでオイラを見てるっすか?

95.jpgお前チョロまかしてないか?

102.jpg何を言うっすか!?

95.jpg白状するなら今しかないぞ!

102.jpg実は・・・・・・

95.jpgよし白状したな、丞相、処刑の準備を!

102.jpgまだ何も言ってないっすよ!! それに温情も無しっすか!

101.jpgくだらない話はたくさんでござる!!

95.jpg丞相!?

101.jpg最悪の場合、あと1年で軍資金が底を尽くでござるよ!!

95.jpgま、真か!?

101.jpg過去のデータから推測したところ、良くてもあと8年くらいでござる

95.jpgあと8年!?

101.jpgそれがし一度故郷のタクラマカン砂漠に戻り資金の工面をするでござる

95.jpg頼んだぞ丞相!

101.jpg最後に一言だけ

95.jpgよかろう、なんでも言うが良い

101.jpg以前の約束通り資金が尽きたおりは、すみやかに帰国するでござる!

95.jpgうっ・・・・・・

101.jpg陛下!!

95.jpg分かった分かった!!

6年後 896年

大遼帝国は未だインドで戦い続けていた
だが・・・・・・

200.jpg敵本陣、間もなく陥落しそうです

102.jpgインド軍は弱いっすね、今回も楽勝っす

222.jpgどりゃあああ

200.jpgうわあぁぁ

102.jpgあれはインド南方の覇者、Rashtrakuta王国軍! なぜっす! 

222.jpgインドは俺らのもんだ好きにはさせねぇぞぉ~!

・・・・・・

200.jpg敵軍の勢い激しく第3陣まで突破されました!

102.jpgなんとしても、ここ第4陣で防ぎきるっす!

200.jpg兵力が足りません、陛下の本陣(第五陣)にも警告を!

102.jpgダメっす! そんな事はダメっすオイラの責任っす!

200.jpgそれでは万一の時、陛下のお命が!

102.jpgオイラがあんな事を言わなければ・・・・・・

6年前の丞相の帰国後・・・・・・

95.jpg軍資金の減少が止まらぬ! どうすれば良いのじゃ!!

102.jpg安全マージンを取りすぎてるっす

95.jpgどういう意味だ?

102.jpgもっと傭兵に突撃(城の強襲)させて兵数を減らし、維持費用を減らすっす

95.jpgそれでは兵が足りなくなるだろ!

102.jpg大丈夫っす、傭兵はいくらでも湧いてくる(回復)っす

95.jpgしかし・・・・・・

102.jpg城も早く落ちて一石二鳥っす

95.jpgさすがは大将軍! 頼もしいぞ!

現在

200.jpg第四陣が崩壊を始めました! 早く陛下の元へ! ぐはっ

102.jpgおのれぇ、陛下いま助けに行きますぞ

本陣

200.jpgうわあああ

95.jpgどうした騒々しいぞ

222.jpgテムイ、命は貰った

95.jpgなぜこんな所に敵兵が!

222.jpg馬鹿か! 本陣以外は既に落ちたわ!

95.jpgなんだと朕は聞いてないぞ!

222.jpg死ね~

102.jpgおりゃああ! 陛下、逃げるっす

95.jpgどう言う事じゃアルスぅ~

222.jpg死ねぇぇええええ!!

・・・・・・

896年10月

テムイ2世は数度の決戦に勝利したものの最後の決戦で大敗北を喫した・・・
テムイ2世の命もこれまでかと思われたが、
アルス大将軍の獅子奮迅の働きで、命からがら落ち延びた。
だが大遼帝国の軍資金は底を尽き、
もはや傭兵の回復を待つ事すらできなくなっていた

95.jpg朕の野望は潰えたのか・・・・・・?

5.jpg

95.jpgいや朕は引かぬ!!

102.jpg陛下、もう無理っす。和平を結ぶっすよ

95.jpgならん勝利は目前なのだぞ、裂帛の気合いで逆襲じゃああ!!

102.jpg無理っす! 軍資金も底を尽いたっす、丞相との約束を守るっすよ

95.jpgうぬぬ!

102.jpg賠償金など払う事になったら滅亡するっすよぉ~!!!

95.jpgおのれぇえええ! I shall return! アイシャルリターーーーン!! 
大遼帝国、テムイ2世のインド制覇の野望は
インド南方の覇者、Rashtrakuta王国により砕かれた
だがテムイ2世は誓った、必ずこの地に戻って来ると・・・・・・

7年後 903年8月

月間総収入82.19 最大兵力15000(直属8000家臣7000)
(アラビア皇帝の月間総収入53.65兵力19630)
(ビザンツ女帝の月間総収入25.58兵力30550)

帰国後、テムイ2世は破綻した財政の回復に努めた、
だが技術進歩により建築できる施設が増加しており
それらの建設に追われ、再起の夢を抱きながら崩御した
享年62歳 いま一つの時代が終わりを告げた

彼の50年に及ぶ治世は――
領土の拡大、子孫繁栄の偉業を成し遂げた黄金期と呼ばれる

後を継いだのは長男のテムイ3世(45歳)
だか彼は業病Leperなどの病を得て健康状態が悪かった

6.jpg

1年4カ月後 905年1月

テムイ3世(46歳)は崩御、後を弟(7男)テムイ4世(36歳)が継ぐ
7.jpg

7年後の912年2月

テムイ4世は後継者である兄が余命いくばくもない事を知りウツとなる、
そして、わずかの間でも兄に皇帝になってもらいたい一心で自決した
帝国で初めえての自殺者である

後は無能力者の兄(テムイ5世)(47歳)が継いだ
31.jpg

半年後の912年8月

テムイ5世は娘を皇太弟の弟に嫁がせたが自身より先に娘が病死してしまった
そのショックがきっかけとなり遂に崩御した
後は弟(10男)のテムイ6世(20歳)が継いだ

若干20歳と言う希望あふれる皇帝の誕生
帝国の未来は明るいハズであった
だが・・・・・・即位直後にテムイ6世は狂犬病を発症
すべては御医の手にゆだねられた

9.jpg

だが御医チャングムの治療のかいもなくテムイ6世は崩御した
後は甥のテムイ7世(長男の長男)が継いだ

11.jpg

テムイ7世(35歳)は大遼帝国皇帝の相次ぐ不幸に心を痛め
元々のウツ病により自殺しようとしたが丞相に止められた
そしてこのうつ病仮面皇帝が、
やがて帝国の存亡に深く関わってくるのである

第6話 完

次話:第7話?

おまけ

現在の継承法は選帝侯制度
10.jpg

 初代 農民の子供  伯爵どまりの英雄
 2代 初代の長男  早世
 3代 初代の次男  タクラマカン砂漠の覇王
 4代 3代目の次男 42歳で病死した堅実派
 5代 4代目の長男 成人直後の謀反で返り討ちにあう
 6代 4代目の三男 武神と言われ短い人生で偉大な功績を残した皇帝
 7代 4代目の四男 ヒマラヤ山脈を越えた伝説の皇帝        在位50年
 8代 7代目の長男 能力はあったが病弱だった           在位1年弱
 9代 7代目の七男 初めての自殺者                在位7年
10代 7代目の六男 初めて無能力者で即位した皇帝         在位半年
11代 7代目の十男 二十歳で即位し狂犬病で散った若き皇帝     在位半年
12代 8代目の長男 SAUA家、存亡の鍵を握る男

添付ファイル: file31.jpg 38件 [詳細] file30.jpg 37件 [詳細] file222.jpg 37件 [詳細] file11.jpg 39件 [詳細] file10.jpg 38件 [詳細] file9.jpg 37件 [詳細] file8.jpg 38件 [詳細] file7.jpg 41件 [詳細] file6.jpg 37件 [詳細] file5.jpg 37件 [詳細] file199.jpg 37件 [詳細] file200.jpg 37件 [詳細] file4.jpg 40件 [詳細] file95.jpg 35件 [詳細] file102.jpg 38件 [詳細] file101.jpg 38件 [詳細] file3.jpg 38件 [詳細] file2.jpg 38件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-08 (土) 13:09:13 (407d)