AAR/逆襲のコムネノス朝

即位&問題発見

andronikos.jpg
1105年2月5日に父親の後をついで2代目コムネノス朝第2代皇帝に即位しましたアンドロニコスですが、とてつもない問題を発見しました。

なんと婿養子状態で結婚したために娘が妻の姓を名乗っていたのです。このままではゲームオーバーになっちゃいますので、暗殺陰謀や暗殺部隊を送るなど妻とはお別れしないといけなさそうな予感。

能力を見てみると全体的に高めで外交に特に優れています。教育は優れた外交家でした。名君かどうかはプレイヤーの操作にかかってきますが能力知的には合格点です

1105-2.jpg
即位後2ヶ月もせずに皇后死去!ということですが臣下にばれてしまったので信仰にペナルティをいただきました。娘のイレンは女伯として領土に向かいました。これで再婚して男の子を生めば問題無しの状況になります。

1105-3.jpg
これが再婚相手です。特に公爵や伯爵の女性がいなかったので適当に管理能力だけを見て選びました。

動乱

1108.jpg
1108年に次弟でワラキア公爵になっていたコンスタンティノスが無謀にも反乱を起しました。この反乱にアドリアノポリス公爵が加担しちょっとした内乱となりました。この公爵は前王朝の血を引いており皇帝の位を虎視眈々と狙っていたようです

1108-2.jpg
しかしその後に続くものがいずにワラキア公爵の敗北で戦争は終わりました。弟のコンスタンティノスは牢獄にとらわれまもなく死亡。ワラキア公爵の位は跡取りがいなかったため兄のアンドロニコスの手に戻りました。

1108-3.jpg
戦争の真っ最中に娘が誕生。エレイネと名づけました。

アドリアノポリス公爵に反乱に加担した罪で逮捕しようとしましたがうまく逃げられてしまい再度反乱となりました。2年ぐらいの戦いの結果アドリアノポリス公爵も降伏し牢獄に入れられることになりました。

1110-1.jpg

跡取り誕生

1110-2.jpg
1110年のもう一つのニュースとして念願の跡取り「サイモン」が誕生したことです。今度はコムネノスの姓を受け継いでます。幼年死を迎えないように暗殺plotには気を配らなければなりません。

アドリアノポリス公爵に対しては罰としてアドリアノポリス伯領の土地を奪いました。公爵位を奪うと公爵位持ちすぎのペナルティが封臣全員にopinionにかかります。奪った公爵位を一族に与えようとしてもアドリアノポリス公爵自体がde jureを握っているために無理になります。今後の算段としては、アドリアノポリス公爵を身代金として釈放し再反乱おこしたところで今度は公爵位を剥奪。一族にアドリアノポリスの土地+公爵位で元のアドリアノポリス公爵は新アドリアの公爵の伯爵となって使えて貰おうというものです。土地の剥奪でopinionが-80されるので停戦明けにきっと反乱してくれるはず

またワラキア公爵は末弟のマジストスに与えました。帝室の藩屏として末永くこの地位をまもってほしいところ。

対ルーム・セルジューク戦役

1114年に第二次ルーム・セルジューク戦争を開始しました。今回の目的地はサモス公爵領。ここを奪還すればエーゲ海の制海権を取り戻すことになります(ゲーム上は特に何も無いですが)

1114.jpg
同年三女ペラジアが誕生しました。

1116-2.jpg
戦争は時間はかかりましたが1116年に勝利。途中敵軍との野戦でぎりぎりの勝利を収めたりなどハラハラする場面もありました。

1116.jpg
終戦後サモス公爵位を復活させて、従兄弟のヨハネスを公爵に任命。果たして反乱をおこすのかそれとも皇帝の藩屏として長く仕えてくれるのかは今後の期待

1116-3.jpg
戦争の結果こういう領土になりました

アドリアノポリス公反乱

1117.jpg
次男が誕生。父親の名前を取ったアレクシオスと命名。

1120年に念願の?アドリアノポリス公反乱。停戦明けすぐで、一瞬反乱の可能性のマークが画面上に表示されてすぐさまの反乱でマークも速攻消えました。

1117.jpg
そのなかで大事件発生。原因は特に触れられてませんが長男サイモンが死亡。ひょっとするとアドリアノポリス公爵の差し金の可能性もあります。というかおそらくそうでしょう。

1121.jpg
ひょっとしたら濡れ衣かもしれませんが1121年にアドリアノポリス公爵の反乱を鎮圧。アドリアノポリス公爵の位を奪い取り、先にサモス公爵に任命したヨハネスの次男でかつ妹婿のペトロにアドリアノポリス公爵の位を与えました。従兄弟の子ですね。

元アドリアの公爵は、余生を牢獄で送って頂くことになりました。

1121-2.jpg

第3次アナトリア奪還戦争

1127.jpg
その後平和な時期が続き建物のアップグレードで内政の充実を励んでいたのですが、117年に息子アサナシオスが生まれました。長男が死んだときは少し動揺しましたが、これでコムネノス家も安泰です。

1128.jpg
その後第3次アナトリア半島奪還作成が実施されまして、特筆することも無く淡々と戦争した結果アナトリア公爵のDeJureを奪還しました。ここはしばらく直轄領として管理していくつもりです。

1130年には元アドリアノポリス公爵の息子が現アドリアノポリス公爵に私闘を挑んでいたので呼びつけて領土没収。これをアドリアノポリス公爵に与えました。これで元アドリアノポリス公爵家のDukas一族は滅亡と相成りました。元皇帝一族だったのに落ちぶれ方が哀しいです

娘の復讐

1135.jpg
1135年に長い間連れ添った皇后が死去。ここからコムネノス家に不幸な物語がはじまります。

1135-2.jpg
ゲーム的には妻を娶らないと損をするという仕様ですので新たな妻を娶りました。これも管理能力のみで判断。

1135-3.jpg
1135-4.jpg

同年アサナシオスが死去。この死に関して密偵長から娘のイレンが企てているとの報告が入りました。イレンはプレイヤーのミスで母親を殺されることになった悲しい過去があります。きっと父親のことを恨んでいるでしょうしコムネノス家の事も恨んでいるに違いありません。

そうしたことが積み重なり異母弟を殺害するという事態に陥ったのでした。
この後も暇があれば暗殺団を送り込んできて異母弟や異母妹を殺そうとするのでした。

第4次アナトリア奪還戦争

1139.jpg
暗殺された3男の代わりとはいえませんが、四男のアドリアノスが1139年に誕生しました。

1140.jpg
そしてほぼ同時期に第4次アナトリア奪還戦争が始まりまして、一年ほどの戦いの後Cibyrrhaeote公のde jureを奪還しました。

1140-2.jpg
ルーム・セルジュークの領土が飛び地のように存在していますが、西半分のアナトリア半島は奪還完了。

1141.jpg
そしてすべてをなし終えたかのように1141年に死去。きっと天国で暗殺した妻に謝ってるのでしょう。結婚ミスから始まってなかなか印象深い一生でした。実の娘に暗殺者を送り込まれるなど波乱万丈な生涯です。

家庭面ではあまり恵まれてませんでしたが、皇帝としての責務はきっちりはたりアナトリア半島の西半分まで回復に成功。また各地で内政に励んだ結果直轄軍だけでも1万近い動員力を養うことが出来ました。

次男のアレクシオスが即位しアレクシオス2世となりました。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-12 (月) 07:33:58 (2386d)