AAR/逆襲のコムネノス朝

即位&反乱鎮圧

即位したときはわずかに一歳。父帝の暗殺の再現を恐れてかどうかわかりませんが、密偵長が摂政に就任しました。

1143.jpg
ここで反乱公爵の一員であるアドリアノポリス公爵が死去。これでアドリアノポリス公爵家が反乱から脱落しました。こいつが色々と仲間を募っていたようでもろもろの公爵も反乱取りやめとなり息がつけるようになりました。

その後反乱を起していた残り2公爵を叩いていると、アナトリア側の公爵が反乱をおこしたりとありましたが最終的には1147年にすべての反乱を鎮圧し、反乱警報のポップアップも消えました。

ルーム・セルジューク

1154年までのんびり内政をしましたがルーム・セルジュークで内戦が始まったのでパプラゴニア公爵の領土を求めて戦争を開始しました。一年ほどの短い戦争の結果パブラゴニア公爵領を奪還。一族に領土分配という形で決着しました。また停戦明けに領土奪還を行いたいと思います。

1155.jpg

アテネ公反乱

1157.jpg
アテネといえば古代ギリシアの偉大な都市国家です。そこを納めているアテネ公が反乱を起しました。というのも理由がありまして前回の大反乱祭りのときにアテネ公もちゃっかり反乱しており鎮圧の結果アテネを奪い取ったんですね。身代金で牢から出してやったので停戦明けで再度反乱という次第です。

今回は続く封臣もおらずあっさりと鎮圧。アテネ公爵の位をそのものを奪いました。そしていつものごとく分家のなかから後継者になっていない人をつれてきてアテネ公爵の位を与えました。とりあえず全公爵一族で埋め尽くせればなと思います。

元服

1157-2.jpg
1157-3.jpg
などとアテネ公と戯れている間にヨセフ一世もついに元服しました。管理能力の高い人物に教育を任せていたので予定通り管理能力の高い結果となりました。教育は誰に担当にさせるかものすごく難しい問題ですがこのように期待通りになることはめったに無いです。下手な部下にまかせるといい特徴がついてもそれを投げ捨てて悪い特徴をつけてくれたりするので出来るだけ後継者候補は自分で教育するべきだと思います。

さらに管理能力の高い嫁を迎えてきたので14の領地を管理できるように。このあたり管理能力をとるか陰謀をとるか悩みどころですが個人的には管理能力重視で嫁を選んでます。もちろん未婚の若い当主になった女性がいればそれが最優先ですが

後継者

1160.jpg
1159年には娘のカレが誕生。1160年には息子のアレクシオスが誕生。

1161.jpg
1161年には次男のエイレナイオスが誕生しました。

気がつくとすでにルーム・セルジュークとの停戦期間が終わっていたので同年早速開戦。今回は首都のあるカルシアノンを狙っての戦争になります。

なかなかルーム・セルジュークが主力を出してくれなく地道に包囲を続けていたので時間がかかってしまいました。戦争のコツとして、敵の野戦軍をさっさと片付けてしまうとまだ戦果の%が100になっていなくても相手が負けを認めてきます。また野戦で相手の君主が捕虜になるとその段階で講和可能になりますので、包囲するよりもまずは野戦軍を叩いたほうがいいでしょう。

1162.jpg
次男のエイレナイオスがわずか1歳で死去。
CKのときはもっと幼年死亡率高かったですがCK2になると成人を迎える率が上がってるような気がしましたが皆さんの感触はどうでしょうか?

1164.jpg
敵軍の主力が1164年になってようやく現れたのでこちらも損耗した包囲軍を合体させて一大決戦を挑みこれに勝利。野戦軍がつぶれた段階でルーム・セルジュークは負けを認めカルシアノンを放棄しました。
管理能力にまだ余裕がありますのでカルシアノンはしばらく皇帝領として預かっておいて一族で適当な人物がいれば分け与えていきたいと思います。

1168.jpg
妻が大臣が気に食わないと元帥を首にしてくれと要求するイベントがありました。こういうイベントもあるんだなと感心しつつ元帥を首にしてそのまままた同じ人物を元帥に任命。

アテネ公反乱

1169年に異端の教えに躓いたアテネ公が反乱を起しました。それぞれの領地の守りが固められていて力攻めするわけにもいかず時間がかかってしまいましたが1172年にようやく屈服。取りあえず異端に染まった公爵は牢獄に閉じ込めておき代替わりで通常の関係に戻ればと思います。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-18 (日) 10:46:55 (2311d)