初心者による初心者のためのブルグンド王国

ランキング

いつもお付き合い頂き、ありがとうございます。ここでは、企画としてボソン家の当主たちのデータを中心にさまざまなものをランキング形式で紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

長寿

1位 heinrich.jpgHeinrich授福帝 77歳

2位 erich.jpgErich懺悔帝 75歳

3位 lothar.jpgLothar帝 73歳

4位 dietmar2.jpgDietmar大帝 71歳

5位 adalbert.jpgAdalbert帝 70歳

本AARでは全般に健康で長寿な当主が多かった印象はありますが、70歳を超えたのはこの5名でした。全員が神聖ローマ皇帝であり、つまりAAR後半の登場人物です。特にAdalbert→Heinrich→Lotharの流れは神聖ローマ帝位獲得直後の3名の皇帝ですが、やってる方としては老帝続きである意味辟易としていました。

短命

1位 bertrand.jpgBertrand II世 32歳

2位 gerlach.jpgGerlach冷酷帝 41歳

3位 amaneus.jpgジェノヴァ公Amaneus 46歳

4位 amadeus.jpgAmadeus帝 58歳

5位 amaneus3.jpgAmaneus帝 62歳

40代以下で死亡した当主はたった3名でした。最初の当主Bertrand II世が圧巻の1位獲得です。3位~5位は名前が紛らわしいですが、ジェノヴァ公Amaneusは同性愛者でプロヴァンスを放棄したRuprechtの息子、4位のAmadeus帝はErich懺悔帝の息子、5位のAmaneus帝はAdalbert帝の息子で在位11ヶ月で死亡した皇帝です。ちなみに、当主は全部で17名いますが、長寿、短命のランキングのどちらにも登場していない7名の死亡年齢はすべて60代です。

高齢の家督相続

1位 lothar.jpgLothar帝 68歳

2位 amaneus3.jpgAmaneus帝 61歳

3位 heinrich.jpgHeinrich授福帝 56歳

3位 erich.jpgErich懺悔帝 56歳

5位 amadeus.jpgAmadeus帝 51歳

1位~3位を選挙制下の神聖ローマ皇帝が独占しており、当時の当主がいかに老齢続きであったかが解ります。加えて、ランク外とはなっていますがAdalbert帝(Heinrich VI世の前の皇帝)も家督相続時は44歳でしたが、帝位獲得は68歳の時であり、Lothar帝に並んで高齢です。彼らに比肩するのはErich懺悔帝の56歳やAmadeus帝といったAAR終盤の皇帝たちです。

若年の家督相続

1位 matilda.jpgMatilda 5歳

2位 dietmar2.jpgDietmar大帝 14歳

3位 amaneus.jpgジェノヴァ公Amaneus 20歳

4位 ruprecht.jpgRuprecht 28歳

5位 erich2.jpgErich賢帝 31歳

未成年で家督を継いだのはMatildaとDietmar大帝の2名でした。いずれも大きな足跡を残した当主でしたが、ゲーム開始直後のMatildaの相続が、終わってみればボソン家最大の危機だったと言えるかも知れません。寿命ランキングを見ると、夭折した当主がほとんどいないことが解りますが、その最大の理由は「健康」ではなく、むしろ、即位時の年齢にありそうです。――つまり、20代以下で家督を継いだ人物は僅か4名しかいないのです。なお、最初の当主Bertrand II世は16歳で家督を相続していますが、ゲーム開始前なのでランク外としています。

長い治世

1位 matilda.jpgMatilda 58年間

2位 dietmar2.jpgDietmar大帝 57年間

3位 ruprecht.jpgRuprecht 39年間

4位 bona.jpgBona 33年間

5位 amaneus.jpgジェノヴァ公Amaneus 26年間

長い治世は国内の安定にとって最重要の要素のひとつです。1位・2位は若年相続ランキングと同じでした。3位のRuprechtはプロヴァンス公位を生後半年で相続しているため、別の見方をすれば67年間領主の座にあったとも言えます。全体に若年相続ランキングと同じ顔ぶれで、長い治世にとって最も重要なのが、若年での家督相続であることが解ります。なお、Bonaは若年相続ランキングではランク外にはなっていますが、6位(34歳)と上位につけています。(逆に長寿であることはあまり治世の長さには影響していないようです。)Dietmar大帝以外は前編の人物ばかりですね。

短い治世

1位 amaneus3.jpgAmaneus帝 11ヶ月

2位 gerlach.jpgGerlach冷酷帝 5年間

2位 lothar.jpgLothar帝 5年間

4位 amadeus.jpgAmadeus帝 7年間

5位 bertrand.jpgBertrand II世 16年間

短い治世ランキングのトップは念願の帝位を獲得したものの1年を経ずに死去してしまったAmaneus帝でした。その他、Lothar帝、Amadeus帝の2名は高齢相続ランキングにも名を連ねています。これとは別に、Gerlach冷酷帝、Bertrand II世の2名は相続時の年齢は若かったものの、若くして死去してしまったタイプで、短い治世の要因としては高齢での相続、若年での死亡の双方が介在していることが窺われます。なお、Bertrand II世の統治は16年間ですが、そのうちゲームをプレイしているのは13年間です。

統治能力(上位)

CK2では統治に関して、臣下のopinionの管理が非常に重要です。そこで当主ごとに臣下のopinionに対する影響度に関して検討してみます。traitsによる封臣のopinionボーナスの総計に外交スキルを2で割った数字を加えたもの(たとえば、外交値10、Strong、Cravenの場合は5+10-5= +10となる)を比較し、臣下のopinionに良い影響を与えやすかった当主に関して探ってみます。(全員、死亡時またはゲーム終了時の能力を参照しています。)

1位 dietmar.jpgDietmar紳士帝 +39.0

2位 erich2.jpgErich賢帝 +37.0

3位 ruprecht.jpgRuprecht +33.5

4位 amaneus3.jpgAmaneus帝 +32.5

5位 bona.jpgBona +28

トップは帝国に世襲制を導入したDietmar紳士帝でした。2位は最後の皇帝Erich II世で、AAR中に描かれていない彼の治世の後半も大きな業績を残す力を持っていることがわかります。4位のAmaneus帝は実際には11ヶ月と短い治世に終わってしまったのが悔やまれるところですね。なお、Heinrich授福帝は即位の時点では+42.0とどの当主よりも上位のランクでしたが、Digigent、Kindを失い、Cravenを獲得したため、最終順位は凡庸なものとなってしまいました。

統治能力(下位)

1位 bertrand.jpgBertrand II世 -15.5

2位 amaneus2.jpgブルグンド王Amaneus +3.5

3位 amaneus.jpgジェノヴァ公Amaneus +4.0

4位 amadeus.jpgAmadeus帝 +9.0

5位 erich.jpgErich懺悔帝 +9.5

最下位はダントツで初代当主のBertrand II世でした。CruelとSlothfulのコンボは強烈で唯一のマイナスを叩き出しています。統治能力下位は「短命ランク」と、上位は「長い治世ランク」とオーバーラップが多く、特に長い治世ではイベントの累積によって優良traitsが集まりやすいことを示唆しているかも知れません。

帝国版図内の基礎税収(1453年)

基礎税収は、各プロビンスの教会、都市、城郭に設置された建造物から得られる基礎税収の合計で、順位はLedgerで確認できます。Technologyによる補正は考慮されていません。

1位 206.1 コンスタンティノープル

2位 198.8 ブルージュ

3位 183.6 シェラン島

4位 172.8 プロヴァンス

5位 164.4 ジェノヴァ

6位 150.4 ヴェネツィア

7位 139.4 パリ

8位 138.4 ウップランド

9位 135.6 ニコメディア

10位 135.2 ローマ

コンスタンティノープルが貫禄の1位です。それに続くのがフランドルの雄ブルージュ。ともにスロット数が最大の7のプロビンスで、そこに4つの都市、2つの城郭、1つの教会が置かれています。ヴェネツィア、パリ、ローマも7つのスロットがありますが、ヴェネツィアやパリは都市が3つ、ローマに至っては教会が4つ(都市は1つ)という構成なので、税収はやや劣ります。
 
3位にランクインしたのがデンマークのシェラン島でした。6つのスロットのうち4つに都市を建設することで税収が伸びたようです。そして、それに続いたのが、プレイヤーが育てたプロヴァンスとジェノヴァです。いずれも都市3、城郭2、教会1という構成です。
 
スウェーデンのウップランドは基礎税収は高いものの、技術の低さなどのため、総税収はあまり伸びがありません。ニコメディアはコンスタンティノープルに隣接したプロビンスでそれなりに発展しています。
 
都市を優先して育てることは、税収の向上に直結します。

帝国版図内の総税収(1453年)

基礎税収にTechnology、Trade Zoneボーナスによる補正などを掛けあわせて計算されます。都市の画面に載っている数字がこれです。

1位 320.7 コンスタンティノープル

2位 292.8 プロヴァンス

3位 291.8 ジェノヴァ

4位 271.1 ブルージュ

5位 250.4 シェラン島

6位 215.7 ヴェネツィア

7位 206.8 ローマ

8位 203.9 グラナダ

9位 203.2 パレルモ

10位 202.3 サレルノ

コンスタンティノープルは技術もそこそこに高く、1位をキープしました。プロヴァンス、ジェノヴァは高い技術を誇り、ランクを上げ、ブルージュやシェラン島は下げています。グラナダはプロヴァンス、ジェノヴァを喪失した後に、直轄地として育てたアンダルシアのプロビンスです。パレルモ、サレルノは南イタリアのプロビンスで地中海の交易圏に属していてTrade Zoneボーナスにより高い税収を獲得しています。

当主の死因

1位 natural death 6名

2位 illness 3名

3位 infirm 2名

4位 comatose, stress, battle, leprosy, dungeon 各1名

自然死が最も多かったです。illも高齢での死亡を連想させますが、実際はDietmar II世(71歳)、Gerlach(41歳)、Amaneus公(46歳)と若年での死亡要因となっています。戦死は少なく、暗殺された当主もおらず、平和な王朝だったと言ってよさそうです。


 
初心者による初心者のためのブルグンド王国





添付ファイル: fileerich2.jpg 299件 [詳細] filedietmar2.jpg 287件 [詳細] fileamadeus.jpg 279件 [詳細] fileerich.jpg 296件 [詳細] filegerlach.jpg 314件 [詳細] filedietmar.jpg 296件 [詳細] fileamaneus3.jpg 297件 [詳細] filelothar.jpg 292件 [詳細] fileheinrich.jpg 289件 [詳細] fileadalbert.jpg 301件 [詳細] fileamaneus2.jpg 279件 [詳細] fileruprecht.jpg 278件 [詳細] fileamaneus.jpg 299件 [詳細] fileguilhem.jpg 131件 [詳細] filebona.jpg 295件 [詳細] filematilda.jpg 272件 [詳細] filebertrand.jpg 277件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-13 (金) 02:18:46