AAR/歴史資料集 図説 ローマ帝国の再興と拡大

前ページ AAR/歴史資料集 図説 ローマ帝国の再興と拡大/14世紀前半

14世紀後半

(※14世紀後半初頭におけるヴェンド帝国残存領土)
14世紀中盤ヴェンド.jpg

クリオス帝が1359年に没して後パントレオン帝が立ち、
その間ヴェンド帝国への攻勢を続けていましたが、
1375年8月、帝国を再び嵐が襲います。
3度目のモンゴル、ティムールの襲来です。

ティムール侵入.jpg

ティムールの行動は迅速で、侵入してくると同時に民は殺されたり追い出されたりし、

ティムール侵入2.jpg

敗北.jpg

翌年1月にはヒヴァ方面に居着かれてしまうという
マケドニア朝はじまって以来の大失態となりました。

ヒヴァ征服.jpg

朝野は数百年ぶりの「敗北」に騒然となり、
即座に復讐の軍を興すことが決議されます。
国庫にはうなるほどの金貨があったため、これを使用して大々的に12万に及ぶ重騎兵・弓騎兵隊を編成。
1379年3月には戦線を押し返すことに成功します。

反撃.jpg

その後も停戦明けと共に攻撃を続け、
1395年、ティムールを放逐し、再び全ヒヴァを領土に復旧させることに成功しました。

この間パントレオン帝からマヌエル、ヨアニコス帝に代替わりしていますが、
ヴェンド帝国との戦争も継続しており、いよいよローマ帝国の領域にない地方は僅かになっています。

この時代ドイツ、ヴォルガブルガリア、クマン、デンマーク、トルケスタンが帝国の慣習領土になっています。

14後半慣習.jpg

(※ヴェンド帝国残存領:1州)
15世紀初頭.jpg

次ページ AAR/歴史資料集 図説 ローマ帝国の再興と拡大/15世紀前半


添付ファイル: fileヒヴァ征服.jpg 235件 [詳細] file14世紀中盤ヴェンド.jpg 226件 [詳細] file15世紀初頭.jpg 270件 [詳細] fileティムール侵入.jpg 303件 [詳細] fileティムール侵入2.jpg 240件 [詳細] file敗北.jpg 246件 [詳細] file反撃.jpg 213件 [詳細] file14後半慣習.jpg 246件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-15 (土) 16:27:36