AAR

服属CBの時代

とはいえやることと言えば宣戦→占領→終戦のループを回すだけである。
招集軍を解散終結させるのが面倒なので、大抵は2伯同時に宣戦する。
この辺りEU4と違うのはよくわかっているな。
とりあえず半島側のノルウェー領はほぼ占拠した。

878_Europe.png

ここで合わせて欧州の状況を確認。
フランスはアキテーヌと分離し、この状況を解消するのは難しいようだ
Haraldr.png
「俺たちが(いつか)統一してやろう!」

イングランドはヨルヴィク王が大いに伸長し、史実の大異教軍、いやそれ以上になるのかもしれない。
Halfdan.png
「(キリスト教徒なんて)もう何も怖くない」

ルーシは悲しいことにOldGodsキエフ族長スタートの天才奇天烈が戦場に倒れていた。
Kiteretsu.png
天才の遺伝子は娘に受け継がれたが、子供が生き残れるほど部族は甘くなかった…

悪魔の義理の娘

とりあえずノルウェー王になれるしなろうかなと思ったが、ここでdejureを確認したところ、
オークニーやシェトランド、最果てのアイスランドまでdejureに含まれていることを確認。
オークニーと言えばアンドヴァラノートの持ち主であるから、剥奪のついでに暗殺連打でヴァルハラへ送って差し上げようかな。

Haraldr.png
「僕の臣下になってよ」
Guruli.png
「こんなの絶対おかしいよ」

…なんだまだ幼い天才少女か。結婚しよ。
かくしてオークニー族長Gurliは後継者の嫁に内定した。
数年後彼女の妹がまだあどけない族長に暗殺されていたが、元気で大変よろしいと大して気に留めていなかった。

そうこうしているうちにdejureはスヴィヨッド小王の持つ一伯領を除いて制圧。
ハーラル美髪王は晴れてノルウェー王になったのだった。

スヴィヨッド王の持つ伯領

Haraldr_older.png
「やあ、早く王になりたくてウズウズしていたころの私。スヴィヨッド小王の持つ伯領、後で取ればいいとか軽く考えていたね」
「ところで服属CBの条件を改めて見てほしい。」

・ただし、王になる野心を選んでいる場合は『その王国dejureに称号を持っている領主』に対しては『何度でも』使用できる。
王国dejureに称号を持つものに対しては、つまりdejureに一伯領しか持っていないスヴィヨッド小王に対しても
服属CBでまるっと臣下に収めることが実は可能だったのである。
878_Sweden_CB.png

この後スヴィヨッド小王はスヴィヨッド王となり、ノルウェー王と同格であるために臣従の強制CBが使えず、
スカンジナビア帝国成立の大きな妨げになるのだった。

Haraldr.png
「ゲルマン多神教改革のことしか当時は頭にありませんでした」
なお、この間並行してシェラン小王領に宰相を送り込み行い、首尾よく小王領全体に対する請求権を得ることに成功している。
ゼーランドは征服CBでいつでも取りに行けるので、ゲルマン多神教改革の準備はほぼ整った。

原始ゲルマン多神教の改革

コメント欄



添付ファイル: file878_Sweden_CB.png 90件 [詳細] fileHaraldr_older.png 94件 [詳細] fileKiteretsu.png 134件 [詳細] fileHalfdan.png 114件 [詳細] fileGuruli.png 103件 [詳細] fileHaraldr.png 97件 [詳細] file878_Europe.png 133件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-04-11 (土) 17:14:36