Deus Vult!

皇帝Sharaf

3b0331fc-2994-47c8-beba-71fb4d43f51a_zps0hoxuxu9.jpg
(Sharaf帝。後の戦禍で資料が損傷している。)

二代皇帝Sharafは即位後すぐに国号をアルマクディスと改め、アナトリア王位とアンダルシア王位をそれぞれ弟たちに与えた...とされている。
彼はその資料の少なさから
「無能な統治者であった。」とされることが多いが、実際はそうでもなかったようである。
事実、1188年にはイスラムの聖都、メッカやメディナを含む紅海沿岸のアラビア半島西岸をセルジューク朝から奪い、併合することに成功している。
2016-03-01_00002_zpsma2aljap.jpg

彼についてわかっていることでただ一つ確かなことは、彼が1180年代半ばのどこかの段階で、内乱鎮圧のために軍を率いている最中に、何者かにより左足を失ったということである。
51dde66d-33de-46c1-a9eb-4387746d7491_zpsxabggyfc.jpg

治世末期の1212年に勃発したアラビア戦争に出征する際に落馬し、左足のない彼はうまく着地することができずに亡くなった...と言われている。
2016-03-02_00002_zpsa1teyhij.jpg
(アラビア戦争)

女帝Nazy

2016-03-03_00002_zps4nykzv6e.jpg
あとを継いだ次女(とされている)のNazyもハンセン病を患っており余命いくばくもなく、わずか5か月で没した。アラビア戦争は継続中であり、後継帝は10台前半のJohnny D帝、帝国はこの難局を乗り越えることができるのか。

(後継者Johnny Dは跡継ぎになることはないと思っていたので思いっきりふざけてJohnny D(デップ)と名付けたらまさかの即位してしまいました。ちなみにNazyの継母はシチリア女王で、異母妹にシチリア王位継承権を持つ子がいて、ジョニーDはその子と婚約しています(叔母甥婚))

治世の評価 

この時代については、Johnny D帝の代に起きる大事件の影響で多くの資料が失われており、伺い知ることが難しい。ただ、この時代からJohnny D帝の治世前期に共通してみられる特徴として、諸侯の反乱が多いことが挙げられる。
また、Johnny D帝による改革の前なので分割相続制であり、Johnny D帝には直轄領が2伯領しか残されていなかった。

次代
Deus Vult!/Johny D帝の治世 -受難-


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-03-10 (木) 22:06:46