[[マニュアル/AAR風 初心者講座]]


   &color(Red){''    現在作成中です''};


前回の続きから

#contents

**略奪 [#a6bb7674]
&ref(40p.jpg);
前回の続きからです。和平をせず略奪に行きます。略奪するためには自国に戻り略奪兵に変更する必要があります、自国に戻った後、黄色枠のボタンで変更します。オレンジは兵の分割。

なお略奪するためには次のいずれかの条件を満たす必要があります。 
①宗教が許可している(ノースやテングリなど) ②文化が許可している(遊牧民のAVAR文化など)③部族である
なお自分に主君が居るときは、主君が略奪を許可していないと駄目なそうです。

#br

&ref(41p.jpg);
部落は略奪しても実りが少ないのでアイルランドから徒歩で海を渡れる、イギリスの黄色1の国を始めに略奪したいと思います。赤の矢印にカーソルを合わせると黄色2が出ます。真ん中のmaxは占領すれば獲られる略奪金、下のpossibleは略奪できる金、上は要塞レベルにより保護される金(maxからこれを引いたのがpossible)

黄色3は補給限界です、ここに18400人を超える兵がいると減り始めます。


#br
&ref(42.jpg);
左の画像1番は略奪した城です、この時運がいいと捕虜を獲得できます、右の画像2番は運よく全員を捕虜にした画像です。
特にお金のある城主の子供は身代金に変える事ができいいお金になります。(戦場では城主も捕虜にできます)

**身代金 [#w55ffdb2]
上の様に捕虜を獲得したら身代金を取れる可能性があります
&ref(43.jpg);
黄色1番の陰謀を押します、黄色2番は人質です。わかりにくいのですが黄色3番は身代金の支払いが可能な捕虜は薄く光っています。クリックすると支払い交渉の画面に移動します。黄色4番はさきほど捕まえた城主の子供の身代金26です。
黄色1番の陰謀を押します、黄色2番は人質です。わかりにくいのですが黄色3番は身代金の支払いが可能な捕虜は薄く光っています。クリックすると支払い交渉の画面に移動します。黄色4番はさきほど捕まえた城主の子供の身代金26です。 &color(Blue){(身分で身代金は増減します。)};

黄色5番は判明している陰謀を止めさせる自動要請のチェックボタンです、忘れずチェックを入れておきましょう(暗殺されるのを防ぐ事も度々あります、自身の死に直結しますので重要です)


**幼君 [#m4fad60c]
&ref(44.jpg);
その後ゲームプレイを続行し、略奪してお金を真面目に稼ごうと色々な国を略奪している途中、初代は自然死、2代息子も自然死、3代孫は暗殺され僅か6年で三人が次々に死んでしまい4代は曾孫1歳となりました。(三代目は親族の伯父さんに暗殺されました)黄色1番は暗殺や殺害の意味の赤です。

※宰相が作った請求権は行使中でしたので子供(2代)に引き継がれ戦争継続、しかし孫(3代)には引き継がれず、戦争は強制終了されました。(このような死亡による戦争の強制終了もあります)

ついでに幼君について語ります。15歳以下は幼君です。黄色2番は後継者です(父を暗殺した憎き伯父)、黄色3番は&color(Blue){''摂政''};です、幼君は元々、行動制限が色々あります(法律変更できないなど)、さらにこの摂政と仲が悪いと幼君の行動制限がさらに強化されます。また資金を盗む摂政が多いので覚悟してください。
 
黄色4番は教育できる子供(6歳以上)がいる時に教育者がいないと出現します。
教育を受ける子供は教育者と同じ文化や宗教に変更する可能性があります(現在宗教は支配者の教育者にのみ変更可能だと思います(要確認))

その他のアラートの意味はこちらを参考にしてください ⇒ [[アラート一覧 (ホップアップ)>http://ck2.paradwiki.org/index.php?%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%93%8D%E4%BD%9C%2F%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%2F%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E4%B8%80%E8%A6%A7]]

**暗殺の仕方 [#h043c8f1]
&ref(45.jpg);
数年が立ち4代目も成人しました。(成人の時なにかの教育的特徴がつきます、これらはプラス要素で得に教育者の影響を受けます。参照 ⇒ [[こちらTraits の教育のところをご覧下さい>http://ck2.paradwiki.org/index.php?Traits#z17f2789]]
上の画像は父を暗殺した伯父さんです。まずやるべき事はあだ討ちです。(なんの得もありません、おじさんに大金か領地があり相続人が自分なら別ですが。)

黄色1番を押すと2番がでます、これをクリックして出たOKを押すと下の画像に移ります。
なお、黄色3番は初期の陰謀力です。

&ref(46.jpg);
これはクイックリンクボタンの陰謀です。
黄色1番はターゲットの伯父さん、2番を押すと右の黄色枠の陰謀参加者の候補が出現します。黄色4番は参加してくれる人物、黄色5番は贈り物(お金)をすると陰謀に&color(Blue){''多分''};参加してくれる人物です。
黄色3番は自動で黄色4番を召集してくれます。黄色5番は含まない事に注意。
黄色3番は自動で黄色4番を召集してくれます。黄色5番を含まない事に注意。

結果三人が集まり陰謀力は45.6%でした、経験上100%を超えると頻繁に暗殺が実行(失敗もある)され始め、200%だと時間の問題です。(ただしターゲートに気付かれ雲隠れされると、表舞台に復帰しないかぎり暗殺できません。いったん中止して様子を見ましょう、雲隠れは舞踏会のメガネみたいなのが付きますのですぐ分かると思います) 45.6%では時間をかけ参加者を募集するか、諦めるのがいいでしょう。作者は諦めます、あだ討ち失敗です、このように暗殺ができない相手も多いです、相手が好かれる特性を持ちかつ陰謀が高いとかなり困難となります。逆に自分がすかれる特性と陰謀が高いと暗殺が面白いように出来ます。特性は[[Traits >http://ck2.paradwiki.org/index.php?Traits]]を参照

**首都の移転の仕方 [#e5c4d7c4]
&ref(47.jpg);
数年後いくつかの州を獲得しました、所有する州が2つ以上ある場合、他の州に首都を移転する事ができます。図は最初の拠点の上の州です。黄色の枠をクリックする事で首都が移転されます。(基本的に首都移転は生涯1度なので慎重に)
※部落から城の州には首都移転できません。逆も同じです。また技術力は新しい首都がある州のものが適用されます。

**身分 [#d60d97dc]
封建社会の指導者は伯爵<公爵<王<皇帝の順に身分があがります。
公爵は伯爵       を家臣とする事ができます。
王 は伯爵、公爵    を家臣とする事ができます。
皇帝は伯爵、公爵、王  を家臣とする事ができます。

**公爵になる [#aef58390]
すいません続きは後日です
**慣習的領地 / De jure [#kea82891]
この解説の最大の山場です。頑張ってください。
慣習的領地について説明します。すべての州(プロヴィンス)はいずれかの公爵、王国、帝国の慣習的領地に属します。

それでは我らが拠点を見ましょう
&ref(48.jpg);
1をクリックし、次に2をクリックします。次の画像がでます

&ref(49.jpg);
出てきた画像の1のDe jureのチェックを入れます。すると2.3.4が出ます。
2はこの州が所属するmunster公爵、3はアイルランド王国、4はブリタニア帝国です。
次に2のmunster公爵のシールド(盾)をクリックします。

&ref(50.jpg);
De jureのチェックを入れると、慣習的にその公爵領に所属する州が表示されます。
また下図のように公爵の慣習的領地が点滅します。

&ref(53.jpg);

次にアイルランド王国をクリックします。
&ref(51.jpg);
De jureのチェックを入れると、慣習的にその王国領に所属する公爵領が表示されます。
また下図のように王国の慣習的領地が点滅します。

&ref(54.jpg);

次にブリタニア帝国をクリックします。
&ref(55.jpg);
De jureのチェックを入れると、慣習的にその帝国領に所属する王国領が表示されます。
また図のように帝国の慣習的領地が点滅します。

※すべての公爵はいずれかの王国の慣習的臣下であり、すべての王国はいずれかの帝国の慣習的臣下に属します。

※慣習的臣下(領地)の変更  ※(公爵の慣習的領地は変更しません)
ある王国が他の王国の慣習的臣下に属する公爵領を100年支配(完全に)する事により、支配する公爵領を自分の慣習的臣下(領地)に組み込めます。これに従い王国の慣習的領地も拡大します。※(変更される王号を自分で作ってしまうと変更は中止されます⇒だったと思う)

同様に帝国は別の帝国に属する王国を100年支配する事により、その王国を自分の慣習的臣下の王国に組み込めます。これに従い帝国の慣習的領地も拡大します。 ※(帝国は公爵領単位では変更できません)

ミニマップの上の段、右から一番目帝国、2番目で王国を見て斜線が入っているものが変更中(100年必要)の国です。カーソルを合わせると27/100yearsとか書いてます。あと73年経過で慣習的領地が変更になります。

※公爵、王国、帝国いづれかの称号を持ち、その慣習的領地が自分の支配下でない場合、慣習的請求権(デジュリ請求) によりいつでも戦争を開始し(休戦や幼君などを除く)、勝てば支配下(又は家臣)にできます。

**称号の作成(公爵、王国、帝国) [#l302a4b7]
※称号の作成(既に作成されている場合を除く)
 公爵の称号作成には公爵の慣習的領地の&color(Red){''51%''};以上を支配し、作成のための資金(多くは200前後)が必要です。

 王国を作成するには(一部、宗教や文化の条件がある王国もある)慣習的領地の&color(Red){''51%''};以上を支配し、公爵の称号を2つと作成のための資金(多くは300前後)と信仰心200が必要です。

 帝国を作成するには慣習的領地の&color(Red){''80%''};以上を支配し、王国の称号を2つと作成のための資金(多くは450前後)と信仰心400が必要です。

**オリジナルの王国、帝国 [#r6a65d4d]
オリジナルの王国の作成は条件がいろいろあるが通常は主に公爵の称号を3つと、名声1000、作成資金300で新王国を作る事ができる、紋章は自分の主要な公爵の称号。(王、皇帝でない事)
オリジナルの帝国の作成は条件がいろいろあるが通常は主に王国の称号を3つと、名声8000、作成資金1000で新帝国を作る事ができる、紋章は自分の主要な王国の称号。(皇帝でない事)





**公爵になる [#y6f0d95e]
慣習的領地が理解できれば、その後は簡単です。
上記の方法で公爵の情報を出します
&ref(52.jpg);
1番のcreateをクリックして作成するだけです。2番は支配率、3番は作成資金、4番は作成により得られる名声です。
また作成できる称号があると5番のホップアップがでます。その他のホップアップはこちら ⇒ [[アラート一覧 (ホップアップ)>http://ck2.paradwiki.org/index.php?%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%93%8D%E4%BD%9C%2F%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%97%2F%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%88%E4%B8%80%E8%A6%A7]]


**ゲームガイドのリンク [#y07e6e06]
第四回よりは中級とさせていただきます。初級も終わりましたので&color(Blue){''時間のある方''};
は一度はこちらを読まれるといいと思います。(難しい) 上級 ⇒ [[ゲームガイド>http://ck2.paradwiki.org/index.php?%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%AB%2F%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E6%8A%84%E8%A8%B3]]

「難しい 上級」とかわざわざ強調つけて自記事に誘致って悪徳広告でよく見る手法だよね
そこに問題があるならそちらをちゃんとまとめなおせばいいのだけど、結局自分のための記事優先だから仕方ないよね
以上で第3回は終了します  &color(Blue){''  初級 完''};


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS