歴史・背景

1.jpg
マンサ・ムーサ。1324年、メッカに巡礼し、金相場を暴落させる。

生涯

マリ帝国のマンサ・ムーサは1324年、大規模な隊商を伴ってメッカ巡礼の旅へ出た。

伝えられるところによると、6万人の運搬人がいたという。

ムーサがカイロでつかった金の量は、それだけでその後何十年も、エジプトの金の価格を暴落させたと言われている。

彼はティンブクトゥに巨大なモスクを建て、イスラム教の学校をつくった。
学校はイスラム教学の中心地になった。

(参考:ブリタニカ国際大百科事典)

SS

2.jpg
1324年のマリ帝国。ニジェール川のほとりにティンブクトゥがある。
3.jpg
ティンブクトゥ。その経済力は、コンスタンチノープル、パリ、ロンドンに匹敵する。

コメント



トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS