[[サラセン人を飲み込む蛇>AAR/サラセン人を飲み込む蛇]]

*フランチェスコの治世 [#t6b06114]
'''汝、蛇、人類の大敵よ――ヴィスコンティ家をさげすむ詩 フランコ・サケッティ'''

**拡張 1321~1324 [#b1a1b840]

http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114680_org.jpg
 フランチェスコ・ヴィスコンティ
 マッテーオの甥、ジュゼッペの従兄弟にあたり母はローマの名家オルシーニ家の出身
 執念深い陰謀家であると共に勇敢な軍事指揮官

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);さて前回はパルマとの戦闘中に当主ジュゼッペが戦死したところで終ったわけですが。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);イタリアのような王権が存在していないところでは必然君主が前線に出るケースが多い。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);かつHIPでは個人戦闘イベントがあるから、さらに当主が死亡する確率が高まっているんだ……。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);まぁ切り替えていきましょう。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);うん。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);それはさておきパルマとの戦争は終わったようですね。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);そもそも軍同士の戦闘では余裕で勝っていたからな。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);では早速併合っと。じゃあこれからどうしますかね?

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);周辺国への拡張、といったところだろうな。次の地図を見てくれ。

http://art7.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114688_org.jpg
 1321年における北イタリア
 ミラノの他3つの中堅国家が存在する(ヴェローナ辺境伯国・ピエモンテ大司教領・ルッカ共和国)

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);この中から頭一つ抜けていかないといけないわけですか。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);そうだ。すくなくとも現在ピエモント大司教に対して押し付けられるクレームを持っている。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);おー!セピロに領地を与えていた弟のカルロのモノですね!

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);まずはこれを使おう。とくに有力な同盟相手もいなさそうだし問題なかろう。

http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114675_org.jpg
 ピエモント大司教せむしのエベラール
 一介のイヴレーア司教だったがサヴォワ家のアルプス以南領を奪い
 広大な司教領を築き上げてピエモント大司教に任じられた

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);特に盛り上がりもなかったので戦闘は飛ばします。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);有力諸侯とはいえ所詮4プロビ。今や10プロビのミラノの敵ではなかったな。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);次はミラノに面する2つの1プロビ国家(フェラーラ候国とピアッチェンツァ)の併合を狙う。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);ピアッチェンツァのクレームは捏造済み、さらに前フェラーラ候の遺児がミラノへ亡命してきています。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);よし彼にはコモの一部を与えてやれ。フェラーラとピアッチェンツァに同時宣戦!

&ref(http://art1.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387289_org.jpg);パパパパパウワードドン

http://art6.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114716_org.jpg
 9000対3000
 同時宣戦は軍の再招集の手間が省けてよい

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);野戦で両軍をそれぞれ撃破しました。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);即併合。

http://art7.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114703_org.jpg
 一連の戦争の後4つの都市がミラノの傘下へ入った
 ミラノはこれを機に北イタリア最大の国家の座を不動にする

**陰謀の日々 1324~1328 [#x4813f80]
&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);さてフランチェスコの先は長くないと思う。欠損は健康ぺナがかなり強めだからな。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);ならばふつうより早めに後継者を決めなきゃですね。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);うん。でフランチェスコはエルガと再婚させるつもりだったから嫡出子がいない。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);庶子はいるんですけどね。

http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114673_org.jpg
 最愛の庶子ドメニコ
 公正で勤勉な生まれついての君主

http://art6.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114696_org.jpg
 その母、愛妾マラ
 好色で嫉妬深く残酷な野心家

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);フランチェスコに継承してから初めてドメニコとマラの存在に気付いたが、さすがにビビった。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);マラは良いんですがドメニコは善人過ぎて若干萎えます。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);とはいえ是非ドメニコに継承させたい。なので彼の結婚相手が問題になる。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);やっぱエステ家ですか?それともサヴォワ家かですか?

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);いやヴィスコンティ家だ。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);は?

http://art8.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114715_org.jpg
 ジュゼッペの遺児ヴィオランタ・ヴィスコンティ
 モンフェラート候継承順位第4位

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);Inbreedアンド異端認定まったなし!

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);又従兄弟婚だから平気っしょ。カトリック的にもセーフなはず。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);前シニョーレの一人娘との結婚は脳内補完的にもよかろう。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);ジャン・ガレアッツォも従兄弟婚してたし、なくもないか。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);でも継承順位4位ってことは3人は暗殺しないと結婚継承できないんでは?

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);あまり陰謀値22をなめない方がいい。暗殺なら一人でもプロットパワー70%は稼ぐからな。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);なんですかその殺人マシーンは。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);早速各上位継承者の暗殺プロットを立てる。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);準備できました。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);よし実行。

&ref(http://art1.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387289_org.jpg);Fly, little bird fly!

http://art1.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114710_org.jpg
 「小鳥はまだ飛び方を覚えてなかったようだ」

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);ひでぇイベント文だ……。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);これで一件落着。

**ピエモントとジェノヴァ1328~1333 [#ve4beee6]
&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);ではピエモント大司教領の切り崩しを図るぞ。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);なぜピエモント?

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);De Jureクレームで拡張するときプロビ数の多い公爵級号の方が便利じゃん?

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);じゃあヴェローナでいいんでは?

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);ピエモントはあと1プロビとったら公爵級号ひきはがせるんだよ。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);早速サヴォワ家の分家筋に当る人物を宮廷に呼びました。彼にピアッチェンツァを与えます。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);よし早速クレームを押し付けるぞ!

http://art3.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114722_org.jpg
 はっきり言って相手にならない

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);敵軍がまるでバターのようにとけました。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);ではピエモント公爵級号を引きはがしてっと……。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);そのまま独立したサルッツォ女伯にDe jure宣戦!!

http://art8.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114723_org.jpg
 ミラノの拡張に危機感を覚えたのか
 アンコーナ共和国や同盟相手であるモンフェラート女侯までもが敵にまわった

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);敵軍がまるで(略)

&ref(http://art1.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387289_org.jpg);サルッツォ女伯が降伏しました。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);大変結構!さてここからが問題だ。ヴェローナを攻めるべきかルッカを攻めるべきか。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);ルッカを攻めるべきです!

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);ルッカはピサにかわって西地中海を、ジェノヴァにかわって黒海をそれぞれ支配しつつある強国だぞ?

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);だからこそです。フランチェスコの軍事値は19で軍の動員数は過去最高に達しており、

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);さらにルッカはピサとの戦争で疲弊しています。ここで雌雄を決してしまうべきです。

http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114692_org.jpg
 新興勢力同士であるミラノとルッカ共和国(灰色)
 市民軍の戦力ではミラノが圧倒しているが、共和国の傭兵戦力は馬鹿にはできない

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);なるほど一理ある。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);共和国と言えば傭兵に反乱起こされて滅亡しているイメージがありますが、決して侮れませんよ。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);ジェノヴァとか気付くと滅亡してるよなw

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);ともかく傭兵の弱点は首都に士気0で配備されることにつきます。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);つまり一挙に敵領内に攻め込んで配備されたら即座に攻撃できるようにしておけばいいわけだ。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);多分そうです……ただAIがこのルールに従っているかはよく分からないんですよね。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);まぁやってみればこれで分かるさ。ではジェノヴァを要求して宣戦!

http://art8.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114726_org.jpg
 係争地ジェノヴァに目もくれず首都ルッカの隣のプロビへ

http://art8.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114732_org.jpg
 常備軍は士気MAXなのが素敵

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);(略)

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);市民軍同士での戦闘でこうなるのは分かっていた。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);てか普通に常備軍作ってんじゃないですか。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);えへへ。

&ref(http://art1.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387289_org.jpg);報告します!ルッカは傭兵を雇っていない模様!

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);ん?金が足りてないとか?

&ref(http://art1.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387289_org.jpg);余裕で1000Gは持っております。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);AIの問題なのかそれとも配備しても攻撃されるのが分かってるから雇わないのか。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);前者では?金持ってんのに傭兵雇わないで滅亡って君主国でも割とありますし。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);うーんそうかなぁ?HIP独自の挙動だったりとか?。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);知りません。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);拍子抜けだなぁ……。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);はいはいぐちぐち言わない!

http://art1.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114706_org.jpg
 フランチェスコの治世は長いものではなかったがミラノは急速な成長を迎えた

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);ルッカ戦がフランチェスコの最後の仕事となりそうだな。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);そろそろ継承ですか。ドメニコの治世が楽しみですね~。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);……上ではああ言ったが選抜制にしてカルロへ継承させたい。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);えー!?何でですか!?

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);いやカルロが思いのほか活躍したから(捏造クレーム5個)それに報いてやりたくなった。

&ref(http://art4.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205387285_org.jpg);はぁ。

&ref(http://art2.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/205391173_org.png);まぁドメニコへの中継だと思ってくれ。


http://art3.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114684_org.jpg
 死亡時のステータス
 ちなみにパーソナルコンバットスキルは高齢になるとだんだん減っていく

~
''フランチェスコ・ヴィスコンティ、1333に死去''
''ミラノのカピターノにして諸都市の調停者''
''偉大なるシニョーレ、フランチェスコ・ヴィスコンティ万歳!!''

**世界情勢 [#wa122799]

http://art3.photozou.jp/pub/822/3106822/photo/206114735_org.jpg
-神聖ローマ帝国:フリードリヒ証聖王の子、幼王フリードリヒ4世ヴェッティンの治世。反乱の兆しがある。
-フランス王国:ヴァロア朝2代目のシモン王のもとアンジュー伯領が征服された。
-シチリア王国:エンツォ肥満王の死後男子なく反乱が起き、後ホーエンシュタウフェン朝は直ぐに断絶する。その後シャルル1世の女系の孫にあたるプロヴァンス貴族出身のベネヴェント公シャルル・ド・ボーが王位につくが、それを不服として同じくシャルル1世の孫シチリア伯モーリス・ダンジューが独立している。
-ノルウェー王国:デンマーク王国との合同が成立し、エストニアへの入植などが盛ん。スウェーデン王のWeek Claimももっているのでそのうち北欧は統一されるかもしれない。
-ハンガリー王国:イシュトヴァーン5世以来60年近くにわたって分立していたアルパード朝クロアチア王国との合同が次代なされる予定。


前:[[ジュゼッペの治世(1310-1321)>AAR/サラセン人を飲み込む蛇/ジュゼッペの治世]]
次:カルロ・イル・グランデの治世
前:[[ジュゼッペの治世(1310~1321)>AAR/サラセン人を飲み込む蛇/ジュゼッペの治世]]
次:[[カルロ・イル・グランデの治世(1333~1347)>AAR/サラセン人を飲み込む蛇/カルロ・イル・グランデの治世]]



トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS