AAR/ファーティマ朝シリア王国AAR

ファーティマ朝シリア王国AAR?

これは、偉大なる預言者の一族であるファーティマ家による
シリアにおける覇権の確立と、そこに至るまでの運命、栄光と困難を記録した物語である。
                                    -Ibn al-Juwayni-

公正なるフサイン

最初の主人公となるダマスカス太守フサイン(Hussayn)は、西暦867年時点ではアッバース朝アラビア帝国に仕える一家臣に過ぎなかった。

フサインは狂信的なシーア派イスラム教徒であり、スンニ派である主君を快く思っておらず、
いつかはアッバース朝の支配を脱し、シーア派の国家を築こうと考えていた。

そこでフサインは、まずはシーア派の中で分派していたイスマイール派と
十二イマーム派とを一つに纏め上げ、シーア派の力を結集する事を考えた。

&ref(): File not found: "imamu-.png" at page "AAR/ファーティマ朝シリア王国AAR/公正なるフサイン";
※シーア派における指導者を【イマーム】という。
(図はイマームの継承の流れがわかるものだが、7代目イマームであるムーサ(Musa)を認めずに
イスマイール(Ismail)こそが正統なるイマームと唱えた一派がいた。それがイスマイール派である。

そしてムーサを認めた主流派が十二イマーム派であり、ついでに5代目イマームの正統はザイト(Zayd)といっているのがザイド派であり、
1代目イマームであるアリーの末子ムハンマドこそ真のイマームと唱えたカイサーン派などがある。

西暦867年。

当時、独身であったフサインは、妻を生涯娶らないことをアッラーに誓うと共に
9代目シーア派カリフ・ムハンマドの孫アリーを後継者とする事を配下の諸将に宣言した。

この9代目シーア派カリフ・ムハンマドとは7代目イマーム・ムーサの子孫であり、
ダマスカス太守であるフサインもイスマイールの子孫であった。

これはイスマイール派の一方的な譲歩だった事から、配下の多くはフサインを非難したが

フサインが「ハサンは身一つで来るのだ。我らの正しき教えでハサンを導いてやれば良いだけだろう」
と言うので、配下達は不安ながらもハサンを受け入れる事とした。


トップ   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS