[[AAR]]

[[AAR/サセックス家年代記]]

*[[AAR/サセックス家年代記/ケント公ジョージ1世賢公の治世・後半]] [#dd996d81]

*ケント公ジョージ2世の治世・前半(805~824) [#xacacf9d]

#ref(resize0037.jpg);

「こんにちは。2代目ケント公爵ジョージ2世だよろしく。」

「今回も、自分以外のイングランド人がみんな未成年なので、登場人物はオレだけだ。それと多少時代が前後することがある、読みずらいだろうがカンベンしてくれ。」

「まずはオレのステータスだ。」

#ref(resize0036.jpg);
やっぱり片足がない なお上記SSは就任後しばらくたった後のものです

**領地経営 [#q529f2cf]

#ref(8050617遷都その2.jpg)

ケント公に就任したジョージ2世の最初の仕事は、遷都だった。
西暦805年6月17日、ケント公ジョージ2世は首都をサセックスの地からミドルセックスに移した。
また、同日いまだ未成年の腹違いの弟アルフレッドにサフォーク伯爵を与えた。

「やっぱり首都はロンドンにないとね。」

「あと、一族の男子の数がすくなすぎる!!直轄領オーバーのペナルティが痛い。親父よどうしてもうちょっとがんばってくれなかったのか。」

**待望の息子たちと婚姻政策 [#k72fa527]

西暦807年7月27日ケント公ジョージ2世に待望の長男ジョージが誕生した。
「偉大なる親父の名から命名したのだ。」

西暦807年8月18日ジョージ2世は、当時まだ8歳だった二女カスリーンを時のビザンツ皇帝バシレウス・ニケタス・イサウロスと婚約させた。
「まさかまだ一地方豪族のサセックス家からビザンツ皇后が出るとは思っていなかった。まだ決まったわけじゃないけど。」

西暦809年1月27日二男エドワード誕生
「この子だけ誕生時のスクショがなかった。悪いことしたなぁ、誕生日がわかったからいいけど。」

西暦810年10月27日三男クリストファー誕生
西暦812年2月27日三女ベアトリス誕生
西暦815年2月27日四男ユースタス誕生
「この家系は27日生まれの子が多いな。思い返したら長女も次女も3月27日生まれだった。」

「息子は通常結婚、娘は女系結婚を基本として我が家系を増やしていくこととする。またその相手には天才・明敏・強健などの優秀な遺伝子を持つ者を基本あてがっていく。」

**第一次ケント=ウェセックス戦争 [#te07f72b]

西暦810年6月19日、ケント公ジョージ2世は同年6月3日に捏造したウィンチェスターの領有権をもとに、ウェセックス小王チェンウルフ2世に対し宣戦布告した。

宣戦布告したケント公ジョージ2世は、軍を招集し士気を上げてから係争地となっているウィンチェスターに侵入した。ケント軍はウィンチェスターの最初の城を落としたあと、返す刀でサセックスを占領しているウェセックス軍を撃破した。

その後ケント軍は、スラリーの戦い・ウェセックスの戦い・セントポールの戦いと三度続けて勝利し、またその間にウィンチェスターの占領も進めて、ついに西暦812年11月1日ウィンチェスターの領有を認めさせる講和を結び、第一次ケント=ウェセックス戦争は終戦した。

**同盟 [#te07f72b]

西暦813年11月19日、ジョージ2世のもとにある手紙がとどいた。

#ref(8131119イベントその2.jpg)

「どうやら東フランク王国が同盟を組みたいそうだ。まだフランスに手を出せるわけないしとりあえず結んどくか。」

**第二次ケント=ウェセックス戦争 [#te07f72b]

「東フランク王国と同盟を結んだとたん参戦要請が届いた。受諾だけしとくか。そうだ、前回の戦争からちょうど10年たってるし、せっかく軍隊を招集するんだからこっちでも戦争しとくか。」

西暦822年10月6日、ケント公爵ジョージ2世は西暦818年12月7日に捏造していたサマセットに対する領有権を使い、ウェセックス小王チェンウルフ2世に二度目の宣戦布告をした。

「前回とほぼ同じ内容なのでカットォォォォォゥ」

西暦824年3月19日、ジョージ2世はチェンウルフ2世にサマセットの領有権を認めさせ、第二次ケント=ウェセックス戦争は終結した。

「10年後にまた来るからな待ってろよ。あとフランスに行く船がないから軍隊は即解散した。」

同日、ジョージ2世は成人・結婚した息子のジョージにエセックス伯領を譲渡した。

「ほかの息子たちも成人し次第、領地を与えていくつもりだ。これで直轄領オーバーのペナルティから解放される。」

#ref(resize0041.jpg);
西暦824年3月19日現在のケント周辺の地図
ウェセックス王国が衰退しており、今後は北のマーシア・さらにその北のノーザンブリアとイングランド王位をめぐって争っていくことになるでしょう。
あと、ノーフォークはSVIPJODに盗られました。

#ref(resize0040.jpg);
西暦824年3月19日現在の西欧の地図
フランスは、とてもカラフルになっています。
有力な勢力は、現在我がケント公と同盟している東フランク王国・東フランク王国と戦争中のトゥールーズ公国・ポワトゥー公国の三強に、上ブルゴーニュ公国・プロヴィンス公国が続いています。またノーフォークを盗ったSVIPJODも食いこんでおり、そのほかにも独立勢力が存在するなどさながら戦国時代の様相を見せています。
ウマイヤ朝はいつもどうり内戦中。なんか色が変わったけど。

  現在の血族スコア約100(スクショ取り忘れのため詳細不明)
  現在のスコア2316

ケント公ジョージ2世の治世・前半終わり

TIME:"2017-10-13 (金) 18:26:52"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS