[[AAR/シチリアの晩祷]]

**東方帝国の仇敵 [#w5f2f164]

#ref(Charles II.jpg)
 親切で公正な人柄であり、会う人が引き込まれる魅力を持っていたと伝えられている
 せむしtraitはおそらく史実

父の崩御に伴い即位したシャルル2世は、コンスタンティノープルの包囲を解かせ、より占領しやすい地域の侵攻へと切り替えた。

これに対しビザンツ帝国軍は、君主の継承でシチリア王国に動揺が走っているとの知らせを受け、野戦を挑むことに決定した。
だが、その情報はシチリア側が流した虚偽のものであり、軍の統制に乱れはほとんどなかった。

#ref(battle_Boudonitza.jpg)

野戦に釣り出されたビザンツ帝国軍は、兵数の差により順当に敗れ、降伏に追い込まれた。
野戦に釣り出されたビザンツ帝国軍は、兵数の差により順当に敗れ、1299年4月に降伏へと追い込まれた。

#ref(won_arta.jpg)

シャルル「皇帝がまた替わっているな。戦後に替わってくれれば休戦期間が短くなるものを」
密偵長「ならば、我々の力で替えてしまえばよろしいかと。成人した兄を差し置いて即位したことに不満がくすぶっています」
その言葉を聞いたシャルルは周囲を見回し、人がいないことを確認した後、口を開いた。
シャルル「分かった。そなたに任せよう」

国王という地位からこみ上げてくる野心にシャルルは恐怖した。

#ref(assa_Dion.jpg.jpg)

ビザンツ幼帝は欄干から突き落とされ命を落としたが、下手人はすぐに捕獲されシャルル2世の名前を吐いた。
シャルル「私の支持がばれてしまったではないか」
密偵長「少なくとも皇帝のすげ替えは果たしましたが」
シャルル「……もうよい、下がれ」
密偵長へのお咎めはなく、すぐに宣戦布告をビザンツに叩きつけた。
この行いには誰もが恐れおののいたという。

#ref(battle_arta.jpg)

前回の戦争から立ち直っていないビザンツに勝ち目はなく、シチリアはペロポネソス半島を掌握した。
前回の戦争から立ち直っていないビザンツに勝ち目はなく、1301年8月、シチリアはペロポネソス半島を掌握した。

#ref(won_Monemvasia.jpg)

**東からの知らせ [#n863c3f4]

#ref(Marco.jpg)

家令に薦められ、マルコポーロの旅行記を読んだシャルルは、世界の広さに加え、強大な大元帝国に思いをはせることになった。
中国からさらなる軍が押し寄せてきたときに、王国が無事である保証はない。
そこに、Golden Hordeがキエフを陥落させたという知らせが届く。

#ref(sack_Kiev.jpg)
 可汗チョルマカーン 得手不得手がはっきりしている

これにより君臣共に危機感を持ち、王権を中程度まで強化する法が可決された。

#ref(medium_crown.jpg)

シャルルは、臣下を集め、君主の下に結束して敵に当たることを再確認させた。
それでも、Golden Hordeの可汗はクリスチャンであり話が通じる相手だと、彼は考えていたようだ。

**アナトリアへの進出 [#c3fd0371]
国内がまとまったこともあり、シャルルはさらなる外征に取り掛かった。
1302年11月、国内がまとまったこともあり、シャルルはさらなる外征に取り掛かった。
ビザンツからの圧迫により勢力を漸減しているルーム・セルジューク朝へと聖戦を宣言したのだ。

#ref(vs_rum.jpg)

ルームにも幼君が立っており、国内が安定していないと見て取っていた。
婚姻同盟により、国力以上の兵を出せる状況にあるのも追い風となった。

しかし……

#ref(die_Charles II.jpg)

死神はシャルルの味方をしてはくれなかった。
戦況が優勢に傾くとにわかに発病し、しばらくの闘病の後崩御した。51歳であった。
戦況が優勢に傾くとにわかに発病し、しばらくの闘病の後、1305年5月に崩御した。51歳であった。

父親の時と異なり、国王の死に領民は深く悲しんだと言われている。
王位は三男のフィリップが継いだ。

TIME:"2018-02-13 (火) 16:10:07"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS