[[AAR/征服王に俺はなる!第二部 ~海賊編~]]

*2代目 Halfdanの治世 [#q6dac2f8]

&ref(a_halfdan.jpg);やぁ、俺はHalfdan。二代目ノルウェー王さ。
&ref(a_halfdan.jpg);いきなりテイストが変わって申し訳ない。でもこれを見てくれ。

&ref(01_halfdan.jpg);
 いきなりの遺影である

&ref(a_halfdan.jpg);お察しの通り短命でね…890年に王位を継いだんだけど、900年に死んじゃったのだ。
&ref(a_halfdan.jpg);この頃はAARを書くつもりも無かったからSSも残ってなくてね…申し訳ない。
&ref(a_halfdan.jpg);在位中の出来事は年代記を見ながら箇条書きで以下に記するね。便利だね、年代記。

・890年
Great Blotを催す
Jylland大族長に宣戦

・891年
長男Haraldr誕生
Jylland大族長に勝利

・892年
陰謀を企てたNororeyjar大族長の捕縛に失敗、内戦状態に入る

・896年
Nororeyjar大族長の乱に勝利


**そして900年 [#j32dd38d]
&ref(02_halfdanの死.jpg);
ノルウェー王Halfdan、死す。
その死には不審な点が多く、暗殺されたと専らの噂である。
王位は弟のKnutが継ぐ事となった。



*3代目 Knutの治世 [#p7f46047]
&ref(03_knut.jpg);


&ref(b_knut.jpg);やぁ、俺はKnut。3代目ノルウェー王さ。
&ref(b_knut.jpg);この&ruby(ミード){蜂蜜酒};はサービスだから、まず飲んで落ち着いてほしい。
&ref(b_knut.jpg);うん、「また」なんだ。済まない。

&ref(b_knut.jpg);じゃあ、俺の人生を振り返ってみようか。


さて、この頃ノルウェーはフィンランド征伐に力を入れるようになる。
その理由はこちらである。

&ref(04_スヴィドヨッド.jpg);
スヴィドヨッド大族長、IvalⅡ世。
その名も高き'Boneless'Ivalの孫である。
この時期スカンジナヴィア半島も大勢が決してきており、ノルウェーかスヴィドヨッドか、という状況であった。
正面対決するにはいささか不安がある、という事でまずは国力増進を図ったのである。


&ref(05_スオミ.jpg);
 めちゃめちゃ広く見えるが3伯領である

&ref(b_knut.jpg);Pilvi-ッ!領地を寄越せェーッ!



そんなこんなしている間、宗教界では大事件が起きていた。

&ref(06_十字軍.jpg);
教皇HonoriusⅡによるイェルサレムへの十字軍である。
様々な国が宗教の名の下に一つになって戦う…その姿にKnutは衝撃を受けた。
この頃よりKnutは宗教改革をノルウェー王国の目標と定めたとされている。



**908年 [#g54d9606]
&ref(07_knutの死.jpg);
3代目ノルウェー王、Knut死す。
8年の短い治世であった。
やはりその死には不審な点が多く、暗殺されたと専らの噂である。
王位は異母兄弟のBertilが継ぐ事となる。


&ref(b_knut.jpg);いやBertilが犯人なんじゃないの…


[[4代目 Bertilへ続く>AAR/征服王に俺はなる!第二部 ~海賊編~/04_Bertil]]
TIME:"2017-12-18 (月) 00:29:47"

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS